肉眼では追えない女体の艶めかしさを それこそ嘗め回すように繰り返し堪能できることが、ダンス動画の醍醐味だと思っているのですが、その点において高画質&適切な被写体距離を備えた作品というのは、それだけで価値がありますよね。そういった作品は ときに下半身に即座に訴えかけてくる力を持ち、細かい好みや性癖の壁などモノともしないことがよくあります。

さて、今回 紹介するオカズちゃんは台湾のダンスイベントに参加したJC二人組です。幼さと色っぽさが交じり合う絶妙な身体つきに、10代のきめ細やかな肌を堪能しやすいショーパンスタイル、それらを4Kという高画質で余すことなく撮影されています。


最初の注目ポイントは、開幕の腰をくねらせる動きに連動してプルプルと揺れる太ももです。胸は年相応ですが、腰回りだけはしっかり発達していて、いつでも男を迎え入れられそうですね。とりあえずGIF画像を作っておいたので、雰囲気だけでも味わってみてください。
bandicam 2019-01-30 12-53-07-560-セグメント 1

踊っているのは二人ですが、管理人のお気に入りはやはり赤い服の女の子。この子のほうが踊りのキレが良く、その分だけ太ももがたくさん震えているんですよね。ときどき見せる小生意気な笑顔も、この年齢にして男のツボを心得ている感じがあって堪りません。遊び半分で男を誘惑しているとどういうことになるのか、お仕置きがてらきっちり教えてあげたいです(4545
SnapCrab_NoName_2019-1-30_13-50-46_No-00

目の前にいたら、思わず触りたくなるような絶品太ももですね。そのプリプリの太ももに男性器を挟みこんで、好き勝手にオナニーしてみたいな(4545
bandicam 2019-01-30 12-38-46-157-セグメント 1

こちらは別角度です。4K動画のあとだと、どうしても物足りなく感じてしまいますが、この動画のおかげで彼女たちがJCであることが分かりました。


ふぅ……太ももをメインのオカズにしてシコることは滅多にないのですが、久しぶりにやられましたね。これも高画質の為せる技といえましょう。それでは、また次回の更新で!