こんばんは、ろだんです。

唐突ですが、日本と海外(主に台湾)のダンス動画を見比べると、肌の露出への抵抗がどのくらいの年齢から薄れてくるかがよく分かりますね。日本では大学生にならないと、おっぱいやお尻の露出はまずありませんが、台湾では高校生でもがっつり見せつけてくれるんです。

この露出への敷居の低さは、それだけ台湾のJKたちが性に奔放な青春を謳歌している証なのでしょうか? いずれにせよ、食べごろ見ごろなティーンの期間に、瑞々しいオカズボディを晒してくれる彼女たちには感謝しかありません。そういうわけで今回は、国内ではまずお目にかかれない台湾JKたちの露出作品を三本まとめて紹介します。どうぞご賞味ください(笑)

それではまず一本目。オーソドックスなビキニスタイルですが、ついこの間まで中学生だったとは思えない見事な露出っぷりです。身体つきはまだまだ発育途中といった感じですが、すでにおっぱいが大きい女の子が一人だけいますね。この子だけ衣装の内側にブラを重ねているところから察するに、これがないと胸がもっとぶるんぶるんしちゃうんだろうなぁ。万が一にもポロリしないように工夫したんだと思うと、股間に訴えてくるものがありますね(笑)


続いて二本目はこちら。年齢がひとつ上がって二年生です。谷間をわざと強調する衣装でもって積極的にオカズになりにいく姿勢が、台湾の女学生のエロさを証明していますね。こういう大胆さは日本のJKにもぜひ見習ってほしいところです。巨乳は二人いますが、一人はかなりぽっちゃり寄りなので、管理人の推しは赤茶っぽい髪の子ですね。


最後はこちらの作品。ここまでの作品は露出に重きを置きましたが、こちらはさらにJKの生乳の揺れが楽しめる作品です。カメラがやや引きなのが惜しいですが、それでも若さに溢れた張りのあるパイオツの波打ちがはっきり確認できます。もう少し見やすければ単独記事でした。注目は00:30あたりで前に出てくる二人組の、向かって右側のJKですね。


いかがだったでしょうか。どの動画もカメラの位置が引き気味だったため、複数紹介でお茶を濁すことにしました。それではまた次回の更新で!