誰でも簡単に撮影や投稿ができるようになり、「踊ってみた」や「歌ってみた」などネットを中心としたコンテンツを発信する敷居はかなり下がったと思われがちな昨今ですが、改めて考えてみると 踊りも歌もやったことがないという子からすれば、この辺のジャンルって依然として手を出しづらいままですよね。結局のところ 踊りや歌をある程度は練習する必要があるわけで、そもそもの時点で未経験の女の子にはハードルが高いような気もします。とりわけ完璧主義な女の子だったら、既存の動画の出来と自分とを比べてしまって辛いでしょうね。

さて 今回紹介するのは、そんな悩みなんて微塵もなさそうな二人組のJKによるおふざけダンスです。彼女たちの辞書に練習なんて言葉はなく、ただただその場のノリで動画を撮影したのでしょう。ある意味では、今の「踊ってみた」が失いかけている貴重なノリでもあります。


最初はお団子ヘアーのJKがひたすらスカートでお尻を振り続ける時間です。字面だけ見ると、ちょっと期待できそうな気もしますが、残念ながら何も見えません。
SnapCrab_NoName_2018-3-7_21-12-59_No-00

続いて、最近では珍しくなったルーズソックスのギャルJKが登場。細めの足は好みが分かれるところですが、照れてはにかんでいる様子は可愛らしいです。
SnapCrab_NoName_2018-3-7_21-14-29_No-00

合流した後は二人でわちゃわちゃと跳ねながら回り出すのですが、そのときにギャルJKのスカートのなかがチラリ。しかしここではブレてしまっていて、はっきりとは分かりません。また、ここから縦画面撮影になってしまったので、キャプ画は向きなどを修正してあります。
SnapCrab_NoName_2018-3-7_21-27-31_No-00

最後にお尻を突き出し、ガニ股になってサービスショット。典型的なギャルっぽい見た目にぴったりのヒョウ柄パンツです。撮影者の「見えてる」という忠告に動じないあたり、普段から見せ慣れているんでしょうね。そのパンティの奥もなかなか使い込んでそうです(笑)
SnapCrab_NoName_2018-3-7_21-28-26_No-00

いかがでしたでしょうか、個人的には(ダンスの拙さを無視するとしても)もう一歩という作品でした。いかんせん動画時間が短いですから、このギャルJKにはその分だけ多めにサービスして欲しかったですね。最後の場面で、その両手がお尻を広げるみたいな位置についていたら、完全に挿入待ちって感じがしてシコれたかもしれません(笑)

ちなみに今回の記事は「踊ってみた」のカテゴリに入れるには、あまりに低クオリティだったので「その他のオカズ」に分類しておきます。それではまた次回の更新で!