昔から大は小を兼ねると言いまして、別に巨乳好きではないという男性でも、女性の胸について「無いよりはあったほうが良い」というスタンスの方は多いでしょう。また、胸が小さいことに悩む女性と、胸が大きいことに悩む女性の割合を考えれば、女性のなかでもそういった価値観が大勢を占めていると考えられます。

ただそうはいっても、巨乳の女性には巨乳ならではの悩みがあることもまた事実ですね。よく言われるのは「肩がこる」や「似合う服装が少ない」「可愛い下着がない」などでしょうか。贅沢な悩みかもしれませんが、当人にしか分からない辛さもやはりあるのでしょう。

さて、今回 紹介するオカズちゃんは、そんな巨乳ならではの悩みのなかのひとつである「シャツのボタンが飛ぶ」という事態に遭遇してしまった台湾の女子大生です。いくら巨乳とはいえ、そこまでのハプニングはそう起こらないのではと思いますが、激しく踊っている最中であれば、上下左右に弾みまくる乳房のせいで、その確率は格段に跳ね上がるのでしょうね。

また、こちらの動画は限定公開となっており、ブログの動画プレイヤーでは再生できませんので、こちらのリンクからご視聴ください。私見になりますが、限定公開の動画は非公開になる可能性も普通より高いので、気に入られた方は早めの保存をおすすめします。

注目したいのは、センターにいる赤いチェックの女の子です。他のメンバーの恰好から想像できるように、シャツの下はビキニという煽情的なダンススタイルですね。ただ開始時点ではこの子はまださほど露出しておらず、むしろ左右の子に目が行くかもしれません。
SnapCrab_NoName_2018-4-9_19-46-43_No-00

事態が動くのは38秒付近、シャツの上のボタンが外れ、隠していたビキニ乳の谷間がお目見えです。これで他のメンバーと同じくらいの露出度になりましたが、まだまだ続きます。
SnapCrab_NoName_2018-4-9_19-56-34_No-00

今度は2分を過ぎたあたりで、身体を左右に動かした勢いで、またボタンが外れます。豊満な乳房がより見やすくなり、シコリティが上昇。観客のなかにはこのあたりで、ひょっとすると……と期待し始めた男たちもいるはずです。残すボタンはあとひとつとなりました(笑)
SnapCrab_NoName_2018-4-9_20-7-23_No-00

そして2分43秒、新しい曲に移るなかでセンターへと移動した直後でした。勢いよく身体を使ったため、見事に最後のボタンが飛んでしまいました。その後の慌てるような表情が、これがハプニングであることを証明しているようで興奮しますね。観客からの拍手と歓声も、明らかに彼女の露出されたビキニ乳に向けられたもので、臨場感の演出に一役買っています。
SnapCrab_NoName_2018-4-9_20-10-25_No-00

いつもよりキャプ画が多くなったので割愛しますが、3分18秒あたりで友達に露出を指摘されている場面や、4分28秒でボタンを直そうとして失敗する場面も、彼女の羞恥心が感じられる良い瞬間です。恰好が恰好ですから、おそらく多少の露出は織り込み済みだったと思われますが、ここまでサービスするつもりはなかったのでしょう。他のメンバーの露出度をあっという間に抜き去って、観客の視線を独り占めしてしまいました。

とはいえ流石は女子大生、隠せないとなったら開き直ってサービスに徹することが出来るあたりが素晴らしいですね。揺れる乳房を見せつけながら、セクシーポーズもお手の物です(4545
SnapCrab_NoName_2018-4-9_20-32-5_No-00

いかがでしたでしょうか。距離は若干物足りないものの。2012年の動画である割には画質もしっかりしており、実用性は十分かと思います。気に入られた方はコメントなどで感想を頂けると嬉しいです。それでは、また次回の更新で!

P.S そういえば以前に紹介した「貞子たん」も、その乳房のサイズからボタンが外れていましたね。露出が増えるわけでもないので管理人はシコれませんでしたが、関連作品ということでついでに載せておきます。まぁ当ブログの読者には今更すぎる動画かもしれませんが(笑)