「踊ってみた」で活動している女の子たちのTwitterをチェックすると分かるのですが、コスプレ活動にも手を出している踊り手って本当に多いです。アニメ系のコスプレから風俗の宣伝みたいな衣装までその幅は様々ですが、どの子も「踊ってみた」の動画からは考えられないような露出をしていることが多く、思わぬプロポーションが判明することもあって楽しいです。

考えてみれば「踊ってみた」とコスプレイヤーって、共通点が多いジャンルではあるんですよね。目立ちたがりで、凝った衣装が着たくて、それを撮影されたものがネットに出回ってシコられることに快感を覚えるわけですから、親和性はかなり高いでしょう。そしてその事実をきちんと受け入れられる女性ほど、開き直ったオカズを提供してくれます。

こちらのお姉さん(といってもアラサーのうえ、子持ちの人妻なのですが)もそういうシコられることに快感を覚え、抜け出せなくなってしまった女性の一人です。


とても踊っているとは言えない、そのルックスだけを活用した男に媚びるダンスと編集……どうせオカズにしてるんでしょ?という気持ちを隠そうともしていないですね。
SnapCrab_NoName_2018-2-27_11-34-46_No-00

動画に付けられたオナペットというタグがその事実を端的に表現していますし、彼女にとってこれは誉れなのでしょう。
SnapCrab_NoName_2018-2-27_11-35-1_No-00

ただ初めてこの動画を観たとき、正直 本当にこんなに多くの男たちが抜いたのかというと、疑問がありました。もちろん世の中には脚だけで男を発射へと導ける女の子もいますが、アラサーの人妻ということを考えると、ちょっと持て囃しすぎじゃないかと思ったんですね。
SnapCrab_NoName_2018-2-27_11-34-37_No-00

そこで冒頭に繋がるのですが、ふと彼女のTwitterを調べたところ、すでに一定数のフォロワーがついているコスプレイヤーだったことが分かりました。つまり、いつも彼女でシコっていた層がこの動画でもシコっている、それが実際の順序だったんです。
C7SeY4VU4AIXVVl

そして今回、記事にした大きな理由が、今月開催されていた「東京オートサロン2017」にて彼女が年甲斐もなくまたオカズを提供していたからなんですね。


年齢的にカメラの寄りに耐えきれていない部分もありますが、それでもベイビーフェイスを自慢するだけあって実際の数字よりはかなり若く見えます。

これで二児の母親だというんだから驚きです。出産しようと、育児に追われようと、オナペットとしてシコられてきた快感と自負が、これからも彼女を露出へと駆り立てるんでしょう。

ちなみにこの人妻の「踊ってみた」で再生数を一番稼いでいるのがこちら。


仲良しの女性と一緒に踊ったようで、そのお友達がパンチラしています。
SnapCrab_NoName_2018-2-27_11-33-58_No-00

こういう露骨なシコりポイントを作られてしまうと、いくら一定数のファンがいてルックスで完勝していたとしても、それ以外の部分は見向きもされなくなるあたり、抜かれたがりの人妻としてはさぞ不服だったことでしょう。せっかく経産婦らしい張りのあるおっぱいを突き出しているのに残念でしたね、私的にはなかなか良いと思いますよ(笑)
SnapCrab_NoName_2018-2-27_11-34-16_No-00

このままだと可哀想なので、拾った画像から使えそうなものを貼ってあげましょう。年齢への風当たりは強そうですが、頑張って人妻オナペットとしての名誉挽回に励んでください(笑) 「踊ってみた」ならまだまだ活躍もできると思いますよ。(2018.5.11 メイドコスを追加)
C3Kr-L6UEAALhBCCmm6hYFVUAETLKmC08NVcxVEAAbuqFC08NY5gVQAAQbgS

Dc0HyLZU0AAb9gK
Dc0HyLaU0AAjWsJ
Dc0HyLYVQAAtLWQ
ChX4pP6UUAIEdK9
C51wS2HUsAEe1hjCaXpiQhUAAEtMka.jpg large