HIGH_SCHOOL_DISCO

ETERNAL ROCK CITY.2012、最後のDJ枠を務めるのは、前日に続き2度目のパフォーマンスとなるHIGH SCHOOL DISCO。イベント/パーティの中心人物であるツジユウヤを筆頭に、若さを武器に次世代のロックシーンを担っていく彼らが、音楽やそれを通じた人との出会いの場を率先して提供していく姿はとても頼もしい。“音楽の楽しさを知ってほしい”という想いが、ただ純粋に伝わってくる。前の時間のDJを務めたTOKYO BOOTLEGからのバトンを引き継いだのがヒグチコウキ。BiSで盛り上がっていたフロアを一瞬にして転換させ、洋楽ロックで染め上げる。激しく躍らせるというよりは、ゲストバンドを待つお客さんにちょっと贅沢な時間を提供しているようだ。ゲストバンド1組目・thattaのメンバーも、ステージで身体を揺らしつつスタンバイしているのがほほえましい。

thattaのゲストライブを終え、登場したのは島田沙耶。ライブで温まった客席は、ブレイクタイムに入ることなくパーティを続ける。そんなオーディエン スの期待に応えるように、おなじみのダンスチューンを畳み掛ける島田。次のゲストライブ・PILLSEMPIREの準備が整うと、「ピルズ終わったらほか のライブに行くのはやめて、ここにいてほしい。DJはオマケじゃねーからな!!」とツジの切実な願いが放たれる。ただの時間つぶしでもBGMでもない、い ちアーティストとして彼らは音楽を、メッセージを届けていた。

再びゲストライブからの繋ぎを島田が担い、その後DJブースをフロアからステージに移してヒグチへバトンタッチ。SuiseiNoboAzや Wiennersなど、イベントにも出演したアーティストの楽曲が並ぶと、客席の盛り上がりも右肩上がりに。そしてa flood of circleの「Buffalo Dance」を皮切りに、大トリを務めるツジのDJがスタート! 彼のイベントラストの雄姿を一目見ようと続々と人が駆けつけ、あっという間に客席は満杯 になった。一度音を止めてしまうハプニングすらもご愛嬌と思えるほどにアットホームな空間。本編最後とアンコールに届けられたのは、アルバムタイトルが彼 らのパーティ名の由来にもなったJERRY LEE PHANTOMの「music lovers」「The Clash」。ヒグチと島田もステージに上がり、いちオーディエンスのように音楽を楽しんでいた。

「やべー、去年よりすげー! 超楽しかった!……パーティって楽しいでしょ?」と、清々しい表情でまっすぐに告げるツジ。「ツジ跳べー!」「毎日エロフェ スやれよ!」など無茶振りな客席からの野次も、その瞬間が最高に楽しかった証だろう。汗だくになった“music lovers”たちで溢れ返っていた新宿Marble。この盛大なイベントにふさわしいフィナーレだったに違いない。(松井恵梨菜)

Photographer:鈴木 (スズキ メグミ)
Contact: megumitelepathy@mac.com