FOUR_GET_ME_A NOTS

残り2バンドとなったLOFT HALL STAGEには、すでに熱気が充満していた。
そんな中登場した、メンバーの全員が楽器と共にボーカルを擁する男女3ピースバンド・FOUR GET ME A NOTS。ダイナミックな演奏を繰り広げ、男女の歌声が絶妙に絡み合い、そこにコーラスのハーモニーが合わさる。なんとも美しいメロディックなバンドだ。

同日仙台では“AIR JAM 2012”が開催されていた。
「今頃ハイスタやってますけど大丈夫ですか? 僕たちはハイスタに憧れてバンドを始めました。でもAIR JAMよりもエロいエロフェスに出させてもらってうれしいです」とやや無茶な対比で笑いを誘った石坪泰知(Vo、B)。
それをスイッチにし、繰り出された高速チューンで後半戦はスタートした。絶えずモッシュ、ダイブ、クラップハンズが起こり、盛り上がりは常に最高潮だ。

「そろそろ先輩のケツばかり追ってる場合じゃなくて、自分らがケツを見せていこうと思っています」。そうバンドの意思を明らかに提示したあと、「僕たちにとって始まりの曲です」と言って演奏された「Begining」は、非常にエモーショナルで輝いていた。極上のグッドメロディから感じる多幸感が胸をいっぱいにする。
 
ラストは「夢を諦めるな、そういう曲です」と伝え、バンド至上最速の楽曲Chase after rainbows」を披露。「いこうぜー!」と力強く言い放った石坪はじめ、まぶしい3人だった。(松井恵梨菜)

■セットリスト
01. Pike your shield
02. Universe
03. start all over
04. My guitar my songs
05. Awakening
06. Dear Black
07. Blame and braves
08. Crescent moon
09. Tears can change it
10. Begining
11. Firm resolution
12. Chase after rainbows

『Awakening』

Photographer:O-mi(オーミ)
Contact: light_and_shadow_h@hotmail.co.jp