暁の護衛〜罪深き終末論〜』をプレイし終わりました。

以下、感想

暁の護衛
〜罪深き終末論〜
【ブランド】
しゃんぐりら
暁の護衛~罪深き終末論~ 初回限定版
↑ 画像は、amazonなのでご注意下さい
【シナリオ】
衣笠彰梧
【原画】
トモセシュンサク
【対応OS】


※プレイした感想を書いているのでネタバレをしている場合があります。
  極力ネタバレは、書かないようしていますがネタバレが嫌な人は、ご注意ください。








暁の護衛〜罪深き終末論〜 感想

AからE、までの5段階評価です。
【A=とても良い】、【B=良い】、【C=普通】、【D=微妙】、【E=残念】って感じで付けてます。
【シナリオ】
D-
【テキスト】
D
【ボリューム】
C
【原画】
B
【Hシーン】
C
【システム・演出】
C
OPムービー
総合評価
C
総合評価の目安は、こちら

 
【ボリューム】
過去2作もプレイすると時間は、かかると思いますが
今回の罪深き終末論単体のプレイ時間は、普通の作品とあまり変わりなく普通です。
ただ個別ルートが異常に短かったりするのでご注意を……

【Hシーン】
Hシーンは、19個(回想でカウント)
無印のヒロインやサブキャラとのHシーンもちゃんとあるのでご安心ください。

【まとめ】

さて、今回プレイした暁の護衛〜罪深き終末論〜ですが暁の護衛の完結編なので結構期待していたんですけど
プレイしてみたら『なんで、こうなっちゃったのかな?』と聞きたくなる出来でした。
今作は、1作目、2作目の様なキャラ重視っぽい内容よりシリアスな話が主だったんですが
シリアスな所は、あっさり終わるので先に書きましたが『なんで、こうなっちゃったのかな?』と聞きたくなるレベルでした。
まぁ、それでも暁の護衛(無印)同様日常のシーンは、相変わらず面白かったです。
今作で多くの新キャラが登場しているんですが『コイツのルート要らないんじゃない?』と思えるのも多々ありました。
新キャラを多く出すのは、良いんですけどルートまで用意する必要は、無かったと思います。
まぁ、殆ど禁止区域ルートの事何ですけどね。(舞だけで十分だった様な気が・・・)
とりあえず何が言いたいかと言うと変に攻略対象を多くしないで綺麗に話をまとめて欲しかったです。

テキストは、シリアスな所以外は、楽しめました。
無印や2作目と同じく日常シーンの会話は、テンポの良い掛け合いで楽しめました。

立ち絵と一枚絵は、過去2作と同じく綺麗でいいともいます。
ただ、何でか知りませんが今作で1人Hシーンでアヘります。

[参加ランキング]
↓ご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

【Getchu.com】


2012年8月28日に書き直した物になります。
当時の感想記事を元に書き直してありますが
当時の感想記事で書かれていない部分は、 無記入 と書いてあります。