あかときっ!』をプレイし終わりました。

以下、感想

※プレイした感想を書いているのでネタバレをしている場合があります。
  極力ネタバレは、書かないようしていますがネタバレが嫌な人は、ご注意ください。



あかときっ! 感想



『あかときっ!−夢こそまされ恋の魔砲−』応援中!

【ブランド】 エスクード
【シナリオ】 藤原休樹(企画屋)
【原画】   犬洞あん/笹井さじ/草上明




[長さ]
作品の長さは、少し長めです。(個人差があります。)
戦闘部分の進行スピード具合で長さは、人それぞれになると思います。

[Hシーン]
Hシーンは、9個(回想でカウント)
Hシーンの中には、フェラだけで終わるモノもあります。(半分フェラゲーになってます。)
回数も1人以外各2枠しかないのでHシーンの量をもう少し増やして欲しかったです。

[まとめ]
今回プレイした『あかときっ!』ですが体験版も面白かったので期待していましたが製品版も期待を裏切らない出来でとても楽しめました。
シナリオの方も各ルート全てグランドENDを向かえるには、必要だったのである意味エロゲ(ゲーム)じゃないと出来ない演出だったんじゃないかな?と思います。
キャッチコピーの『脱がすは一時の恥 脱がさぬは末代の恥』と書かれている通り戦闘中で攻撃して(されて)脱がすと言う遊びも出来るので攻略後も楽しめる面白い作品です。
ちなみにSLG部分もちゃんと遊べるのは、良いんですが人によっては少し面倒になると思うので気になる方は、体験版をプレイした方が良いと思います。

シナリオ・テキスト・演出などが良く駄目だった部分より良かった部分が多く個人的には、良作と言っても大丈夫な作品だと思いますが
唯一駄目だった部分は、ヒロインとのイチャラブ部分ですね・・・
基本的にイチャラブの方は、軽くやってすぐシリアスな話に移るのでもう少しHシーンとイチャラブ要素を増やして欲しかったです。
キャッチコピーの『脱がすは一時の恥 脱がさぬは末代の恥』が戦闘部分だけ特化していてイベントシーンでは、脱がす回数が少ないかったのでそこだけが残念です。

そんな感じで今回プレイし終えた『あかときっ!』ですが一言で言うと“イチャラブ要素以外は、良い出来の作品”だと思うのでオススメです。

Twitter「つぶやく」ボタン

[参加ランキング]
↓ご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ【18禁】ギャルゲー・ブログ





【Amazon】