この大空に、翼をひろげて』の体験版をプレイし終わりました。

以下、感想

この大空に、翼をひろげて
【ブランド】
PULLTOP
この大空に、翼をひろげて 初回限定版【予約特典:「SweetLoveパッチ」ディスク付き】
↑ 画像は、amazonなのでご注意下さい
【シナリオ】
紺野アスタ
七烏未奏
奥田港
【原画】
八島タカヒロ
基井あゆむ
田口まこと(SD原画)
【対応OS】
WinXP/Vista/7



この大空に、翼をひろげて 体験版 感想

『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― イメージイラストVer
AからE、までの5段階評価です。
【A=とても良い】、【B=良い】、【C=普通】、【D=微妙】、【E=残念】って感じで付けてます。
【シナリオ】
B
【テキスト】
B+
【ボリューム】
A
【原画】
B
【Hシーン】
ナシ
OPムービー
総合評価
B

 
【ボリューム】
体験版のボリュームは、結構多めです。
体験版では、主人公が作品の舞台(風ヶ浦)に戻ってくる所から始まり夏休み終了後の新学期初日までプレイできます。
空いた時間でサクッとプレイできるタイプじゃありませんが購入するか決めるには、十分なボリュームだと思います。


【まとめ】
体験版のボリュームがかなりのモノでプレイし終わるまでに結構な時間を食いましたが
購入するか決めるには、十分な内容とボリュームで良い体験版だと思います。
体験版は、一区切りついたかな?と言った部分で終わりますが終わり方は、『俺達の戦いは、これからだ!』と言った感じです。


今作は、グライダー部に所属する主人公たちが織り成す、笑いあり、恋愛ありの爽やかな青春群像劇。っと言う事で
作品の肝になるのがグライダーになるんですがグライダーの知識が0な私でも体験版をプレイしていて説明がちゃんとあるので
いきなり専門用語言われてチンプンカンプンって事には、なりませんでした。
まぁ聞き慣れない用語は、ありましたが画面演出などで画面を見てれば分かる所もあるので
体験版プレイ途中でテンポが悪くなるって事は、無かったので演出やテキストは、結構良いと思います。

立ち絵や一枚絵は、複数原画なので多少なりバラつきは、ありますが
プレイしていて気になるほどでは、ありませんでした。
まぁ原画に関しては、個人の好みが大きいので何とも言えませんが私は、良かったと思います。

Hシーンは、体験版に収録されていません。
公式サイト等でHシーンのCGが公開されているので気になる方は、公式サイトでご確認ください。


そんな感じでプレイし終わった『この大空に、翼をひろげて』の体験版ですが
シナリオとテキスト、画面演出も良く体験版をプレイした限りでは、期待が高まりました。
何回も書いていますが体験版のボリュームが結構あるので時間は、かかると思いますが自分に合う合わないが分かると思うので
購入を検討している方は、体験版をプレイしてから決める事をオススメします。

[参加ランキング]
↓ご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

【Getchu.com】