中の人などいない!』をプレイし終わりました。

以下、感想

中の人などいない!
トーキョー・ヒーロー・プロジェクト
【ブランド】
ALcot
中の人などいない!トーキョー・ヒーロー・プロジェクト【Amazon.co.jpオリジナル ポストカードセット付】
↑ 画像は、amazonなのでご注意下さい
【シナリオ】
空下元
宮蔵
【原画】
仁村有志
鳴海ゆう
あおなまさお
新庄聡美
【対応OS】
WinXP/Vista/7


※プレイした感想を書いているのでネタバレをしている場合があります。
  極力ネタバレは、書かないようしていますがネタバレが嫌な人は、ご注意ください。





中の人などいない! 感想

ALcot『中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト』 応援中!
AからE、までの5段階評価です。
【A=とても良い】、【B=良い】、【C=普通】、【D=微妙】、【E=残念】って感じで付けてます。
【シナリオ】
C-
【テキスト】
C
【ボリューム】
B-
【原画】
B
【Hシーン】
C
【システム・演出】
C+
ムービー
総合評価
C
総合評価の目安は、こちら


【ボリューム】
作品のボリュームは、少し多め。
攻略対象は、4人ですが個別ルートが思いのほか長かったです。
後で書いていますが、中途半端な所があるのでボリュームの多さが少し辛かったです。

【Hシーン】
Hシーンは、16個(回想でカウント)
各ヒロインHシーンは、4枠用意されています。
どのヒロインも前戯だけで終わるHシーンがあるので本番ありは、各3枠です。

【まとめ】
シナリオは、良くも悪くも普通でジャンルは、キャラゲー。
戦闘シーンが思っていたより多めだったんですが
盛り上がるシーンが、あっさり終わったりするので不完全燃焼で終わるルートが多かったです。
戦闘シーンの熱さなどに期待して購入すると肩透かしかも知れません。

作品のジャンルは、キャラゲーでイチャラブなシーンも結構あるので好きなキャラ目当てで購入するなら特に問題ないと思います。
ただ後半につれてシリアスなシーンが多くなり戦闘シーンがメインになっていくので
体験版の様なドタバタ中心のギャグ多めのキャラゲーって感じには、ならないのでご注意を……
先に書きましたが個別ルートのボリュームが結構あるのでヒロインが合わないと少し辛いかも知れません。

テキストは、パロネタが多いので好き嫌い合う合わないがあると思います。
体験版も製品版もテキストは、おおむね同じ様な感じなので気になる方は、体験版をプレイする事をオススメします。

立ち絵と一枚絵は、綺麗で良かったと思います。
ただメインヒロイン等の立ち絵が2種類しかなかったので少し寂しい感じがしました。
今作は、戦闘シーンも多くある作品だったのでもう少し、立ち絵にも動きが欲しかったです。

演出は、日常シーンは、良かったと思いますが戦闘シーンが惜しい感じがしました。
日常シーンは、表情がコロコロ変わったり立ち絵が動いたり、『!』『?』等のエフェクト演出も多く良かったと思います。
ただ戦闘シーンでは、日常シーンと同じ様な感じで動くんですが立ち絵が少なく戦っている感じがしなかったので
やっぱり戦闘シーンがある事を考えるならもう少し立ち絵の枚数を増やして欲しかったです。
あと、この作品は、話数で区切ってあるんですが4話から5話までの間が長く5話以降が短いので
4話で2〜3回くらい分けてくれた方が方が途中で区切りやすくテンポ良くプレイできたんじゃないかな?と思います。


そんな感じで今回プレイした『中の人などいない!』ですが
シリアスなシーンを少なくしてドタバタ中心のバカっぽい内容で行けば良かったんじゃないかな?と思いました。
まぁシリアスなシーンを入れないと設定的に成り立ちませんが思っていたよりイチャラブも少なくシリアスや戦闘が中心で
肝心の戦闘シーンもあっさり終わり不完全燃焼な所があったので色々と中途半端な感じがしました。
ただ中途半端な所もありますが作品の方は、良い所も悪い所も半々と言った感じだったと思います。

[参加ランキング]
↓ご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

【Getchu.com】