逆転魔女裁判』をプレイし終わりました。

以下、感想

逆転魔女裁判
【ブランド】
エレクトリップ
逆転魔女裁判-痴女な魔女に裁かれちゃう-
↑ 画像は、amazonなのでご注意下さい
【シナリオ】
若林浩太郎
瑞守ねおん
【原画】
織澤あきふみ
【対応OS】
WinVista/7/8


※プレイした感想を書いているのでネタバレをしている場合があります。
  極力ネタバレは、書かないようしていますがネタバレが嫌な人は、ご注意ください。

逆転魔女裁判 感想

逆転魔女裁判−痴女な魔女に裁かれちゃう−


【Hシーン・シーン回想】
Hシーンは、15枠
体験版をプレイした時は、「魔女(艶間 薫)のHシーンが多めでサブの方は、2〜3枠かな?」と思っていましたが
思っていたよりサブヒロイン(姫野 ゆき)のHシーンも多くて良かったです。
以下、各ヒロインHシーン枠数

艶間 薫 7枠(1枠は、娘も入れての3P)
姫野 ゆき 7枠(輪姦有り)
モブ(他の魔女) 1枠

【プレイ時間・その他】
プレイ時間は、1時間くらい。
ほとんどHシーンなのでHシーンは、後回しの人だったらサクッと終わらせられます。

【まとめ】
今回プレイした「逆転魔女裁判」ですが
主な内容は、体験版と余り変わらず【逆転魔女裁判】→【有罪】→【Hな罰を受ける】これの繰り返し。
Hシーンの趣向としては、Mっけが強いプレイが多め。
たた、飴と鞭の考えか知りませんが優しく抜いてくれるシーンもあるので
「マゾじゃないので結構です…」と言う人でも楽しめるんじゃないかな?っと……(人によりけりですが)
ちなみに個人的にビッチヒロインが好きなので本作のサブヒロイン(姫野 ゆき)は、結構いい感じで楽しめました。
誰とでも楽しんでセックスする娘(ビッチ)なので笑顔が絶えません、ホント女神です、チ○コ痛い。

とりあえず、そんな感じでHシーンメインのM向けっぽい作品ですが
割りとMじゃない人もプレイ趣向が合えば割りと楽しめる1本だと思います。

【Getchu.com】