25周年ポスター


日時:2018年6月16日(土) OPEN18:30 START19:00


場所 : 161倉庫 北海道札幌市東区北16条東1丁目2-10 西沢ビル B1
  

出演

19:00 御曼けゑ志
19:30 岡部靖史(FLUKE/Mica Flakes)
      ゲストPercussion 加藤真生
(cosmic stew)
20:00 MPR
20:30 ホッパーズ29
21:00 西條聖奈

21:30 エロチカ
      ゲスト平尾暁(cosmic stew、暁カリー) 他


サプライズあり

2018.6.16-161-12
エロチカ25周年ライブがみんなのおかげで無事終了したよ。
出演者もお客さんも盛り上げてくれて、かなり楽しいライブになってよかったよかった。
いくつかのサプライズもあってね。

ケーキにも驚いたし、この人たちの登場にも驚いたね。
2018.6.16-161-2
北星女子短大の軽音部OGが数名来てくれたのには驚いたな。
エロチカの歴史(大袈裟)を語る上で外せない存在だからね。
よくライブに呼んでもらって。
今はもう、まったく付き合いはなかったんだけど(笑)
みんな元気そうでなによりです。


出演者がみんなバッチリやってくれた

いや、みんなそれぞれエロチカ25周年に絡めた選曲なんかしてくれちゃったりなんかしてサイコーだったよね。
オレはかなり楽しめたよ。みんなは知らないけど(いや十分楽しんでただろ)


御曼けゑ志
2018.6.16-161-1

KC
この男がね、最初から盛り上げてくれて。
毎度毎度くだらない歌をみんなに歌わせるんじゃないよ。
こなしてるライブの本数が多いから、変にステージ慣れしてんのがハナにつくのはオレだけじゃないはず(笑)
この前の日まで?大阪とか名古屋とかでライブやってきたらしいよ。
そのツアーがうまくいったらしく、この日は調子こいてたな。

だからいきなり最初から時間押しで。
ここの主が率先してそれだから(笑)
この後、時間はどんどん押して行くのであった・・


岡部靖史(FLUKE/Mica Flakes)
ゲストPercussion 加藤真生(cosmic stew)

okabe

2018.6.16-161-22
岡部は今回のライブのMVPだな。
演奏はもちろん、いろいろ盛り上げてくれたよ、酔っぱらって(笑)

ちょっと待てや!って思ったのはエロチカの「エロチカ」って曲を二人でカバーしてくれたんだけど、それが超かっこいいアレンジしてるわけ。
その曲オレらも今日やるのに、しかも昔のまんまで。
なのに、先にそんなのやめれや!って思った(笑)

今は岡部も加藤も自分のバンドでブイブイいわせてるわけだけど、実は・・
2018.6.16-161-10
その昔、この4人で「PACKREES(パックリーズ)」ってバンド組んだことがあって。
ライブは1回だけしかやらなかったけど。岡部と加藤の黒歴史だろうなー。
20年以上経ってその4人がまだ音楽やってて揃うとは。
奇跡の4ショット(笑)


MPR
2018.6.16-161-6

MPR
大学生時代ブイブイ言わせてたバンド。
もう、このバンドでの活動はしていないのでバンドメンバーは集まらなかったけど、倉本さんとえれきのフロントマン二人でやってくれて。

もうね、当時の曲聴けてサイコーだったよね。
オレさ、周りにいるアマチュアバンドの音源聴くの昔っから好きでさ。
まぁ、主に楽曲聴くってよりはその「録音状態」を聴くのが好きなんだけど(笑)

で、このMPRの音源CD。
ファーストアルバムだったっけかな。「YOUR」ってアルバム。
女の子が森の中で黒電話を持ってるジャケットでね。いやなんでもない。
それ、めちゃくちゃ聴いてたんだよオレ。

ってことをその後、この二人に会うたびに言ってたら今回そのアルバムの曲やってくれて。
どうやらオレが「バカにしてる」ってとらえられてるみたいだけど(笑)ま、よくあることだ。

もう、しばらくやってないだろうに、思い出すのめんどくさかったんじゃないかな。
倉本さんは音楽活動はしていないようなので。えれきはまぁ、アレだろうけど。
手間かけたね(笑)

いいよねーなつかしい曲を生で聴くのって。
音楽ってすばらしいね。オレが言うとウソくさいけど。



ホッパーズ29
2018.6.16-161-23

29

29-2
ギター弾きまくり男ホーガン小林率いるバンド。

で、このホーガンがさ、日本一エロチカの音源聴いてる男なんだ。
2002年につくった「COMMIT A CRIME」っていうベスト盤(って言うのも恥ずかしいわ!)を相当聴き込んでるらしいんだ(なんでだよ!)
いや、日本一っていうか、日本でオレ以外で聴いてるのってホーガンただ一人だと思うよ。

どんだけ聴いてるのかわからないけど、とにかく詳しいんだ。
そしてニューアルバムを早く出せって圧がすごい(笑)

ベースの岡もっちゃんも打ち上げ遅い時間までありがとう。
ギターを弾きまくるホーガンを横目にまったく動じない岡もっちゃんのベースがこのバンドの見所です。
そういえばドラムの西川さんが、加藤にドラムを習ってたことがあるとかで。
そのドラミングを見る加藤の目は先生の目だったな。



西條聖奈
2018.6.16-161-21

saijyo-san
と牧野。

全部持ってったよね、西條さんが。

この時間帯になると、みんな疲れてきてさ。
目に見えて、みんな元気なくなってきたもんね。
なんせどいつもこいつも若くないもんだから(笑)

宴会中に余興的に演奏、みたいなゆるいライブにしたかったからさ。
最初からみんな酒飲んでたんだよ。

もう、会場の空気がドンよりしてたんだ(笑)

そこを一筋の爽やかな風が吹き抜けたよね。

その歌声に、ぐた~っとしてたみんながハッとしたもんね。
やっぱ、歌が上手いって強ぇーわ。

みんな引き込まれるように聴いてたもん。
25周年ってことで、25年前のヒット曲から知ってる曲探したとかってさ。それ歌って。工藤静香だったかな。
25年前っつったら、西條さんはまだ音楽なんて聴くような歳じゃないだろうから(何歳だったかな)
ニクい演出だ。

で、牧野が楽しそうにベース弾くわけ。和音とか弾いちゃうんだぜ?エロチカでそんなプレイ見たことねーわ。



エロチカ
2018.6.16-161-13
まずオレのかっこうが意味不明だろう(笑)
来なかった人は、何が起きているのかさっぱりわからないと思う。

いやね、サロマ湖100kmウルトラマラソンの1週間前ってことでさ。
壮行会してもらおうと思って。かなり意味不明だったと思うけど(笑)

2018.6.16-161-17
こんなだもん。
胸のゼッケンにはこの文字。
2018.6.16-161-9
大切な25周年ライブでオレは何をやっているんだ。

で、演奏曲はね
1. 6月のクレイジー・ダンス
2. LOVE&PEACE
ときて
3. EROTICA
のときに岡部がギターで参加。
2018.6.16-161-25
がっつり弾いてくれたわ。
161に置いてあった誰かのギターで(笑)

4. Dancing Girl
で4人目のエロチカ(オレしか言ってない)平尾さんの登場だ。
2018.6.16-161-11
ど真ん中で弾いてもらう。
曲の最後で叫ぶほど(笑)アツく弾いてくれる。

5. つけもの
ここでさらにホーガン小林を投入!
2018.6.16-161-20
報告するまでもないけど、ギター弾きまくってくれたわ。

で、北星OGからのリクエストもあり
6. ウルフをやって
もちろん
7.Unchi eating now!
をやって
最後は
8.デジタル・チンポ

で終わり。
もし、この次30周年ライブをやったとしても、同じような曲になるんだろうな。
25年やってきて、たどり着いたのがデジタル・チンポってのもなかなかに悲しい物語だよね(笑)

とりあえず、こんなところで。
みんなの動画とかもあるから、編集してアップしたいんだけど時間がね。
とりあえずサロマ湖100km終わるまで待ってね。

その他の写真をちょっと。
2018.6.16-161-4

2018.6.16-161-5
平尾さんのオルガンを邪魔者扱い(笑)

2018.6.16-161-3

2018.6.16-161-16
だから、オレのかっこう意味わかんねーって。

2018.6.16-161-14
急にアー写。

2018.6.16-161-15
またまたアー写。

2018.6.16-161-7
この男、この場所あっての25周年ライブでした。
モリモもおいしい料理ありがとう。

じゃ、またそのうち動画とかなんとかまとめるわ。
たぶん。せっかくだし。

サロマ湖終わったら。