相撲の次はパンダか。

どのチャンネルのニュースもそればっかりだ。
いい加減にしてくれないかな。
誰もそんなに興味ないと思うんだけどな。いや、チラっとやる分にはいいよ。長いんだよ。パンダの占める割合が。

まぁ、嫌なら見なきゃいいのか、この御時世。

週末、野暮用で仙台に行ってきたんだ。もちろん飛行機だ。
オレは飛行機に頻繁に乗るわけではないので、チェックインから搭乗までの時間の流れをうまくつかめていない。出発何分前になにをどうすればいいのか、いまいちピンときていない。
だから、時には時間ギリギリで空港内を走ったこともあれば、まったく無駄な時間をダラリと過ごすこともある。

今回も出発ロビーでポッカリ時間が空いてしまった。
同じような人はまわりにも多い。まぁ、飛行機の場合駆け込み乗車できるわけでもないから(笑)時間に余裕を持って行動するしかないもんな。

多くの人はスマホをいじっている。
SNSかな。最新ニュースのチェックかな。YouTubeで動画を見ているのかもしれないね。いやいやゲームをやっているのだろうか。ご苦労さんです。

その他、ひざの上にノートPCを広げてペシペシキーボードを打つビジネスマン。1分1秒を争う仕事をしているんだろうね。ご苦労さんです。

オレもそんなふうに時間を有効利用したいものだ。

そう思いつつ、オレのとった行動は「テレビを見る」だ。

また、テレビかよ!
うん、ロビーにテレビが設置されていて、ちょうどテレビの目の前の席が空いていたんだ。よく見るトーク番組が放送されていて。

遠くからは音声が聞こえない。もし、無音で画面だけが映っているのだとしたら、いくら時間を持てあますオレでもそんなもの見ていられない。そんなものクリープの入っていないコーヒーだ。って、いや例えが古くてダサいな。もっといいのないかな。
タコの入っていないタコ焼きってのはどうだ。ダサいな。
じゃあ、袖のないレインコートはどうだ。なかなかじゃないかな。
でも、やっぱり臭くないウンコってところか。

確認するためにテレビ近くに行ってみる。

音声は鳴っていた。

よかった、と思ってテレビの前の席に腰をおろす。
そこで音声が思ったより小さいことに気付く。確かに鳴っているのだが、とても小さい。かなり小さい。

場内に搭乗アナウンスが流れると、もちろんその音声はかき消される。いや、そんなもんじゃない。周りが割と静かになってもその言語を聞きとることは困難だ。
オレは座ったまま、できる限りの姿勢をとってグイっと顔をテレビに近付けてみるが、困難な状況は改善されない。

確かに音声は鳴っているんだ。笑い声なんかは聞きとれる。だけど、その会話は聞きとれない。トーク番組なのに。

オレもさ、まったくの無音だったら、すぐにその場を離れたと思う。
でも、確かに音声は鳴っている。

オレはできるだけテレビに集中して、そのトークを言語を聞きとる努力をする。

何をやっているんだ、オレは。

とても無駄な時間を過ごしてしまった。
もっと飛行機に乗り慣れないとダメだな、そう思った。

でも、やっぱり、なんだかんだ言って、オレは飛行機に乗るのが怖い。
死と直結している感じが怖い。
だから、できればあまり乗りたくない。着陸のときいつもホッとする。

いつまで経っても慣れることはなさそうだ。