いつも乗る地下鉄には、普通じゃない人たちがけっこう乗り込んでくる。
エロチカ的隠語で言えば「キョキョ」だ。(隠語か?)
子供ではないく成人したキョキョ達だ。
たぶん、沿線にそういう施設か何かがあるのだろう。

よく見かける光景がある。見かけるという、耳にするというか。

いわゆる「キョキョあるある」になるのかもしれない。
車内アナウンスを真似る、というあれだ。

「次は白石、しろいし~」

みたいな。それを大声で言ってしまうやつ。
周りの人は見て見ぬフリ、まったく聞こえないフリをするあれだ。
一度は遭遇したことがあるんじゃないかな、キョキョの車内アナウンス。

オレも何度も遭遇したことがある。キョキョの車内アナウンスに。
だから、特に驚くこともないんだが、この前ちょっと笑いそうになったことがあって。

ニュータイプが現れたんだ。

そいつは、オレが乗ってる間中、停まる駅停まる駅全部のアナウンスをしていたんだ。
それだけでも、ずいぶんタフな野郎だな、そう思っていたんだ。
そして、車内アナウンスに追加された新しいフレーズにオレは笑いそうになったんだ。

それは駅に停車して地下鉄の扉が開く時だ。

キョキョは大声でこう言う。



「ウィーン!」

擬声語だ。
扉が開く音を完コピしている。

初めて聞いた次の駅から、「ウィーン!」を待ちわびているオレがいた(笑)
もちろん、オレが降りる駅でも「ウィーン!」をやってくれた。

愉快なやつらだ。