2014年09月25日

「多」は、形容詞として十分認識されているかと思います。
また、副詞としての「多」もあります。たとえば、
「多听」「多读」など、「多+動詞」のパタンは、日本語としても成立しますので、理解しにくいものではないでしょう。

ここでは、少し難しい、補語としての「多」をテーマにします。

補語としての「多」には、差量補語と結果補語と様態補語の3つのパタンがあります。
今回は差量補語としての「多」について勉強します。

差量補語とは、何かと比較して、その差の数量を表す語のこと。たとえば、
    今天比昨天冷一点儿
    我比弟弟大
4岁
の赤い部分は、差量補語です。差の量は形容詞の後に置くことも忘れないでね。

「多」も差量補語の1つです。
    今天比昨天冷
    弟弟(比以前)高
    现在的生活(比以前)方便

    这个商店的东西(比其他商店)多
など、これらの「多」はすべて差量補語です。「多」は同じく形容詞の後に置くのですね。
日本語では、
    「今日は昨日よりずっと寒い」
    「弟は前と比べて、だいぶ背が高くなりました」
    「いまの暮らしは(以前より)ずっと便利」
    「この店の品物は(ほかの店より)遥かに多い」
と言ったりしますが、こういった意味の言葉を中国語で表現する際に、差量補語の「多」を使うことを忘れなければ、きちんとした中国語になりますね

お気づきのように、差量補語の「多」の後に必ず「」が付きます。それがないと落ち着かないのです

    ランキングに参加しています。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ  

小藤1



小藤ertengjing at 10:11│コメント(1)トラックバック(0)補語 | 時量・動量・差量補語 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by penguin   2014年10月10日 10:06
5 昨日はじめて拝見しました。
すごく簡単に理解しやすくこれからの勉強に重宝しそうです。

今後ともUPよろしくお願いします

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

小藤

Categories
Recent Comments