2014年10月10日

結果補語としての「多」は、さほど難しくないと思います。
動詞+「多」の形で、「〜をやりすぎ」という、マイナス的な意味になります。たとえば、
  他吃
  (彼は食べすぎた)
  他喝了酒就发疯
  (彼はお酒を飲みすぎると気が狂う)
  恐怖片看了对小孩子没有好处
  (ホラ映画を観すぎると小さい子供によくない)
などです。
なので、マイナス的な意味を表したい場合は、結果補語としての「多」(動詞+「多」)の構文が使われ、逆に、誰かに何かを薦めたい時には、たとえば、
  你吃点儿吧
  (もう少し食べてください)
  看书对脑子有好处
  (本をたくさん読むと頭がよくなる)
  学别人的长处才能进步
(人の長所をたくさん学んではじめて進歩する)
といった、副詞としての「多」(「多}+動詞)の構文が使われますね

「多」+動詞の構文は、時には人をマイナスイメージ的に言ったり、人を止めたりするときに使われますが、「過分に〜」という意味であり、「やりすぎ」と少しニュアンスが違います。たとえば、
  他总是多管闲事
  (彼はやたらと余計なお世話をする)
  你最好别多说话
  (余計な口を利かないほうが良い)
などです。

    ランキングに参加しています。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ  

小藤1




小藤ertengjing at 11:45│コメント(1)トラックバック(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by OKN   2015年11月15日 08:20
5 はじめまして
不是就是で初めて飛んできました

とてもわかり易い解説と事例でしばらくここで勉強できるのが大変嬉しいです。

ありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

小藤

Categories
Recent Comments