http://nskk-cdc.jugem.jp/?eid=27

第8回 たぶんか広場

 「たぶんか広場」
色々な国の文化や食に触れ、大いに語り、異文化体験をする軽食付きの講座です。
今までに韓国、北朝鮮、ミャンマー、イギリス、フィリピン、ブルガリア、中国、沖縄などを巡りました。

さて、今回は・・・・

「意外と身近なアイヌ民族」 

日本政府は、アイヌの人たちを「先住民族」だと2年前にやっと認めたのですが、
それがどういう意味なのかもあまり知られていません。
いまでも北海道にしかいない、クマを捕っている、などと思われがちですが、
日本中のどこにでも住んでいます。
アイヌの人たちは、どのような生活をしているのでしょうか?
なぜ、「いないようにみえるのか」などについても、
「名古屋出身」のEsamanさんにお話を聞きしましょう。アイヌ料理(オハウ・コンブシト)も作る予定です。

7月9日(金)午後7時~8時半
「意外と身近なアイヌ民族」

<お話> Esamanさん なごやアイヌ語に触れよう会

<会場> 日本聖公会 名古屋聖マタイ教会 ホール
(地下鉄「鶴舞線・桜通線」御器所駅下車4番出口南下 名古屋柳城短期大学北隣)

<会費> 1,000円 (食事代は含まれますが、ドリンクは別途お支払ください)


★7月5日(月) までに、お申込みください。

<主催・申込>日本聖公会中部教区センター
466-0034 名古屋市昭和区明月町2-28-1
TEL 052-858-1007 FAX 052-858-1008

*アルコールをお飲みになる方は、車での参加はご遠慮ください。
*準備の都合上、参加希望の方は、7月5日(月)までにお申し込みください。
*当日の参加も歓迎します。その場合もご連絡ください。
*Esamanさんは、この日の料理のレシピの研究のため、お年寄りに聞き取りをして、自宅で何度も実験。やや太ってしまったそうです。