2010年12月29日

日光浴作戦


P1000237
P1000236






トイレとトイレの天井

そそ^^トイレは青天井なんです。何度かUFOに覗かれた感じ。

冬の北陸の空はいつもどんよりです。少ない太陽君を求めて日夜移動実験^^
P1000238南側の窓辺なんですが






P1000239サンルームも最近では5度。
レタスも元気ありません。種まきは12月2日を最後に今年度営業終了。成長のおそい苗でなんとか越冬食いつなぎ作戦です。





esasani at 11:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0) レタス 

イチゴちゃんに花が

P1000241咲きましたぞ。年の瀬に、、、、
でね、耳かきの綿の部分でこちょこちょ。受粉作戦です。
おおお、つぼみがいくつかある♪イチゴケーキー♪

esasani at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) いちご 

青いトマト

P1000240青いトマトの処分^^
ジャムにするかとかいろいろ考えたのですが結局処分保留~~~~

放置して追熟パクパク作戦
      ぐはぁ~
これでも半分になったのですよ。
    カビ?
?発酵じゃあ^^^^^^



esasani at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トマト 

2010年11月04日

冬レタス

P1000231レタス艦隊室内分隊
ひさしぶりの日光浴で記念撮影
どうも冬栽培対策が見えません。まぁ、1年目は何事も経験でしょうが。いろいろ試行錯誤するよりないのでしょう。
本隊はまだベランダにいます。(寒さと雨でそろそろ限界?)

種は10日間隔で播いてます。寒くなるとやはり芽出しに苦労するのでしょうね。今のところ風呂の中で芽出しできないかと妄想中(24時間風呂^^) 加温設備、自作するのも考慮ですが。

esasani at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月29日

冬トマト

P1000229差し芽
差し芽のワク流コツはプランターの脇に「期待しないで差す^^」ってことでワケギ水耕プランター脇にブチ!!っとしました。

水より砂地のほうが根だしがいいようです。

トマトは2カ月ちょいで収穫ですが冬ですから例えうまく成長しても1月下旬~でしょうか。

冬の果物?として、来春は「いちご」と「トマト」。。。。。楽しみですね♪

esasani at 13:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0) トマト 

2010年10月27日

キュウリ 脇芽

P1000214脇芽くん、この寒さにたえ、なんとか生き残ってます。(現在収穫9本、目標20本)
根っこは生き生きしてますので、あとは天候次第ですね~。
(水耕してるとすぐ根っこで判断できとても便利です)

esasani at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) きゅうり 

トマトは水耕栽培がええ

P1000213ベランダのトマト4株(水耕)
店トマト(プランター土耕)がもう店じまい寸前なのですが、この子は元気いっぱいです。
・トマトは水耕栽培にかぎる。(格段に実つきがいい)
・トマトは差し芽でどんどんリフレッシュしたほうがいい。(場所が問題ですが)
ベランダトマト一株を室内に移動して冬トマトとするか、差し芽でふやすか(今からか^^)どんなもんでしょうね。(取りあえず差し芽してみますか)

esasani at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トマト 

2010年10月25日

パセリ 水耕

大暴騰パセリ 一束 1980円

P1000210食卓パセリ
じぇんじぇん減らないので^^食卓テーブルにおいといたら間延び^^



P1000211お店のテーブルパセリ
これもつかい方^^しらないので。。。。

お客さんが「これ勝手に弁当にのっけていいのか?」って

それは。。。。。


お客さんから1980円って教えてもらいました。信じられませんが^^。
すっかり放置のパセリが一躍スターの座についちゃったわけで、といって売り物でもなく別に得したわけでもなく、相変わらずおいしくもなく、そんなものなんで栽培したか自分でもまったく合点してないわけで

でもなんとなく理由もなく得した気分なわくです。

たしかに夏種まきしたスポンジパセリは全滅でした。かろうじてバーミキュライト(土)に植えた種が成長してます。

esasani at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) パセリ 

2010年10月21日

栽培容器

P1000208種まき容器
ウレタン容器にハンダゴテで穴明けアルミホイールで遮光してます。後はスポンジに吸水布を差し込んでます。

吸水布は業界^^ではフェルト?不織布とか使ってるようですが、化学製品はだめですね~溶けちゃうし、高いし^^。
いろいろ試してますが昔ながらの包帯、さらしに今ハマってます。
検討中
自然布はカビが生えるとの情報が^^なんかマイクロファイバータオルとか換気扇フィルターがええって。なかなか究極の布みつかりませんね~ただ、カビって自然^^なものでもあり、EM菌いれると問題ないかもしれませんね~

スポンジを養液につけとく方法もありますが、根っこがいろんなところから出て整理が大変ですし、まっすぐ根も伸びません。

P1000186育苗容器
力作です。。。。。でも今つかってません。



P1000209種まき、育苗兼用
そそ、横着っていうか合理的に

左はじぐらいになると収穫容器^^っていうか丼容器に移植します。
   なら丼容器に種まき?
発芽率が100%なら。

他にはペットボトル、お茶パックとかいろいろあります。それぞれ使い勝手があるのでしょう。ようはなんでも応用できるってことです。あ、ハンダゴテはおいたするのに必須アイテムですよ。(100円ショップ?)

密閉構造
養液が減る最大の原因は蒸発です。完全密閉だと^^死んでしましますので、首締めない^^程度に密閉がお得です。

遮光
白系統のウレタンだとすぐ藻が生えて根っこがいかれてしまいます。アルミホイルは嫌いですが、他に見当たりません。

esasani at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 栽培ノウハウ 

液肥

水だけで栽培を^^めざしてますが、今のところいれてます。
ヾ(=^▽^=)ノ

P1000207あちゃ、ピンボケ
別にボカス必要もないが。。。

ハイポニカ液肥
1リットル 1680円
4リットル 5250円

手前の注射器^^で500倍に薄めペットボトルにため込んでます。

高い?
営農用ってあります。一生分かな^^。農協あたりのコネで注文できるのでしょう。これ買うと水のように使えますが、あきっぽいワクには手が出ません。この肥料は無機、気分は有機液肥なのですがまだ試してません。

あと営農用ですが大塚ハウスがあります。水耕でも結構マニアック^^な凝り性さんが愛用してるようです。

肥料濃度メーター
もってません。何せ高い(10000~40000~。。。。)
いつもええかげんっていうかボケてますので液肥つくってる最中にA液、B液いれたかどうかわすれてしまうんです。(色つけろって^^)
まぁ適当に作りましょう(⌒∇⌒) 味がかわったほうが植物も喜びます。

ハイポニカ 500cc液肥(A・B液2本組)税込み価格ホームハイポニカ・植物栽培
ハイポニカ 500cc液肥(A・B液2本組)税込み価格ホームハイポニカ・植物栽培

ハイポニカ1L液体肥料お得!ホームハイポニカ液肥1リットル
ハイポニカ1L液体肥料お得!ホームハイポニカ液肥1リットル

ハイポニカ4L液体肥料お得!ホームハイポニカ液肥4リットル【送料無料】
ハイポニカ4L液体肥料お得!ホームハイポニカ液肥4リットル【送料無料】



esasani at 13:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 栽培ノウハウ