エスカルランド

ニコニコ動画、YouTubeにてカービィMADを主に投稿している通称・エスカルゴンの人のブログ。
ニコニコ動画作品リスト→http://www.nicovideo.jp/mylist/10710127
YouTubeチャンネル→http://www.youtube.com/user/216758D
メールアドレス→escar_ddd_94@hotmail.co.jp

良いニュースと悪いニュースが襲ってきた

デデププ新連載ですかー。新シーズンと言うべきか。つくづく驚かせてくれます。いや、下さいます(何故畏まる)。
去年、カメントツ氏のルポ漫画を読んで深く沈み、しかしそれでもこの漫画が好きだった事実は変わるまい、それで十分だと納得した矢先の復活。これで新連載だったら天にも昇る心地だ、と妄想しながら読み切りだと知っても十分嬉しかったここ数ヶ月。そして遂に12年越しの再開と来た。こりゃPSvitaやWii Uの詰みゲーにうつつを抜かしてる場合じゃないぞ。これを原動力にワシも製作を進めねば。

…と、これが良いニュース。

コロコロアニキを買うようになって、その単行本も手に取るようになりました。その一つがのむらしんぼ氏の『コロコロ創刊伝説』です。取り上げる漫画や企画的に私より上の世代向けな感じの作品ですが、それでもかつては夢中になったコロコロの軌跡を辿る実に興味深い漫画として読んでおります。あと、売り上げに貢献する為に。
のむらしんぼ氏の代表作と言えば『つるピカハゲ丸』ですが、私がコロコロを手に取った時は既に『バーブー赤ちん』が始まってました。一番読んだのは『ほっとけ!コジゾウくん』でGEしたがね。どちらも作中で見事に短命作品と紹介されてましたorz。うーん、現実は厳しい。
んで、何が悪いニュースかと言うと、コロコロ創刊伝説内でのむらしんぼ氏が運転免許を失効されてしまったエピソードが紹介されていました。それを読んでいて「うわぁ…お気の毒に…」と、もう一つ「なんか他人事に思えない」という奇妙な感情が浮かび上がってきました。なんで?免許失効とか俺に関係あるの?ええ、なんでそう思ったのか、それから2ヶ月後のつい先日。ふと自分の免許証を見てみる。

有効期限切れとるやーーーん!!!

なんで!?なんで気付かんとや!?更新のハガキ来てなかったのか!?もう、職場の皆様に言われました。ええ、来ておりませんでした。記憶に全く御座いません。なんでじゃ!歯医者の検診と車検のハガキはしっかり来てたのにさ!うわぁぁーー!俺、無免許運転やー!
幸い、6ヶ月以内だったので、いわゆるうっかり失効という奴でして、講習で取り戻せましたが。…ゴールドと引き換えに。ぐへぇ。ワシんとこは免許センターが100km以上先なので再交付の為に電車の旅です。誰の所為だ!俺だ!
道理でのむらしんぼ氏を他人事に思えなかった訳です。完全な失効に比べれば全然マシですが…。皆さんも免許をお持ちの方は忘れずに更新しましょう。

プププ編を読む

うわぁぁーーー!!チクショー!アイデア出ねーー!いや、アイデアはぎょーさんあるんやけど、うまくまとまらねー!あんなに楽しみにしていたLEVEL6製作がこんなに強敵とは…。ネタは沢山あるし、本筋のストーリーも決まっている。ボスの演出だってバッチリさ!…なのに!嗚呼!有象無象のネタは分散と集合を繰り返し、私をあざ笑うように宙を舞ってはまるで形を成さない!料理に例えるなら、作りたい料理の完成形は思い描き、必要な材料も集めた。作り方も分かっている。だが!盛り付け方がまるで浮かばない!分からない!そんな状況で過ごすゴールデンウィークでGEした。

と、愚痴はここまでにして、買いましたプププ編。

いや~、前回の繰り返しになりますが、ある時は思い出に浸り、ある時は新鮮な気持ちで、普通のコミックスとは違う感覚で読めるのだから、傑作選とはいいものです。俺の予想が消しゴムバブルしか当たらなかったぜチクショー。しかし思い返せば傑作はまだまだあった訳で、やはり泣き虫の鼻たれ小僧だった私を育ててくれた漫画であった事をしみじみと痛感します。いかんいかん。アイデアがまとまらないなどと泣き言言ってる場合じゃないぞ。

●追記
プププ編を読んでいて気付いたのですが、勇者カービィの回のなぞなぞが変わってましたね。単行本では「下は大水、上は大火事」だったのですが、「上は大水、下は大火事」になっています。
このなぞなぞ自体はよくあるもので、火を起こして風呂を沸かす事を指して「上は大水、下は大火事」とするものですが、連載時のデデププでは「下は大水、上は大火事」と逆に表記されていました。
当時小学生の私は友人に「上と下逆じゃね?」と問いかけたものの、その友人は「上に湯気が充満するから、上が大火事でいいだろ」などと言い出したでした。それを聞いた私は「ああ、もう火を焚いて風呂沸かす時代じゃないから変わってしまったのか」と納得し、幼少期に父の旧実家で入った五右衛門風呂に想いを馳せながら生意気にもセンチメンタルな気分に浸ったものです。
その後、別の漫画で同なぞなぞの答えを「やかん」としていたものでしたから、やはり時代の流れなのだと納得したのでした。つーかそれなら鍋だって何だっていいじゃねーか。それから10年ほど経って『旅』を作った時にはLEVEL7でそれをネタにしたりしてます。

…が!まさか傑作選として出た今になって直されるとは。単なる間違いだったんですね。なんだ!ピュアな少年ハートを混乱させやがって!許す!

●追記2
この記事を書いた翌日、一念発起して雑念を捨ててアイデアをまとめようと試みた所、一時間程度でまとまってしまいました。今まで悩んでたのは何だったのか…。大事なのは集中すると言う事ですね。「ポモドーロ・テクニック」様様やで

○余談
新しいハムスターを迎えました。前の子は狭苦しい小屋で窮屈な思いをさせてしまったので、思い切ってでかい小屋を購入。HAHAHAHA、こうしてPS4もSwicthも買えないまま次世代機の発売が迫る訳ですな。

デデデ編を読む

いくら最近いいネタが無いからって一ヶ月も更新無しはどうかと思ったので、今更ですがデデププ傑作選について語ってみます。

前号のコロコロアニキではスタアラ編に加えて最新話も掲載。25.5巻という粋な付録で登場したデデププことひかわカービィ。『死.tv』がいいところで休載に入ったもどかしさも吹き飛ぶってなもんです。そんな中で発売された傑作選『デデデ編』は発売間もなく購入しました。

全巻持ってる私としても敢えて傑作選という形で手に取る事で、ある時は思い出に浸り、ある時は新鮮な気持ちで、普通のコミックスとは違う感覚で読めるのだから不思議です。プラシーボ効果?結構結構。そんな効果をもたらす事自体が魔力なのだよ。『学級王ヤマザキ』も同じく全巻まだ持っているのですが、こちらも『トラウマEdition』を買ってみるのも良いかもしれんZOY。子供の頃のトラウマを呼び覚ます為に…。初期のリアル描写は子供泣きますわ…。大好きでしたが

話を戻して、このデデデ編。デデデ編なのに表紙はカービィ。中身もデデデ中心の回ばかりではない。そりゃそうだ。この「デデデ」とはデデデ大王の事ではなく、タイトルの「デデデでプププ」から取っているのだ。プププ編を知るまで気付かなかったぜ。
どの話が収録されているのか予想を立てて開いてみたものの、半分以上は予想外でした。影武者カパー、どくろ旅館、領土問題などはちょっと想像が付きませんでした。しかしさすが著者自ら選んだだけあって、どれも印象に残っている回です。特にカパーの回のラケットの下りは…ゲフッ。
その中でおもちゃデデデの回と「本音はつらいデ」はきっと入ってるだろうと踏んでいましたが、案の定。これらは傑作でGESね。個人的に幸せのペンダントの回や秘密警察ポームズの回はあるかと思ったのですが外れたZOY。おのれ!プププ編にはどっちか入るかな?もうちょっと言うと個人的な傑作回はデデデ探検隊、デデデ号、消しゴムバブル、Mr.ブライトの異常気象(気性)などなど…。この中のどれか一つでも入るか!?プププ編の発売は5月!暴走伝のデデププネタ導入にも身が入るぜ(ひかわ先生ごめんなさいorz)

○余談
ファミコン、スーファミに続いてメガドライブミニが発売。…これってWiiショッピングチャンネル終了でMDソフトがVCで買えなくなるからじゃないよな…?ンな訳ないと思っていても、たまたま自分の関心のある出来事と関連あるニュースがタイムリーに流れると必然を疑う哀れな蝸牛よ
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

エスカルゴンの人

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ