2022年09月29日

安倍氏国葬献花者25,889人

2022年7月8日に銃撃され亡くなった安倍元首相の国葬(国葬儀)が、昨日、2022年9月27日に国技館で執り行われました。
招待されて参列した人は4,183人だそうです。
そして、一般献花者の数は、最終的に25,889人だったようですね。

国葬反対を唱えて集まったデモ隊の人たちは、警視庁発表で500人だそうです。
主催者は15,000人って言ってるようですが。(笑)

ボクは自民党員でもなければ安倍信者でもありません。

でもね人が亡くなって、その死を悼むために何時間も列を成して献花する人たちが大勢居たんです。
その人たちの気持ちを1ミリも考えず、自分たちの主張を献花する人の近くで声高に叫ぶのってどうなんでしょうね。

あなたたちの大嫌いな安倍さんは亡くなったんだからもう良いんじゃないの?
そう思ってしまいます。

キリスト教圏には、自身の死をもって生前の罪を償うという考え方があります。
ボクはこの考え方が好きです。
好きというか、それを受け入れる冷静さをいつも持ちたいと思います。

そして、誰かを酷く憎むより、人が自分にしてくれたことを思って感謝するほうが、とても健全だと思います。
いえ、本来ならみんなそうあるべきだと思いますよ。
その方が人生楽しいじゃないですか。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月28日

アライドのスイッチの中身はBroadcom

allied-fs716txv2先日に続き、捨てちゃうネットワークスイッチの解体をしました。
今回のは、AlliedTelesis CentreCOM FS716TX v2です。

10/100BASE-TXの16ポートスイッチです。
今となっては用途が限られたスイッチですね。

分解してプロセッサのヒートシンクを剥がしたらBroadcomのチップが出てきました。
この分野では寡占状態のBroadcomですが、いつからこういう感じになっちゃったんでしょうね?

逆にどのメーカーのスイッチを分解してもBroadcomなので、なんか怖くなります。

あっ、でもこのスイッチは10年以上前なので今は事情が違うのかな?
ese_admin at 12:30|この記事のURLComments(0)

無線ルータ付けといて

パイラックで無線ルータ留めバッファローの無線ルータを邪魔にならないところに付けておいて、と言われて取り付けた様子がこちら。

H鋼にパイラックという固定金具を使ってインシュロックで二重に縛りました。

システム屋の仕事としてはかなり雑っぽいですが、ま、落ちてこなけりゃOKです。
じゃあ正式な取り付け方はどうかといえば、プラ箱を取り付けてCD管でケーブルを引っ張ってくる方法かな?
それはシステム屋の仕事じゃなくて電気工事屋の仕事ですよね?

ということで、これでOKです。(笑)
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月27日

岩倉桜募金

岩倉桜募金愛知県岩倉市には桜の名所として五条川があり、春になるとその川の両サイドの桜は本当に咲き誇ります。

その桜を支えるための募金があるというのを最近知りました。
こういう募金箱が、岩倉市内の飲食店に置いてあるようです。

五条川の桜は老木が多く、定期的に計画を立てて世代交代させないといけないんじゃないかな?と思っていましたが、そういう桜の木の入れ替えなどに、こういう募金が使われているんですかね?

少し検索してみたら、桜の保全のために色々な企業や団体が岩倉市に寄付をしているということが分かりました。
活動しているのは「岩倉五条川桜並木保存会」というところのようです。(写真の募金箱にも書いてあった(笑))
こういう人たちがいるから、今のキレイな桜並木があるんですね。感謝です。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

静岡市清水区の大規模断水が起きた理由、報道されない理由

これはボクが感じた思ったことですが、9月24日(土曜日)に発生した台風15号の影響による洪水被害とその後の断水被害について、ボクもこの月曜日に沢山情報取集してなんとなく理解したことを書きます。

土曜日の台風被害で静岡市清水区の多くの地域で洪水被害が発生します。
清水区は静岡市の人口の半数が生活する地域で、その清水区の8割の範囲で断水が発生します。
25日の昼時点で5万世帯が断水し、給水需要が高まります。
その給水需要は激甚災害レベルに達しており、自衛隊による災害救援が必要と被災者はみな考え始めます。
しかし、以前から静岡市長と静岡県知事の仲は最悪で、それが影響したのか市長は知事に自衛隊救援要請のお願いをしません。
代わりに市長は以前からつながりのある他県の市長に給水車の支援要請をします。
その中には名古屋市も含まれていて、名古屋市は早い段階で給水車と市職員の派遣をしています。
給水の必要があまりにも高まり、海上保安庁の船舶が給水のために静岡市に向かい給水活動を始めます。
自衛隊も災害派遣の準備をし、いつでも静岡市に出発できる状態になります。
しかし、静岡市長は静岡県知事に自衛隊派遣を要請しません。
静岡県知事は有名な左翼政治家で、リニア鉄道工事を「県民の命の水を守る」とか言って工事させない人です。
国内の多くのマスコミはかねてから左翼思想に染まっているので、左翼政治家の静岡県知事が不利になる報道はしないように思えます。
その結果、静岡市清水区の惨状は多くのマスコミから取り上げられない状況に陥ります。

その後、自民党本部から静岡県知事に「自衛隊に災害派遣の要請をするように」と要請されて、静岡県知事はやっと自衛隊に災害救援要請をします。

ボクが収集した情報を要約するとこんな感じです。
この内容が間違っていたらご指摘ください。

で、これはボクの勝手な推測ですが、この推測が事実だとすれば一番の問題は市長と知事の不仲です。
そして、静岡県知事を擁護するためにマスコミが報道しないことで、何が明らかになったかといと

「県民の命の水を守る」どころかその日に必要な水すら届けられない偽善的な静岡県知事の醜態

だと思います。
本当にボクは、こういう非常事態時に人間の本質が現れると思います。
静岡県知事なら周辺自治体に静岡市に対して救援要請すべきです。
でもそれをしなかった。

静岡市長も悪いけど、静岡県知事も悪いと思います。
どちらかが大人な対応をしていたら、住民ファーストの行動をしていたらもう少し実際的な対応ができたんじゃないかと。

ま、この辺りのことは今後、ちゃんとネットメディアを中心に総括してほしいです。

一方で、民間企業、個人の人たちが今回頑張っているのは大きな救いです。
自費でペットボトルの飲料水を被災地に届けるなんて話も伝え聞いています。
困った人のために、自ら行動する人たちの活躍に心から感謝したいですね。
ボクもできることをしたいと思いました。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月26日

静岡市清水区の断水

週末の台風一過で静岡県静岡市清水区が大変な被害が出ていて、今もなお断水が続いているようですが、一方で主要メディアが断水と現地の惨状を全然取り上げてくれなくて困っている、という悲痛な叫び声がTwitterを中心に拡散しています。

こちらは、はてな匿名ダイアリーの投稿です。
https://anond.hatelabo.jp/20220925002057

ボクも主にTwitterで清水区の惨状を見ていました。
地下道が完全に水没していたり、駐車していた自動車が水没していたり、こりゃ大変だと思いましたが、現地ではその数十倍大変みたいです。

テレビのニュースで名古屋市上下水道局が支援のために給水車と職員を派遣した、なんてことも報じられていましたが、現地の現状との間に結構な温度差があるようです。

大変な思いをしている現地の人たちの多くが「なぜメディアは取り上げてくれないんだ」と苛立っているようですが、メディアに期待しても仕方ないんじゃないかな。
台風被害より国葬反対デモを報じたいんですよ。多分。

ただ今の時代、ネットで個人発信できますから、そっちで実情を拡散するしかないと思います。
メディアを介さない支援の輪は、必ず広がって困っている人たちに届くと信じます。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

ギザなし100円玉と新500円硬貨

ギザなし100円玉と新500円硬貨ボクのもとに初めて新500円硬貨が来ました。

真ん中の色が違っててきれいなデザインですね。
この500円硬貨は、腕力を鍛えるために真ん中の色の違う部分を両手の親指でギュウギュウおして、中抜き500円硬貨を作ろうと思います。(はい、それ普通に違法ですw)

もう一つはギザなし100円玉です。写真の2枚の100円玉の左側ね。
こういう100円玉は製造時に起きるエラーコインではなく、パチンコ屋さんのパチンコ玉研磨機に入り込むことで出来上がります。
ボクが子供のころに初めてツルツルギザなし100円玉を見て、誰かから教えてもらいました。
多分、昭和な時代の話です。

そのころからパチンコ玉研磨機というのはあったみたいで、そこに100円玉が入り込んでしまうと、こういうギザなし100円玉が出来ちゃうみたいです。

オークションサイトなどでエラーコインとして売られているのも、基本すべて研磨機ツルツル加工なので騙されないでくださいね。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月25日

習近平軟禁の噂

中国の習近平主席が北京で軟禁状態になっているという噂があります。今日、いっきに世界に拡散した話です。

そして多分、多分デマだと思います。

でも今、世界ではSNSでTwitterでその話題で持ち切りです。

デマというのはそれを強く望む人たちによって拡散する性質があります。
今回はそういうものかもしれないですね。
ese_admin at 23:00|この記事のURLComments(0)

動作不安定のH3C S3100

h3c-s3100-8先日、客先から引き上げてきたH3CというメーカーのS3100というスイッチを分解しました。

動作が不安定になって、撤去したスイッチです。
症状は定期的に再起動するようで、多分電源部分の劣化でしょう。

ということで確認のために分解したんですが、電解コンデンサの膨張など、見た目で分かる問題点はありませんでした。

このH3Cというメーカーは、もともと3Comというアメリカのネットワークスイッチメーカーと、中国のファーウェイが合弁会社を作って、ファーウェイスリーコム(H3C)という会社ができて、その後、H3Cテクノロジーズに社名変更、親会社の3ComをHPが買収し、なんやかんやでHPのネットワーク部門に吸収されたという経緯があります。

そしてここからが重要なんですが、2004年頃からこの手の製品にはライフタイム保証という名の永久保証が付けられるようになりますが、今回のこの製品もその対象でした。
なので「ライフタイム保証の申請をしてみた!」的な記事をまとめたかったんですが、客先の担当者が飽く無き探求心を持っている人で、故障したスイッチの中身が見たくて分解しちゃったんです。
このスイッチは10/100BASE-Tポートが8個、1000BASE-T/SFPが1つついていて、管理機能も付いています。
その管理機能がついている関係、言い換えるとソフトウェアがインストールされているため、ケースのビス留め個所の1か所に封印シールが貼られていました。
そのシールを客先の担当者が剥がしてしまっていたため、多分保証は受けられないな、と判断してボクも同じように分解してみました。(同じ穴のなんとやら・・・)

ま、分解してみて面白そうな部分が無かったのが残念なんですが、もしライフタイム保証が通ったら、現行のどのあたりの機種がもらえるのか、興味があったんですけどね。
また、この手の話題があったら記事にしますね。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月24日

ネットワークスイッチは予備交換すべき

以前、大手Sierの人と話をしていて印象的だった話なんですが、ネットワークスイッチは壊れる前に交換することをユーザーに理解してもらう必要がある、という話を教えてくれました。

その人は、それなりの規模のネットワーク構築ばかりしている人で、基幹システムのネットワーク周りをスパニングツリーで冗長化する案件をよくやっていた人でしたが、冗長化しないネットワークではスイッチやルータは基本的に機材を予備交換することで正常なネットワークを担保するという話をしていました。

例えば、社内に8ポートのスイッチが1台しかない環境なら、ネットワーク障害が発生した時、スイッチかルータを疑えば良いだけです。
問題の原因をすぐに見つけることが出来ます。

でも、社内に30台のスイッチがあるネットワークでは、ネットワーク障害が発生した時、どのスイッチが壊れているのか、見つけ出すのに時間が掛かります。

いえ、ちゃんとしたネットワーク結線図が作成され、更新運用管理されているなら障害箇所は見つけやすいです。
でも、それでも故障したスイッチを断定するのには時間がかかります。

その間、社内の一部の業務は止まってしまいます。
止まった業務や失われた時間を取り戻すには、余分はコストが必要になります。
そして、そのコストは多くの場合、故障したスイッチの購入価格をはるかに上回ります。

ウチの会社にも「ネットに繋がらない」とか「社内サーバに繋がるPCと繋がらないPCがある」なんて連絡があり、代替スイッチをもって客先に駆け付けることが結構あるんですが、その駆け付けている間も業務は止まっているわけで。

そういう目に見えない損失をユーザーに説明して、可能ならメーカー保証が切れるタイミングでルータやスイッチを交換してもらうとか、少なくとも導入から5年以上経過しているネットワーク機器は予備交換してもらうようお願いし理解してもらうことが大切だそうです。

こういう考え方って大切だと思います。
つい、ボクなんかは壊れても修理しようとか、古い機材を大切に使い続けることに価値がある、なんて考えがちですが、仮に年商10億円の会社で、年稼働日260日で、1日の稼働時間が12時間の会社があるとすると、1時間当たりの平均売り上げは32万円になります。
その会社の業務が1時間止まると32万円の損害ということになります。

そういう現実を理解してもらえるよう、日々ITインフラの価値を説明しないとダメなんでしょうね。

2003年製のDELL PowerConnect 2508を今まで使っていた人の価値観を全否定しないといけないですね。(笑)
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(1)

2022年09月23日

ブログサイト「痛いニュース」、更新止まって1か月

ボクも利用しているライブドアブログですが、このライブドアブログがサービス開始した初期のころから盛り上げていたブログサイトに「痛いニュース」があります。

2chのまとめサイトです。
まとめサイトの中でも老舗の部類のブログだと思います。

その「痛いニュース」が、2022年8月20日を最後に更新が停まっています。

ボクもたまに見に行っていたんですが、更新が停まってしまうととても心配になります。
管理者さん、どうしちゃったんですかね?
このまま、更新されずサイトが閉鎖という事例を過去に見たことがあるので、そうならないか心配です。

だからと言って、こちらからできることは何も無いんですが。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

DELL PowerConnect 2508解体

DELL PowerConnect 2508解体DELL PowerConnect 2508という古いネットワークスイッチを解体廃棄しました。

もうずっと使っていなかったスイッチで、もうこの先使うこともないので廃棄です。

このスイッチは調べてみると、2003年4月に発売されました。
当時の価格で64,800円です。

オールギガビットのスイッチの中ではかなり安い部類のスイッチだったと記憶しています。
中身は台湾のアクトン社製です。

ボクの職場でも普段使いは全然していなくて、たまにサーバのセットアップをする時に電源を入れるという感じでした。

性能については最初期のギガビットスイッチで、ジャンボフレームにも対応していなかったと思います。

ただ、今回廃棄に至った一番の理由は、消費電力が多いからです。
最大消費電力は150Wにもなります。通常でも80Wぐらい使ってたんじゃないかな。
ファンの音も大きいし、発熱もそれなりにあったんですね。

もし常時100Wの消費電力なら、年間コストは17,000円ほどになります。(1kWh=20円で計算)
現行のアライドテレシスの8ポートギガビットスイッチなら、13Wで年間2,200円で済みます。
こういう話って、エアコンとか冷蔵庫にも言えますね。

なので古いスイッチは残念ながら解体です。
ちょっともったいない気もしますが、ギガビットスイッチは職場にいくらでも落ちてるので、トコロテン式に廃棄していかないとモノだらけになります。

あっ、古いネットワークスイッチとかルータは、この消費電力の面からも買い替えを検討したほうが良いかもしれませんよ。
半導体製品の省電力化は、ユーザーの予想を超えるレベルでこれからも進むと思います。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月22日

Buffalo TS-WXLのファームウェア 1.65

コメント欄からのご質問に軽くお答えします。

Buffalo TS-WXLの古いファームウェアのダウンロード先は、探せば色々ありますが、Softpediaが手軽です。

Buffalo TS-XEL/R5 NAS Firmware 1.65 - Softpedia
https://drivers.softpedia.com/get/HDD-SSD-NAS-USB-Flash/Buffalo/Buffalo-TS-XEL-R5-NAS-Firmware-165.shtml

ただ、こういうファイルは自分で探す術を持ったほうが良いです。
こういうブログで取り上げると、少なくともソフトウェアの権利はメーカーが持っていて、古いファームウェアの公開をメーカーが良く思っていない場合、公開の停止と削除をSoftpediaなどに依頼するかもしれません。

なので、ブログで取り上げるリスクって意外とあると思います。

ま、このブログは知名度が低いので、そこまで影響力はないかな?(笑)
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

50Hzと60Hzが混在している地域

先日初めて知ったんですが、日本の商用電力の周波数は東日本が50Hz、西日本が60Hzに分かれているにも関わらず、同じ地域内で混在している場所があるそうです。

例えばこんな感じ。

新潟県
60Hz 佐渡市全域、妙高市・糸魚川市の各一部
50Hz それ以外の地域

群馬県
60Hz 安中市・甘楽郡南牧村・吾妻郡の各一部
50Hz それ以外の地域

長野県
50Hz 佐久市・松本市・大町市・飯山市・小諸市・安曇野市・下水内郡栄村・下高井郡野沢温泉村・北安曇郡小谷村・北佐久郡軽井沢町の各一部
60Hz それ以外の地域


詳しくは分からないんですが、これって同じ市町村、同じ地域の中に50Hzと60Hzが混在しているということなんでしょうか。
それとも、国道の西側は60Hzで東側は50Hzというエリアとしてはっきり分かれているんでしょうか。

多分、電力会社の供給の関係で混在していると思うんですが、例えばその地域で戸建てを建てて、電力会社を自由に選べるとなったら、それはそれでちょっと面白いな、と思いました。

ネット上には意外に、この混在地域の情報が無くて、本当のところどうなってるのかは分かりませんでした。
ま、そういう地域ならではの問題や苦労もあるんでしょうね。
いつか、自分の足でそれらの地域を探索してみたいものです。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(3)

2022年09月21日

ワードサラダって何?

先日の意味不明、解読不明なコメントを投稿されたことにボク自身困惑し、一体どういう意味なの?と、このブログの読者に問いかける記事を昨日の昼に書きました。いえ、昼に書いたというか昼に公開されるよう予約投稿しました。

それから時間をおかず

「ワードサラダ」ではないかと…

とのコメントを頂きました。
コメントくれた方、あざーっす!

ただ、ボクはこの「ワードサラダ」というものを知りませんでした。
当然すぐに調べます。

分かりやすい解説をしているサイトがいくつもありましたが、以下のサイトの説明が分かりやすいです。

ワードサラダとは?意味からリスク、使ってはいけない理由まで解説 AIアナリストブログ
https://wacul-ai.com/blog/seo/internal-seo/word-salad/

ワードサラダはSEOに悪影響を及ぼすのか?誕生した背景も解説 プロモニスタ
https://www.willgate.co.jp/promonista/seo-word-salad/

ボクがざっくり説明するなら、アフィリエイト収入を得たい人たちがGoogleなどの検索上位を狙うために編み出した裏技の一つが「ワードサラダ」のようです。
意味のない文章をシステムで作り出して、情報過多なWebコンテンツを自動作成する仕組みです。

ボクが今まで「ワードサラダ」というものに出会わなかったのは、ボクがSEO界隈の人間ではなかったのと、Googleの対策でワードサラダの掲載サイトに出会わなかったからだと思います。

何ともネット界の闇ですね。

ちなみに、ワードサラダではない方法でアフィリエイト収入を得ようとする行為について、ずっと以前にこのブログで記事にしたことがあります。

記事のリライト 似非管理者の寂しい夜
http://blog.livedoor.jp/ese_admin/archives/51422542.html

14年前の記事ですが、ボクはこの頃から同じような考え方みたいです。(笑)
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

「入力したフォルダーは有効ではないようです」エラーの対処

Webdavを使って、Windows10などの端末PCのリモート保存領域を作るとき、エクスプローラでPCを開き、コンピュータタブをクリックして「ネットワークの場所の追加」開き、Webdavのアドレス「https://hogehoge.co.jp/webdav/」などのURLを入力し、その後、ユーザー名とパスワードを設定しますが、この時に

「入力したフォルダーは有効ではないようです。別のフォルダーを選択してください。」

というダイアログが出てニッチモサッチモ行かなくなることがあります。
その場合の対処法ですが、エクスプローラでPCを開き、コンピュータタブをクリックして「ネットワークドライブの割り当て」を選び、フォルダー入力の部分に「https://hogehoge.co.jp/webdav/」を入れると普通にWebdavに接続できます。

この方法を知るまでは「入力したフォルダーは有効ではないようです。」のエラーが出ると絶望しかなかったんですが、こんな簡単な方法でエラーを回避できると最近知りました。

Webdavって自鯖で運用するといろいろ便利な機能ですが、なんかいまいち不安定な感じがするんです。
でもこういう対処法を知っていると少し使う気が高まります。
きっと、忘れたころにこの問題は再び遭遇すると思うので、備忘録として残しておきます。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月20日

誰が書いたんでしょう?

このブログにはたまにコメントを書き込んでくれる方がいます。
その多くには感謝しかありません。

ただ、昨日のコメントはちょっと理解不能過ぎて戸惑っています。
まずその全文をご紹介します。

稼ぐ力電気がアッテモ見イダセヌ神中国地方は遷都
2022/09/19 03:41
内政干渉を外征干渉の境が、曖昧[あいまい]、複雑[ふくざつ]、中継都市の喪失 長崎に、世界二度目の原子爆弾がおちる、日本陸軍、一撃必殺日本魂^杞駝韻楼嵬笋頬れない△△犬△砲瓩い錣をかけた恨み骨髄 鬼子虎狼 狂った黄色いアジア猿扱い 松下電器産業の幸之助氏が中国で奮起 アジア大陸を、小さな国、日本と、大海原の太平洋の資源を守るんだだい涼罅∋Δ垢、殺されるかなんだよ、動物界 植物界 アメーバ、食虫植物´↓㊙㊟世の中には、一万人、八百萬人いれば、ひと それぞれに、意見が違い いわば、いままでの戦争や動乱、飢饉、天災、土壌性・地理面と点により、[評価] 労働成果ぶつや貴重な心理学、水か宝石か 小林秀雄、哲学の話で。※黒崎政男の「デジタルが 公私の境を壊す」現代国語は政治家、文化庁長官 宗教庁は 野党はポーズを気にする されど罪人は竜熊と踊る 最近のふざけすぎ民放連CMや 平成や令和の質の低下 万民に、とっつきやすい より テレビをラジオを みみできく、鼻で予感を匂う めめ[両眼]でバランスを好む、嫌う [おかしいだろ、おかしくないだろう 君しか勝たん という、ひょうげん、昭和の演劇や歌謡や、ホームドラマの題名が、世界文化遺産だ 令和では、稼ぐ、チカラとして 食っていけない カジノでお茶濁しおおさかは、あくまでしょうわのじだいに、つうよう、したこと、だから 海外にも、ミレニアム 世紀を超えた、感動を、生きがいを、というが、一人、一人が、レベルアップしないと国民的意識や気質の維持はできないし、退化は止められない 対価は中継ぎ圏のモデル商都強がりや工場風景がなくひたすら高層コンクリート群を大都会と妄信は、世界の小国の うちもマカオには 大阪で無理とアメリカアナリストこのままだとエンタメ足らず負債の温床府にあきれがお また負債失敗タイガース


このコメントは「原発再稼働」についての記事につけられたコメントでした。
原発についての話題は、少し政治的な性質もあるので、ボクの意見に賛同しない人もいるだろうな、ぐらいの予測は持っていましたが、このコメントはどう判断したら良いんですかね?

そもそも、日本人じゃないですよね。
中国人ですかね?韓国人かな?
うーん、よくわからない。
でも、ちょっと気になったので記事にしてみました。
なんだろ、謎です。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(1)

SMART情報が「注意」のHDD

端末PCのハードディスクが、ここ2,3年のうちにSSDへと変わりつつある現状で、PCパーツの中古市場には中古HDDの球数が今後減りつつある、なんて話をよく聞きます。

それは主にSATAインタフェースのHDDに限った話ですが。

ウチの会社は昔からPCの廃棄やPCサーバの廃棄の関係で、廃棄業者とのつながりが多くあり、そういう業者は中古PCパーツも扱っているので、中古パーツ市場の動向も聞くことが多いです。

興味深い話として、何年も前から中古HDDの市場では、CrystalDiskInfoというフリーウェアの診断ツールの診断結果を重視する流れができてきました。
CrystalDiskInfoは主にSATA HDDのSMART情報を参照して、それに対して「注意」「危険」「異常」などの判定をします。
この判定が、中古HDD市場の品質判断基準になってきたのが今から10年ぐらい前からですかね?
いえ、この判断基準をいち早く信頼したのは中古HDDを購入していた購買層だったと思います。

今のような中古パーツ販売店は20年以上前からありました。
そして、普通に中古HDDも売られていました。
そんなお店で買った中古HDDを購入者が持ち帰り、CrystalDiskInfoで診断して「注意」と診断されると、買ったお店にクレームを入れるという事例が10年ぐらい前から頻発したそうです。

中古HDD購入者は「CrystalDiskInfoで注意と出たんだから、このHDDは不良品だ」と訴えるようです。
ただ、その時点でそのHDDは正常動作しているんですけどね。

正常動作しているなら、中古HDDとしての品質を確保してるんじゃね?と思いますが、CrystalDiskInfoが「注意」と診断しているのも事実なので、次第に中古HDDを販売する側もCrystalDiskInfoの診断結果を受け入れるようになります。

この時点でボクの個人的な判断基準を説明したいと思います。
SATAハードディスクにはSMART機能がついていて、そのSMART機能はそれなりに機能していると思います。
SMART情報の値が危険な状態になると、デスクトップPCやノートPCは、BIOS起動時にSMARTエラーを出します。
その段階でユーザーに「搭載HDD、ヤバいっす!」と伝えるわけ。

そして、それをきっかけにデータのバックアップだとか、HDDの交換を行うユーザーは多かったです。

ただ、BIOSがSMARTエラーでOS起動を一旦止める状況よりも前に、CrystalDiskInfoの「注意」警告が出るのが今の現状です。

SMART情報は、ユーザーがHDDの保存されたデータを失わないように、前もってHDDの健康状態をユーザーに伝える目的で作られた仕組みのはずなんですが、CrystalDiskInfoはかなり早い段階で、「注意」「危険」「異常」の情報を発信します。

そのようなHDDを搭載したPCは、BIOSのSMARTチェックを普通にパスします。
なのに、CrystalDiskInfoは「注意」「危険」「異常」などの警告を出すわけ。

これって、SMART情報と実際にHDDが壊れる状況をどれほど近づけるかどうかという話です。

ボクが以前に経験したのは、CrystalDiskInfoが「注意」と診断したHDDを、その後、2年半以上、端末PCで使い続けた事実です。
壊れるかもしれないHDDを2年半以上使い続けて何の問題もありませんでした。

なので、ボクはSMART情報には一定の信頼を寄せていますが、CrystalDiskInfoの「注意」という判断は実際のところどうなの?と考えてしまいます。

ま、中古パーツの流通に限って言えば、購入する側はハズレを引く可能性が低くなるので、良いんでしょうね。
ある程度、稼働し続けてきた中古HDDは、それまでの稼働実績があるから安心、なんて話も過去に聞いたことがありますし。本当のところは知りませんが。(笑)
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月19日

西鉄バスの運休と台風14号



ツイッターの動画です。
今回の台風14号で滅多に運休しない西鉄バスが運休を決めたそうです。

普段はこの動画程度の台風でも運航する西鉄バスが、路線を止めるということは、それだけの台風被害を予測しているということで話題になっていました。

19日の午前に丁度、福岡辺りを通過するみたいですが、どうぞその地方の皆さん、お気をつけて。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

古い蛍光灯照明器具の修理

蛍光灯修理10Wの直管蛍光灯の照明器具が壊れたので修理しました。

症状は全く点かなくなるというもので、ボクは安定器の故障だと考えていました。

で、修理内容は安価なLEDテープを大量に貼り付けて、安定器、グロー球ソケットなどを外して、12V小型ACアダプタを内蔵して、なんちゃってLED照明にするつもりでした。

蛍光灯修理ところが、分解を進めるうちに、蛍光管をつける左右のソケットの内部のはんだ付けが完全に取れているのを見つけました。

左右のソケットに4つの接合部がありますが、半田が取れていたのはそのうち3つ。

念のため、4つすべてのはんだ付けをし直して、無事に修理完了です。

そうなんですよ。安定器が壊れる時って、ブーンというハム音が出ると思っていたんで、今回、突然死した安定器がどういう状況なのか、よく分からなかったんです。
ま、この程度の修理で直ってくれたので助かりました。

まぁ新品に交換しても3000円も掛からないんで、自分で修理するのが果たしてお得だったのかどうか分かりませんが。

とりあえず、把握していなかった故障原因が発見できたのは良かったです。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月18日

横浜家系ラーメン瑞穂大和家に行ってきた

瑞穂大和家東京都西多摩郡瑞穂町にある横浜家系のラーメン屋に行きました。
瑞穂大和家というお店です。

ボクはラーメンは好きですが、ラーメンマニアというレベルではないので詳しくは分からないんですが、細かい解説できないまでも、とても美味しいつけ麺を食べました。

瑞穂大和家それがこちら。

つけ麺の大盛りです。
それ界隈の人が聞いたら怒っちゃうかもしれませんが、ボクが今まで食べてきた横浜家系のつけ麺って不味いお店はありませんでした。
どこも美味しかったです。

そして、このお店も変わらず美味しかった。

横浜家系ってどこも一定レベル以上のお店が多い気がします。

で、今回のお店ですが米軍横田基地の目の前のドン・キホーテの併設店舗なので、ボクが行ったのは夜の時間でしたが、米軍関係者と思われるお客さんが多かったです。

多分、外国人にも人気のお店なんでしょうね。
この近辺には仕事で良く行くので、また行きたいです。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月17日

コモアブリッジ

コモアブリッジ先日、たまたま走っていた山梨県内の一般道から見えた珍しい建物です。

鉄道駅から山の上に向かって斜めにエレベータというかエスカレータというか、そういう移動用の施設です。

結構長い距離、山の上まで続いているようで、この施設自体にとても興味がわいてきました。

で調べてみたら「コモアしおつ」という1980年代に開発されたニュータウン、分譲地が山の上に広がっていて、そのニュータウンと駅(四方津駅)を結ぶ長さ210mのエスカレータと斜行エレベータがあるのがこの施設「コモアブリッジ」ということが分かりました。


動画も見つけました。
内部の様子が分かります。

色々調べてみると、このエレベータとエスカレータの利用自体は無料ですが、山の上のニュータウンの住民が維持費を負担しているようです。
その額、町内会費として毎月6,500円だとか。
この町内会費にはこのコモアブリッジの維持費とCATV利用料、その他一般的な町内会の費用が含まれているそうです。ただ、ネットで拾った情報なので間違っているかもしれません。
あと、このニュータウン内の家を買う際にも一時金として100万円必要になるとか。
これもコモアブリッジの維持に使われるんでしょう。

建設当時の建設費は40億円だそうです。
ニュータウンの戸数は1200余りで、1世帯毎月6,500円支払っていて、毎月780万円の町内会費が集まるとして、年間9360万円です。
ここからコモアブリッジの電気代と各種メンテナンス費用、設備更新の積み立てと税金を支払ったとして、加えて町内会が支払う他のコスト、CATVの利用料などが出て行って、果たして40億円の施設をこの先ずっと維持できるのかな?と心配してしまいました。

ええ、ホントに余計なお世話な話ですけどね。(笑)
「コモアしおつ」の中古物件は築28年で2000万円から2500万円ほどで売られています。
新宿まで1時間20分で行けます。
ニュータウンの立地としてはまだまだ需要があるんでしょうね。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月16日

一日中モーニング??

ツルシ北島店岐阜市内で見つけた看板です。
インド料理のお店で、ツルシ北島店です。

看板に「一日中モーニング」とデカデカと書かれていますが、うーん、言いたいことは分かる・・・分かるけどもう少しほかの言い方は無かったの?という文言です。
ただ、勢いだけは伝わってきますね。(笑)

日本人スタッフが考えた文言なら、ネタ的なものを狙ってたんでしょうか?
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

七宝総合体育館の豪華さよ

七宝総合体育館愛知県あま市にある七宝総合体育館という施設がなかなか迫力があって素晴らしかったので写真に収めました。

元々この地域は愛知県海部郡七宝町という町で、七宝焼きという工芸品で有名な地域です。
七宝は「しっぽう」と読みます。
2010年に市町村合併され、海部郡甚目寺町、海部郡美和町と一緒になり「あま市」ができました。
今ちょうど、新しいあま市役所を建設してるんじゃなかったかな?

七宝総合体育館そして、この体育館は七宝町時代に建てられたものだと思います。
少し興味がわいたので国土地理院の航空写真で確認したら、1982年11月の時点で基礎工事をしている様子が写っていたので、恐らく1983年頃に完成したんじゃないかと。

ただ、七宝町という町の規模に対してもの凄く豪華だと思いません?
当時の七宝町って2万人ぐらいの町でしたからね。
多分、この施設は七宝町という行政が建てたんじゃなくて、愛知県が建てたんじゃないかな?
詳しくは分かりませんが、そんな気がします。

七宝総合体育館建物のデザインは有名建築家が関わってるのかな?と思わせるデザインです。
窓ガラスも多用され、お金かけて作りました感満載です。

最初に見つけたとき、なんだかゲームの中のラスボスがいる神殿ような建物に見えました。

というか、この体育館を見つけたのはつい先日なんです。
今まで結構、この地域は来ていたんですが、今まで気づかなかったのが不思議です。

この建物についての新しい情報が入ったら、また記事にするかもです。


ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月15日

中国国内で行われるペットのクローン


Twitterの拾い物です。
現在、中国国内では可愛がっていたペットが死んだあと、クローン技術で元のペットと同じペットを複製するというビジネスが繁盛しているそうです。
このようなビジネスは2018年頃から一般に知られるようになり、中国国内の富裕層の人たちが多く利用しているようです。

この話題について他の新聞記事も読みましたが、費用は2020年には犬が38万元(現在のレートで780万円)、猫が25万元(515万円)だそうです。

上記のツイートでは犬が25万元となっているので、少し値下がりしたのか、小型犬だからこのお値段なのか分かりませんが、いずれにしてもそれほどのお金を支払ってでも死んだペットのクローンを手に入れる人がいるということです。
多くは中国人のお金持ちのようですが、過去には日本人が中国まで行きペットのクローンを依頼したそうなので、国籍や人種に関係なく、こういう依頼をする人がいるということのようです。

ボクはこの手のニュースを聞くと、何とも気持ち悪さを感じてしまいます。
動物に対する医療の枠を大きく逸脱している気がします。
クローン作製なんて、たとえ出来るとしてもやるべきではない、と思います。
ただ、中国人にはそういう感覚が無いというか薄いんでしょう。
何だか底知れぬ恐ろしさを感じます。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

日本通運岐阜営業所の古い倉庫

日本通運岐阜支店倉庫岐阜市内を車で走っていて、えらく古めかしい倉庫を発見したので写真に収めました。
日本通運という会社自体、歴史がある会社なのでこういう古い建物をたくさん持ってるんでしょうね。

ところでこの建物、いつぐらいに建てられたんですかね?
ということで、調べてみました。

nittsu-gifu2022こちらが現在のGoogleマップの衛星写真です。
岐阜支店が交差点の角にあって、その後ろ側にこの倉庫があります。
岐阜支店の前の道を北に向かって少し走ると、ぐるぐる橋があります。
何のことか分からないでしょう?
良かったらGoogleマップを見てみてください。
ま、それは今回全然関係ないんですが。

nittsu-gifu1975こちらが1975年11月ごろのこの付近の航空写真です。
国土地理院のサイトでこのような古い写真が無料で公開されています。

で、該当部分を拡大して切り抜きました。
1975年当時、もう営業所と倉庫部分が写ってます。
この頃にはすでにあったようですね。

築47年確定です。

nittsu-gifu1973こちらは同じく国土地理院の航空写真です。
1973年9月ごろのものです。

白黒で撮影範囲が広かったので、該当部分を拡大して切り抜いたら解像度が低くなってしまいました。
でも、ちゃんと営業所と倉庫が写ってますね。
築49年確定。

nittsu-gifu1961こちらはさらに遡って1961年4月ごろの写真です。

かなり不鮮明ですがちゃんと写ってますね。凄いな。
ということは築61年確定ということですね。
そして当然のことですがこの建物、今も普通に使ってるんですよ。それも凄い。

ここからさらに古い写真を探したんですが、国土地理院の情報では次に古いのが1948年3月のものしかなくて、1948年の写真にはこの倉庫の建物が写っていませんでした。
つまり、1948年から1961年の間に建てられたということですね。

多分、建物の近くまで行けるなら、礎石にいつ建てたか書かれてるんでしょうけど、ボクがネットを使って調べられるのはここまでです。

それにしても、昔の航空写真が普通に閲覧できるのって素晴らしいですね。
Googleストリートビューなどのサービスも、数年おきの街の様子を記録しているので、将来、時代を振り返る良いツールになるんでしょうね。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月14日

自衛隊応援看板

自衛隊応援看板愛知県名古屋市昭和区御器所3丁目付近で見つけた、自衛隊を応援する看板です。
この建物は自衛隊とは関係ないと思うので、単純に自衛隊を応援しているんでしょう。きっと。
あっ、入隊の受付とかはやってるのかな?よくわからんけど。

で、この看板を見た人っていくつかの反応に分かれると思うんです。

1.おう、自衛隊頑張ってるよね!
2.うわっ右翼だ!
3.自衛隊は日本の誇りとは思わない
4.自衛隊は解体すべきだ

って感じかな。
要は自分の思想心理が右なのか左なのかを確認できる「踏み絵」みたいなものだと思います。

ボクの率直な反応は、2番の「うわっ右翼だ!」というものでした。
というか、自衛隊ってボクの印象ですが、災害救援してくれる様子ばかり見てきたので、そういう点で人々を助ける存在なんです。ボクの中では。
それをことさらに戦闘機とか艦隊の写真を使って、軍隊としての自衛隊を応援するのはどうなの?と思ってしまいました。(軍隊というか武力を強調した形で、という意味です)

もちろん、こういう方法で自衛隊を応援することは言論の自由の範囲内ですし、誰に迷惑をかけるものでもないので全然構わないんですが、こういう看板を見たときに、見る人はどう反応するんだろう?と少し興味を持ちました。

あなたはこういう看板を見て、正直どう反応しますか?
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

マ・メゾンのレアハンバーグ

マ・メゾン愛知県日進市にある、マ・メゾン日進竹の山店に行きました。
美味しいハンバーグの洋食屋さんと評判のお店です。

場所は香久山の辺りといえば地元の人ならわかるかも。
猪高緑地のさらに東の辺りです。

マ・メゾンハンバーグの定食のようなものを頼みました。

あっ、机の上の透明のシートの下にコロナ対策の注意書きは入っているため、こういう写真が台無しになりした。
お店の人はそういうところを注意したほうが良いです。絶対に。

で、ここのハンバーグは焼き具合がレアなんです。

マ・メゾンどれぐらいレアかというと、こんな感じ。

すっごく赤いでしょ?
で、ずっと以前にステーキとかハンバーグのことを聞いたことがあったんです。
ステーキは1つの塊の肉を薄く切って焼くもので、肉の表面に雑菌があったとしてもその表面から焼くので雑菌が残ることは無いそうです。肉の内部に火が通ってなくてもそんなに問題にはならないということ。

昔、ユッケの生食で食中毒を起こしたお店がありましたよね。ユッケを生で食べるときには、表面を切り落として雑菌が無い状態の生肉を出さないと食中毒になる、ということをあの時ボクも知りました。

で、ハンバーグというのはひき肉を使ってコネコネするので雑菌が付着した肉がハンバーグの内部に入り込んでしまう。
その状態でしっかり火を通さないで食べると、雑菌を食べることになるそうです。
だからレアハンバーグというのは危険な食べ物なんだと。

ただ、このマ・メゾンのレアハンバーグはなんか特別な作り方をしてると思うんです。
普通にハンバーグに比べて肉の筋がたくさん残っているのも特徴です。

どういう作り方をしてるんでしょう。
そして、凄くおいしかったです。
なにか特別な手間と特別な調理法で作ってるんでしょうね。

色々謎ですが、一度食べてみる価値はありますよ。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月13日

日産サニーをEV化


どこかの国で、古いボロボロな日産サニーが結構強引な方法でEV化されるという動画です。

何ともアグレッシブで素敵!(笑)

性能や耐久性がどうなのかは分かりませんが、一応、仮にも道路を走れる程度に仕上がってるのが素晴らしいと思いました。

日本国内では安全性のこととか、道交法の関係でこういう車を作るのは難しいでしょうけど、でもこういうチャレンジが容易にできると良いですね。ま、無理だろな。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

Windows10 20H2アップデートで61%で止まる件

win10-20h2-61par端末PCのサポート業務の中で、OSのリカバリをすることは日常的にあります。

そのリカバリ作業ですが、主にやり方が2つあります。
1つはDtoD領域からのリカバリです。
メーカー製PCの多くは、買ったときのHDDやSSDにリカバリ領域が用意されていて、PCの電源を入れたタイミングでHP製ならF11キーを連打すると、そのリカバリ領域からPCが立ち上がり、リカバリプログラムがWindows10を買った状態に戻してくれます。

もう一つの方法は、マイクロソフトのサイトからMedia Creation tool(メディア作成ツール)というのをダウンロードしてUSBメモリなどに展開し、そのUSBメモリからPCを起動してリカバリするという方法です。

どちらの方法にも一長一短あるんですが、今日は前者の、リカバリ領域を利用したリカバリでは、そのPCを新品購入した時点でのWindows10でリカバリされるので、その後、Wnidows更新地獄が待ってます。
これが本当に時間がかかる。ま、基本的にほっとけばいいので大きな問題はありません。

ただ、先日、20H2にアップデートする際に更新が61%で止まってしまうという経験をしました。
何度やっても、61%から進まないんです。

色々調べたところ、原因は、Conexant Audioのドライバでした。
とりあえずWindowsUpdateを優先したいので、Conexant Audioのドライバをアンインストールします。
それで問題なく20H2になりました。ま、その後もWindowsの更新作業は続くんですが。

そうそう、Media Creation toolをダウンロードしてリカバリする方法のデメリットは、メーカー製PCに工場出荷時にインストールされていたセキュリティ機能とか、デバイスドライバなどをリカバリ後にインストールしないといけない点です。
簡単に手に入るものなら良いんですが、メーカーサイトからチマチマダウンロードするとなると、ちょっと手間です。

HP製のデスクトップPC、ノートPCのリカバリディスクは、最近のものはOSのDVDとドライバのDVDが分かれているので、そのドライバDVDからドライバと関連ツールをインストールできればそれが一番簡単かもです。

ただ、この先、Windowsの更新が積み重なっていき、最新のWindowsには古いドライバDVDではインストールできない、てなことになるかもしれませんが。
色々面倒ですね。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月12日

塗り壁材の顔顔顔

ひとりで塗れるもん最近、自宅DIY系のYoutubeチャンネルで見ることが多かった、パッケージに顔が書かれた「ひとりで塗れるもん」という塗り壁材を近くのホームセンターで見かけました。

古い日本家屋の土壁の上から塗ったりするのが一般的なようです。
左官屋さんの漆喰塗りの壁みたいになるのかな?

ただ、お値段が結構するのが意外でした。

あと、この顔のパッケージが個性的で面白いですね。
ホームセンターのような店舗に並ぶことを考えたパッケージだと思います。
だって目立ちますもん。
商品に興味を持ってもらうという意味では非常によくできたパッケージだと思います。
何か、仕事のヒントにもなりそうですね。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

名古屋高速の橋脚に看板

名古屋高速の橋脚に看板名鉄堀田駅の近くの名古屋高速の橋脚に看板がつけられていました。

広告主は名古屋芸術大学です。
ま、広告というよりもイメージ看板ですね。

ボクは以前からこういう空いたスペースを広告代理店に売り出して、一般の広告を掲載したらいいのにと思ってきましたが、そういう流れに繋がると良いですね。

てか、名古屋高速の通行料高すぎなので何とかしてほしいです。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月11日

住宅街にヤギ

yagi住宅街の草ぼうぼうの空き地にヤギがいたので撮影しました。

除草のためにヤギを放つというのは最近良くあるみたいですね。
見ていて癒されました。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

Fujitsu XL-9321のデフォルトパスワード

xl-9321-loginpass富士通製のプリンタって触ることあります?

そもそも富士通って今もプリンタ作ってたの?
まぁアレですわ、富士通ディーラー的なシステム屋が絡むと何でも富士通製になりますよね。

で、富士通製のネットワーク対応のプリンタ、XL-9321という機種を触っていたんですが、Web管理に入ろうにもユーザー名とパスワードが分からない。

なので、色々調べました。
デフォルトのユーザー名とパスワードは

ユーザー名:xladmin
パスワード:なし


でした。

ボクがなぜ、この他社が導入したプリンタのWeb管理画面に入ろうと思ったのかというと、以前、割り当てていたIPアドレスとは全然違うIPアドレスが設定されていたからです。

そのIPアドレスというのが、ルータに設定したDHCPの予約IPのど真ん中でした。
で、XL-9321のネットワーク設定を確認したら、DHCPで自動割り当てをもらう設定ではなく、固定IP設定で、DHCPの予約IPのど真ん中を設定されていたんですね。

ドちくちょー!!!
なんか定期的に訪れる謎のネットワーク障害はお前のせいだったんかー!!!状態です。

ただ今回の唯一の救いは、パスワード設定していなかったことです。
パスワード設定していないので、ボクは現状の設定を見ることが出来ました。

近いうちに、このXL-9321のIPアドレス変更と端末側の設定変更をすることになりそうです。
こういうシステム屋同士のいざこざって、現場ではあるあるなんですけどね。
何か対策を打たねば。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(2)

2022年09月10日

山に巨大なラブレター

巨大なラブレター先日、中央道を走っていたら、中央道から見える山の山腹に大きな封筒があるのを見つけました。

何じゃありゃ!

ただ、ずっと前に何かのテレビで見たことがある様な無いような・・・

とりあえず写真に撮り、その後調べてみたらこれは「緑のラブレター」という芸術作品のようですね。
場所は神奈川県相模原市緑区だそうです。
一応、芸術作品ということで1989年に設置されたみたいですね。

材料は単管パイプとビニールシートでできるみたい。

そもそも神奈川県の藤野地区と呼ばれる場所は昔から芸術作品を多く展示する地域だったようです。
今は市町村合併され、相模原市緑区の藤野地区になっています。

ボクは中央道を使うことはあまりありませんが、道路を走りながら新しい目印ができた気分です。
次からきっと、必ず探してしまいますよ。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

ファイルサーバのログインパスワードが記憶されず、接続不能になる問題

WindowsPCからファイルサーバにアクセスして、ユーザー名とパスワードを入力して資格情報を記憶したはずなのに記憶されないという経験は誰もがありますよね?
その原因は色々ありますが、Windowsの自ホストの資格情報の取り扱いが問題になることも多いようです。

資格情報が保存されなくなる具体的な例としてはこんな感じ。

1.Win10のログイン名が yamada/pass01 でWinSvr2016の共有領域にアクセスする際のユーザー名が、yamada/pass02 の場合

2.Win10からWinSvr2016の共有領域にアクセスする際に、yamada/pass03 を使って接続、その後、別のWinSve2016の共有領域に yamada/pass04を使って接続する場合

3.AD環境下でWin10のログイン名が yamada/pass05 で、AD配下のファイルサーバには問題なくアクセスできるが、ADの配下ではないNASに yamada/pass06で接続する場合
(アカウントは yamada がユーザー名、pass** がパスワードです)

この1番と2番の場合は、資格情報が保存されません。
接続するたびにユーザー名とパスワードを聞かれます。
ただ、一度入力すれば、Win10を再起動するまではアクセス可能です。

3番については資格情報も保存されませんし、途中からNASへの接続が切られます。アクセスできなくなります。
この3番の例が一番面倒です。

これは、端末PC側の資格情報の取り扱いの問題で、マイクロソフトが言うには「この動作は仕様です」とのこと。

じゃあ回避策はどうすればいいのかというと、認証するホスト名を頭につける方法で回避できるようです。

例えば、ホスト名がfilesv1のサーバにアクセスしたいとき、filesv1¥yamada / pass01 で資格情報を記憶させるとちゃんと資格情報が残ります。

この情報は職場の人から教えてもらいました。
ボク自身、このあたりのことは掘り下げたことがなかったので勉強になりました。
そういえば、ADに登録したアカウントと同じアカウントを、ワークグループ運用のPCのログインアカウントにした場合、AD配下の共有領域に接続できないという問題を経験しましたが、それも同じような原因だったのかもしれないですね。

ADに登録したアカウントと同じアカウントでは共有フォルダに繋がらない
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月09日

ハッピードリンクショップ探し

ハッピードリンクショップ先日、山梨に行くことがあり、山梨に行くたびにボクは毎回、ハッピードリンクショップ探しをしてしまうんですが、今回も4件ぐらい見つけて大興奮でした。

山梨県内って、ボクが思う以上にコンビニが少ない気がします。
だからこういう自販機だけの無人販売の商売が成り立つんでしょうね。

愛知県内でも同じような商売ができないものかと、ハッピードリンクショップを見るたびに思うんですがどうなんでしょうね。

知多半島の南のほうの、農免道路沿いでこういう商売は成り立たないのかな?
えっ、農免道路って何なのか知らない?
農業用に整備された道路のことですよ。
ボクの知る限り、知多半島は農免道路の宝庫です。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

社内LAN上の接続PCのIPを調べる

ある程度の台数のPCを運用している会社では、社内LANに接続されたPCを把握するという定期的な業務が必要になります。

そういう場合に便利なのが、接続されたPCやネットワーク機器、ネットワークカメラなどを探してくれるツールです。

WindowsXP時代からそういうツールを使ってきましたが、最近使っているのがこちら。

NetEnum5NetEnum5という名前のツールです。

使い方は簡単で、ダウンロードしてインストールせずに実行ファイルを実行すればこちらの画像のような結果が得られます。
なかなか便利です。

もう一つ、ツールをご紹介しましょう。
Advanced IP Scannerというツールです。
こちらも同じようなツールですが、先ほどのNetEnum5とは違いインストールする必要があります。
なので、他の人のPCに勝手にインストールできない場合は使えないですね。

さらにもう一つお勧めしたいのがスマホのアプリで fing というアプリがありますが、これも便利です。スマホをそのネットワークにWiFiで接続した場合しか使えませんが。

そして、ボクは社内のIP一覧を作るときに、これらすべてのツールを使います。
それぞれのツールの性格上、検出できないホストがあるからです。いや、この手のツールの検出結果を基本、信用していないのでボクは複数使います。
時間をおいて、何度も検出作業をします。

それぐらいのことをしないと、正確な情報は得られないんじゃないかな。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月08日

Chongqing Fugui Electronics Co.,Ltdって何?

ある客先のWiFiの利用状況を確認していたら、MACアドレスからのベンダー検索で

Chongqing Fugui Electronics Co.,Ltd

という聞きなれないメーカーが出てきました。それも複数も。
なんか不気味ですね。

で、詳しく調べたら一部のPCメーカーのWiFiに割り当てられたMACアドレスでこの名前が出てくるそうです。

実際、接続していたPCはすべてHP製のノートPCでした。

具体的に言うと、MACアドレスの最初が、40:5B:D8のものは、このChongqing Fugui Electronics Co.,Ltdという会社に割り当てられているみたいです。
間違いなくHP製のノートPCなんですが。

なんだか気持ち悪いですが、ボクの立場でどうにかできるものではないので、このまま放置するしかないですね。
何かはっきりした理由がわかると良いんですが。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

新瑞橋のイタリアンレストラン「もふもふ」

イタリアンもふもふ愛知県名古屋市瑞穂区新瑞橋(あらたまばし)という地域があります。
そこにたぶん最近できたイタリアン料理店があります。
その名は「もふもふ」。

お店には今回初めて入ったんですが、まぁなんというか手作り感満載、頑張って色んな工夫してますよ、的な雰囲気です。
ただ「もふもふ」要素がどこにあるのか分かりませんでした。

そうですね、トウモロコシのひげが床に20cmぐらい積もっていたら、もふもふ感出るかな。
反骨精神旺盛なボクですら「もっふもふだー!!」とか言ってテンション爆上がり確実です!
でも逆に掃除できないですよね。(笑)

ま、いいや。

イタリアンもふもふのやわらかローストビーフ丼ボクが頼んだのはやわらかローストビーフ丼です。
丼、て聞くとテンション上がります。そして、ボクにとっての丼は「かつやのかつ丼」という程度に、食の感性が下宿大学生レベルなんですが、この店で出てきたのは、何か次元が違うというか、この見た目で「丼」と良く名付けましたね、という料理が出てきました。

そして、多分確実にうまい料理でした。
あー、あれか、ボクのような貧相な食遍歴を歩んできた人たちに対する、いわゆる福音なのか?いや当てつけなのか??

「おめーらの知らねー丼を食わしてやるよ!」とケンカ売られてるんですかね?

ちなみに、1060円だか1080円でした。たぶん。

丼の価格じゃねー!

イタリアンもふもふのワインの蛇口このお店で一番面白かったのは、ワインの蛇口があったことです。
税込み1480円でワイン飲み放題です。

ボクが一番アホだった時なら、確実に1480円払ってます。
なお、ワインがらみでボクが2番目にアホだったのは、そうですね、2年前の夏でしょうか・・・

まぁそんなことはどうでも良いんですよ。
とにかく、このお店は色々な意味で面白いし、友達や恋人同士て行っても結構楽しめるお店だと思いました。
色々な新しいことにチャレンジしている雰囲気も良かったです。

こういうお店が、そういう尖がったところを残しつつ、この先もずっと存続してくれると良いですね。
思い出したように、たまに行きたくなるお店だと思いました。


ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月07日

伏見のキューブ

NTTデータのキューブ名古屋の伏見の大きな交差点の角に昔からあるキューブ上のモニュメントです。

このキューブ、詳しくは知りませんが、たぶんNTTデータの持ち物なんじゃないかな。
というのも、昔、IT業界の人達が、あのキューブにはNTTデータの下請けの孫請けのさらに下でソフト開発をしているプログラマたちの怨念が宿っている、と結構真顔で言われたことがありますもん。

ボクが知る限りずっと昔からあるので、たぶん、禍々しい何かが分厚い層になって重なり合ってるかも。

場所は広小路伏見の交差点の北東です。
近くに行く方は十分お気を付けください。(笑)
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

続:Buffalo TS-WXL/R1をSMB2.0対応に

この話題は2022年3月8日に一度取り上げましたが、その補足情報です。

前回の記事はこちら。
Buffalo TS-WXL/R1をSMB2.0対応に
http://blog.livedoor.jp/ese_admin/archives/52271107.html
こちらの記事を最初に読まないと、意味が通じないかもです。

で、簡単に言うと、前回の記事通りにやってもうまくいかないことがあります。
その対策です。

まず、SMB2.0に対応させるために /etc/samba/smb.conf を書き換えるコマンドですが、Windows PowerShellで

java -jar acp_commander.jar -t 192.168.0.100 -ip 192.168.0.100 -pw hogepass -c "sed -i '1a \ max protocol = SMB2' /etc/samba/smb.conf"
(hogepassというのは、Terastationのadminのパスワード)

を打つんですが、うまくTerastationに入らないことがあります。
なので、念のため3回実行してください。

/etc/samba/smb.conf の内容を確認します。

java -jar acp_commander.jar -t 192.168.0.100 -ip 192.168.0.100 -pw hogepass -c "cat /etc/samba/smb.conf"

これでファイルの一番上に
max protocol = SMB2
が3つ入ってたらTerastationを再起動します。

3つ入ってるからってエラーにはならないでしょ。多分。

ただ、再起動すると先ほどの
max protocol = SMB2
が消えてることがあります。
その場合は、別の方法で対処します。

root権限でtelnet ログインして作業します。

telnetで入れるようにするには

java -jar acp_commander.jar -t 192.168.0.100 -ip 192.168.0.100 -pw hogepass -o

rootのパスワード変更は

java -jar acp_commander.jar -t 192.168.0.100 -ip 192.168.0.100 -pw hogepass -c "(echo hogepass; echo hogepass) | passwd"

で変更でき、telnet でログインできるようになります。
そうしたら、/etc/init.d/smb.shを編集します。

vi /etc/init.d/smb.sh

58行目付近に以下の太文字部分を挿入します。

touch /etc/printcap
/usr/local/sbin/nas_configgen -c samba
if [ $? -ne 0 ]; then
echo "$0 configure fail"
exit 1
fi

/bin/sed -i '3i\\
min protocol = SMB2\\
max protocol = SMB2\\
' /etc/samba/smb.conf


}

ファイルを保存して、
sync;reboot
で再起動します。

これで、SMB2.0が使えるはず。
この情報をまとめてくださっていたのは以下のサイトです。

Windows10からLinkstationにアクセスできない
https://rohhie.net/i-can-not-access-linkstation-from-windows-10/

こういう情報に心から感謝です。

2022年09月06日

配達員は知っている



迷子の犬についてのツイートを見ていたら、面白い投稿を見つけたのでご紹介します。
迷子の犬を保護したら、地域を回るヤマトとか佐川の配達員さんに聞くとどこの犬か教えてくれることがあるらしい。

なるほど、そういう情報網があるのか、と感心しました。
こういうちょっとした知識って貴重ですね。
ese_admin at 13:00|この記事のURLComments(0)

地下鉄の通気口?

地下鉄の通気口?街で見かけた変なものを写真に収めるのがボクの趣味なんですが、こちらの建物もよくわからない建物です。

場所は愛知県名古屋市昭和区御器所3丁目です。
竜興寺の横、コンドミニアム御器所というマンションの隣りです。
地下鉄荒畑駅の近くなので、たぶん、地下鉄の付帯設備だと思うんですが、通気口にしては大きすぎません?この建物。

そうそう、以前紹介した御器所のぬいぐるみの家の近くです。

こういう設備というか建物って目立つんだから何か書いててくれればいいのにね。
あと、問題がないなら看板なんかを掲げて広告収入を得るとか、そういう税収を増やすことを考えてもいいんじゃないかな。

あっ、勝手に地下鉄の設備だと思い込んでますが、もしかしたら裏のお寺の納骨堂かも。
うーん、謎!
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

昔の写植屋さん


写研(しゃけん)という会社についての動画を見つけたのでつい見入ってしまいました。

写研は印刷業界では有名な会社で、写植(しゃしょく)という工程を行うには写研の機械と写研の書体(フォント)が絶対に必要でした。
歴史を振り返ると、1文字ずつを拾い出して並べて文章を作る活版印刷というのがあって、それに置き換わる技術として登場したのが写植という技術です。
ちなみに「写植」は「写真植字」の略語です。

その写植をするための色々な機械を作っていたのが写研という会社です。

ボクは20年以上前の話ですが、この写植を生業としている会社とお付き合いがありました。
そして、その会社に並んでいたのが写研の機械です。
写植機というのは、光学式の文字をフィルムに転写する機械です。

その機械1台にオペレータが一人張り付いて、印刷物の文字の部分だけをひたすら組んでいくというのが写植屋さんの仕事でした。

saivertその後、電算写植機というのが登場します。
これも写研の製品です。

ボクが写植屋さんと付き合い始めたきっかけが、この電算写植機でした。
当時、MS-DOSが動作するPC-9801RX上でATOKを使って文章を打ち込み、それを8インチFDに保存して電算写植機にインポートして電算写植機で印刷物としての体裁を整える、みたいな流れだったと思います。
当時、すでにパーソナルワープロが普及していて、MS-DOSが動く16ビットPCも普及していたので、原稿をフロッピーで受け取ることも多く、それをスムーズに電算写植機に流し込むための橋渡しをしていたのがPC98で、そのメンテナンスをしていたのが当時、ボクが働いていた会社だった、ということですね。

その後、時代は流れて、まさに今回ご紹介した動画の通りになります。
お付き合いがあった写植屋さんにもMacintoshが並ぶようになり、写植機のオペレータたちはMacを操るようになります。
沢山あった写植機も、電算写植機もあっという間に片づけられ廃棄されたと聞いて、何か大きな時代の変化を感じたものです。

そしてその後、印刷業界を襲ったのは業界内での仕事の奪い合いでした。
ボクのいる愛知県や他の地域もそうだと思いますが、地元の印刷業界は紙媒体の広告が主な仕事です。
それまでの業界では、広告代理店が仕事を取ってきて、写真屋が商品写真を撮影し、グラフィックデザイン、写植、製版、そして輪転機を持っている印刷屋さんが紙の広告を印刷します。
しかし、このすべて業者がMacを導入して、お互いのテリトリーを侵し始めるわけ。
結局、生き残ったのは広告代理店と印刷屋さんぐらいでした。

写研の機械は高額なものが多かったですし、Macを大量導入するにもお金がかかったでしょうから、その時代の写植屋さんは常に銀行からの借り入れをしていたと思いますし、その後の仕事の奪い合いで経営体力がそがれていったんでしょうね。

ボクのお付き合いのあった写植屋さんも、結局、倒産してしまいました。
あの時の写植機のオペレータさんたちは、今後の何を生業にしてるんだろう、とたまに思い出します。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月05日

名古屋風お好み焼き

甘太郎名古屋には名古屋風お好み焼きというご当地グルメがあります。
グルメというか、子供がおやつ代わりに食べるような食べ物です。

その名古屋風お好み焼きを売っているお店は色々あるんですが、有名どころでいうとこの写真の甘太郎(あまたろう)ですかね。
写真は名鉄豊田本町(名古屋市南区)のトスカという廃墟のような商業ビルにある店舗です。

肉玉とイカ玉があって、ついこの間までは1個150円でしたが、最近値上げしたみたいで今は1個170円です。
それでも安い。

甘太郎の名古屋風お好み焼き中身はこんな感じ。

って写真撮るのが下手すぎて良くわからないですよね。
でもこれが懐かしく美味しいんですよ。

名古屋風お好み焼きはこの近辺では色々なお店で買うことができるので、名古屋にお越しの際はぜひ一度食べてみてください。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

管理者パスワードの入力が面倒な時の対策runasコマンド

社内でActive Directoryを運用していたり、ワークグループ運用でも社内の一般ユーザーのログインアカウントに管理者権限をつけていない場合、何かをするたびに管理者パスワードが必要になり、管理者はその都度呼び出されて結構面倒、という経験をしたことありません?

ま、管理者パスワードが必要な時というのは、大抵は何か新しいアプリケーションをインストールする時なので、会社が許可しないアプリケーションのインストールをそれで抑制できて良いっちゃいいんですが、問題なのは通常利用するアプリケーションが、なぜか一部のモジュールの実行時に管理者権限を使うという良くわからない仕組みのシステムが稼働していると、とにかく面倒です。

ボクが経験したのは、ある大手企業が業務システムを作り、それを下請けの協力会社に配っているパターンなんですが、そのシステムをインストールしたPCは、システムを起動する際にサービス(プログラム)を起動する必要がありました。
しかし、サービスを実行する際には管理者権限が必要になります。

なので、PC自体を再起動したら必ず管理者パスワードを求められるんです。
対策は、PCの電源を切らないことぐらい。

で、色々調べたらこういう問題を回避する方法がありました。
runasコマンドを利用する方法です。

管理者権限が必要なサービスプログラムが

c:\HOGESYS\SVCSTART.exe

だとします。「\」は¥マークです。

SVCSTART.batというバッチファイルを作り、

c:\windows\system32\runas.exe /savecred /user:Administrator@HOGECORP
"c:\HOGESYS\SVCSTART.exe"

と1行だけ記載しバッチファイルを保存します。勝手に改行されちゃってますが1行で書いてください。
HOGECORPはドメイン名です。

このバッチファイルを最初に実行すると管理者パスワードが求められますが、次からは求められません。
管理者パスワードがこの c:\HOGESYS\SVCSTART.exe というプログラムとセットでローカルPCに保存されるわけですね。
もちろん、ADの管理者パスワードを変更したら、最初の1度だけはこのPC上で管理者パスワードを入力する必要が生じますが、それ以降は入力せずに済みます。

知ってると結構便利なネタですね。
ま、ADを運用してなければあまり関係のない話ですが。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(2)

2022年09月04日

Terastation(TS-WXL)のリカバリ手順 その3

今回、Terastation(TS-WXL)のリカバリで、とても些細な事で躓きました。
それは、設定していたPCの問題で、

hit any key to switch tftp boot.
Hit any key to stop autoboot: 0
Hit any key to stop autoboot: 0


のメッセージが表示されたときに、TeraTermから文字入力ができないという症状です。

リセットキーを押しながら電源ボタンを押して、メロディーが流れて、その状態で本来ならTeraTermからの文字入力を受け付けてくれるはずなんですが、受け付けてくれない状況を何度も経験しました。

この状況を結論から言うと、端末PCの問題です。

ボクの環境では、Windows10のノートPCで、秋月電子で買ったPL2303チップを搭載したUSBシリアルアダプタを使用していました。このUSBシリアルアダプタはチップが偽物判定されるのでドライバインストールがいろいろ大変やヤツです。
コンソールソフトはTeraTermです。

この環境で、今回のTerastationのリカバリをしていて、途中で何度も文字入力を受け付けないという状況に陥りました。
Terastationのリセットボタンを押しながら電源ボタンを押すと、基本的に文字入力を受け付けるはずですが、原因は分かりませんが一切文字入力を受け付けてくれなかったんです。

その結果、

hit any key to switch tftp boot.
Hit any key to stop autoboot: 0
Hit any key to stop autoboot: 0


のメッセージが出たときに、何かキーを押して、TFTPサーバからのブートローダーのダウンロードができませんでした。

これはたぶん、TeraTermの問題だと思います。
TeraTermを再起動したら、問題なく文字入力を受け付けてくれました。

このことに気付くまでにかなりの時間を要したのが、今回の敗因です。
問題の原因が秋月のUSBシリアルアダプタにあるのか、TeraTermにあるのかは分かりませんが、うまくいかないときには、TeraTermを再起動したり、WindowsPCを再起動するのは有効な手かもしれません。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(0)

2022年09月03日

クモが出た

職場の給湯室に結構大きめのクモが出ました。
ボクが週末、一人で仕事をしていて給湯室を使ったときに出てきたんです。
それも2度も。

ボクはあまりクモが好きじゃないんですよ。
好きじゃない、というレベルではなく大嫌い。
しかもキモいし怖いでしょ?

なので、2回とも退治すべく掃除機で吸い込もうと追いかけまわしたんです。
で、2回ともどこかに逃げて行っちゃった。

なので週明けに眼光鋭い事務員さんに「クモを見かけたら退治しておいて」とお願いしたんです。
すると、その事務員さん

益虫なので殺しません!

いやいやいや、これ業務命令なんですけど・・・

それ以来、給湯室使ってません。怖いから。
ese_admin at 12:00|この記事のURLComments(0)

Terastation(TS-WXL)のリカバリ手順 その2

TS-WXLの続きです。
最新ファームウェア(現時点ではVer1.76 tsx-v176.exe)をBuffaloのWebサイトからダウンロードして、新品ハードディスク(実はフォーマットしただけの中古ハードディスク)に交換して、initrd.buffaloとuImage.buffaloをTFTPでねじ込んだのに、TSUpdater.exeを実行しても、新品ハードディスク(実は・・・以下ry)をフォーマットしてくれなかったんです。

これはもしかしたら、最新ファームウェアがダメなんじゃない?だって以前はできたはずだし、と思い古いバージョンのファームウェアを探してみたんですが、BuffaloのWebサイトでは最新のものしかダウンロードできない仕組みなんですね。
普通に考えておかしいです。
古い環境を整えるというのはシステム屋界隈では普通にあるので、メーカーだって古いファームやドライバを公開するのは一般的だと思うのに古いファームウェアがダウンロードできません。

ということはメーカーが「以前のファームウェアなら新品ハードディスク(実は・・・以下ry)を簡単にフォーマットできた」現状を問題視し、最新ファームではそういうことができないように対処し、最新ファームしかダウンロードできないようにすることで、これらの問題に対策した、というストーリーが成り立ちます。

そう思ったボクは古いファームウェアを探すネット上の旅に出ます。
でもね、なかなか見つからないんですよ。
目的の情報や古いファームウェアが見つからないと、心が折れそうになります。
「古いファームウェアを見つけても、状況に変化はないんじゃないかって」そんな気持ちになります。

そんな時に、最初のブログ記事にコメントが付きます。
ファームを書き込む際、ちょい古めのツールを使わないといけないです
最新のツールではHDDの初期化をしてくれないです


キタ―――(゚∀゚)―――― !!

そう、そういう情報が欲しかったんです。
投稿してくださった「G3」さん、本当にありがとうございました。
このコメントを受けて、俄然古いファームウェアを探す旅に熱が入ります。
そして無事に古いファームウェアを手に入れることができました。

入手したサイトは以下のサイトです。

https://drivers.softpedia.com/get/HDD-SSD-NAS-USB-Flash/Buffalo/Buffalo-TS-XEL-R5-NAS-Firmware-65.shtml
http://cdn.cloudfiles.mosso.com/c85091/tsx156.zip

ここでちょっと小粋なテクニックを書きます。

現在、BUFFALOのサイトでダウンロードできる最新ファームウェアのファイルは「tsx-v176.exe」です。
しかし古いファームウェアのファイルは「tsx***.zip」でした。
これに気付いたのは、色々なブログでそのような記述があったからです。

じゃあ、このインターネットの大海原から古いファームウェアを探しましょう。
どうするかというと、Googleなどでtsx175.zipを探します。なければtsx174.zipを探します。
こういう地道な作業を繰り返すんです。
検索キーワードに「"index of"」をつけるのも効果的です。
野良FTPサーバ内のファイルが見つかるかもしれません。

そういう方法で、古いバージョンの「TeraStation Xシリーズ ファームウェア アップデータ」を探しました。
改めて手順を書きます。

古いファームウェアをネット上から頑張って探してダウンロードする。

initrd.imgをinitrd.zipに拡張子を変更し解凍してinitrd.buffaloを取り出す。解凍パスワードは後述。

uImage.imgをuImage.zipに拡張子を変更して解凍してuImage-88f6281.buffaloを取り出し、uImage.buffaloに名前変更する。
パスワードは以下のいずれかです。
1NIf_2yUOlRDpYZUVNqboRpMBoZwT4PzoUvOPUp6l
aAhvlM1Yp7_2VSm6BhgkmTOrCN1JyE0C5Q6cB3oBB
YvSInIQopeipx66t_DCdfEvfP47qeVPhNhAuSYmA4
IeY8omJwGlGkIbJm2FH_MV4fLsXE8ieu0gNYwE6Ty

tftpサーバのソフトウェア「TFTPD64」をダウンロードする。
https://pjo2.github.io/tftpd64/
tftpd64.462.zipというファイルをダウンロードしてください。

TFTPD64をインストールしたPCのIPアドレスを 192.168.11.1 に設定する。

TFTPD64を立ち上げ、initrd.buffaloとuImage.buffaloを作業フォルダに入れてtftpクライアントからダウンロードできるようにする。

適当なルータを用意しDHCP機能を設定する。
ルータのLAN側IPアドレス 192.168.11.2
DHCP貸出IPアドレス 192.168.11.10 から 192.168.11.19

TS-WXLのハードディスクを2台とも入れ替える。

TS-WXLのリセットボタンを押しながら電源を入れる。

TS-WXLからTFTPサーバにリクエストがありinitrd.buffaloとuImage.buffaloがダウンロードされ、新しいハードディスクに展開される。

ダウンロードしたファームウェアの中のTSUpdater.iniを編集する。
[Flags]
VersionCheck = 0 (1を0に変更)
NoFormatting = 0 (1を0に変更)

TSUpdater.exeを実行するとハードディスクのフォーマットが始まり、その後、最新ファームウェアが展開されTS-WXLが通常起動するようになる。

古いファームウェアでリカバリしたTS-WXLを起動し、BUFFALOからダウンロードした最新ファームウェアを使ってファームウェアを最新にする。

これでリカバリ完了です。

今回は色々とハマってしまったので、集められる限りのTS-WXLを集めてにハードディスク交換をしたんですが、このやり方でハードディスクの大容量化は確実に行けそうです。

色々ありましたが、まずはちゃんと目的を果たせてよかったです。
コメントをくださった皆さんにも心から感謝です。

あと、少しだけ余談があるので、そのことを次回書きますね。
ese_admin at 00:00|この記事のURLComments(1)
記事検索
最新コメント