2017年07月28日

緑産婦人科の解体

緑産婦人科の解体これはニッチでコアな情報になると思うので、ほとんどの人にとっては全く関係のない記事なんですが、名古屋市内にあった病院の廃墟、緑産婦人科が長年放置された末に、今週、解体が始まりました。

この緑産婦人科については、地元の人から色々と話を聞いたことがあるんですが、地元の人たちの印象は「単純にずっと以前に閉鎖されてそのまま放置されている病院ですよ」というものでした。
しかし、インターネット全盛時代、病院の廃墟と言うことに加え、かなり凄い心霊スポットだ、なんて噂がテレビ番組を発端にネットを中心に広がり、ごく一部の廃墟マニア、心霊スポットマニアの間では有名な物件だったようです。

ボクは廃墟マニアでもないですし、心霊スポットに足を運んでレポートするような趣味もありません。
ただ、この緑産婦人科については、少し興味があって色々と調べた過去があります。
まぁ、普通にインターネット上で収集できる情報を集めたことに加え、この物件についての歴史やら現在の状況についてインターネット上には無い情報を個人的に集めた程度なんですが。

そんな緑産婦人科が解体される事実を知って「あー、あれやらこれやらがこーなったんだろうな」と思っただけです。
このブログ記事ではそれらの詳細を書くつもりはありませんが、ネットを中心とした一部の人たちの間では、病院の廃墟であり心霊スポットだったこの物件が解体されるニュースはボクのブログ記事にするだけの価値が有るような気がしたんですよね。

ちなみに、病院の廃墟と言うのはそれなりに「レア度」が高いらしいです。
そして、病院の廃墟が心霊スポットになってしまう理由も分からなくもないです。
病院と言うのは人が死ぬ場所なわけで、人の一生が終わる場所に心霊現象が起こるのはそれなりに理解できます。
でも、産婦人科の病院が心霊スポットになるのって、なんかおかしくない?と以前知り合いの看護婦さんに聞いたことがあるんです。
その看護婦さんの答えが妙に納得してしまいました。

「産婦人科と言うのは(病院によっては)人工妊娠中絶を行うので、生まれることなく奪われた命が沢山あるのかもしれない」

なるほど、そう考えると無念の魂が闊歩(かっぽ)する建物と解釈できなくもないです。
ただ、その手の霊的な事象と言うのは社会一般の指標では判断出来ない種類のものですからね。

それよりももっと現実的にボク個人が考えていたのは、閉鎖された病院と言うのは主にレントゲン設備の残留放射能がある程度落ち着くまで解体できない、という話を過去に聞いたことがあったことです。
その為に、病院の建物を長期間放置せざるを得ないというルールです。
今回の緑産婦人科もそういう理由があったのかな?と考えてしまいました。
まぁ実際のところはどうなのか知る由もありませんが。

取りあえず、ボクはこの病院の解体について見てきたので、この情報を最新情報として記録する責務にかられたというのが、この記事を書いた正直な動機です。

廃墟マニア、心霊スポットマニアのみなさん、緑産婦人科は解体されてますよー!(笑)
ese_admin at 00:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2019年01月16日 22:04
私は広島在住の48才です。
幼少期に、この地域に住んでいた記憶がおぼろげながらあり、2年前に、生家があった場所やらルーツ探しをしました。
古い母子手帳から、出生が緑産婦人科と判明しました。母が言うには、この病院の先生は、腕が良く丁寧な診察をして下さったとのことでした。
偶然ネット検索でこの記事にヒットし、憧れの緑産婦人科にたどりつき、嬉しさでいっぱいです。
たとえ廃墟・心霊スポットになっていても、長年の謎が解けるのは気持ちがいいです。
ただ、2年前のルーツ探しの時に、すぐ近くまで来ていたのに、たどりつけなかったのは残念です。
この2ヶ月後に取壊しになってしまったようで…。

この記事に感謝します。
2. Posted by ese_admin   2019年01月16日 22:26
ここの管理者です。
この緑産婦人科は知り合いが本気で不動産取得しようとしていた物件でした。
そのため、この物件について詳しい情報を調査する作業に付きあいました。

この産婦人科の院長はこの産婦人科の再開を願っていたようですが、結果的には再開しませんでした。
一方で、この院長のご子息が愛知県豊明市西川町で産婦人科院を開業しているようです。
もしかしたら、この緑産婦人科の解体もご子息が関わっているかもしれません。

この緑産婦人科の解体以前に、病院に隣接したリネン設備があった建屋は一般企業に売却されていますし、産婦人科で働いていた看護婦寮は売却され、今はアパートが建っています。

ボクが調べた限りでは、この緑産婦人科の情報は以上です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
最新コメント