2019年08月12日

エルエル(10e.org)の最後の更新から9年

エルエル(10e.org)というかつて存在したブログサイトがあるんですが、このサイトの管理者はある日突然、忽然と姿を消してしまったんです。
いえ、単にブログの更新が止まっただけですが、基本、毎日更新されるブログサイトだったので、その更新を毎日楽しみにしていた読者の人たちは「エルエルの管理者はどうしちゃったの?」と皆んな心配しました。

このエルエルと言うサイトでは、管理者への連絡がほぼほぼできない仕組みになっていました。
連絡用メールアドレスも掲載されていませんでしたし、管理者のプライベート情報もほとんど書かれていませんでした。

インターネットの利用が幼児から高齢者まで普及した今では、誰もが情報発信できますし、自分にとって気に食わない情報の発信者への言葉での攻撃や反対意見の先導、そして、発信者の個人情報を調べ上げて公開するといった炎上案件が数多く発生しています。

ただ、エルエルというサイトが毎日更新されていた時代は、ネット界隈も今ほどギスギスしてなかったように思います。

いや違うな。
一部では多分、今と同様にギスギスしてたんでしょうね。
でも、あるボーダーライン以下のそれほど有名じゃないWebサイト、ブログサイトは今よりもっとずっとのんびりした、大らかな世界にあったように思います。

そんなエルエルと言うブログサイトが、ある日突然、何の前触れもなく更新されなくなります。
その最後の更新が、2010年8月11日でした。
ちょうど9年前です。

多くの読者は心配しました。
しかし、なぜエルエルの更新が留まってしまったのか、その真相を知るには至りませんでした。

匿名のブログサイトがある日突然、更新されなくなる。
それはネットユーザーにとって、その管理者の死と同義です。

エルエルと言うブログサイトについて言えば、それまでの管理者の文章から察するに、管理者にとってこのエルエルと言うブログサイトの更新はご自身の生活の中でとても大切な存在だったと思うんですね。
そのブログサイトの更新がある日突然止まってしまった。
それは読者にとって大きなショックなわけです。
多分、管理者さんにのっぴきならならない事態が生じたに違いない、と。

ただ、その真相は読者やネットユーザーの誰も確認できませんでした。
そして、9年もの時間が経過しました。

9年前、ボクはエルエルの読者でした。
そして、突然の更新停止に驚いた多くの読者の一人でした。

今、願うのは、エルエルの管理者さんが今もなお元気に生きていることだけです。
面識もないネット上のどこかの誰かを心配するというのは、なんとも奇妙なことなんですが、もしエルエルの管理者さんが今も生きていて元気に暮らしているということが分かりさえすれば、ボクは心から安心します。

本当のところ、エルエルの管理者さんはどうなっちゃったんですかね?
ese_admin at 12:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
最新コメント