2019年09月04日

NHKの幼児虐待死事件の報道の仕方が酷い

NHK-GESUボクは自分のTwitterアカウントでNHKのアカウントをフォローしているので、NHKアカウントがツイートするたびに自分のタイムラインに挙がってくるんですが、ここ数日の幼児虐待死事件についてのツイートがやたらと流れてくるんです。

「もうおねがい、ゆるしてください」って虐待親に懇願する幼児の言葉が何度も何度もタイムラインに流れてくるの。

この事件の悲惨さ、無残さは最初に聞いた時から嫌と言うほど分かりました。
そして、この事件現場の近くにいたわけじゃないけど、社会を構成する大人としての無念さを感じずにはおれません。

ボクはボクで自分なりにこの事件を受け止め、なんとなくですが、自分の立ち位置を考えたりしたんです。

ただ、事件の悲惨さゆえに、もうこの事件についてはあまり詳しく知りたくない、という感情も芽生えます。
簡単に言うと、精神に堪えるんです。亡くなった5歳児があまりにも気の毒過ぎて。
だからもうこの事件については見たくない。警察が動いて検察が動いて裁判所が正当な判断を下したという結果だけ知れればいい。
そういう気持ちでいるんですね。

そんな中、NHKのTwitterアカウントは「もうおねがい、ゆるしてください」という文言が含まれる幼児虐待死事件の同じ内容のツイートを何度も何度も流し続けます。
そんなツイートを見るたびに憂鬱な気持ちになるボクのいら立ちを、知り合いに離したところ、こんなことを話してくれました。

ウチの奥さんは家で家事をしながら朝昼晩のNHKのニュースをテレビで見るのが習慣なんだけど、ここ最近の虐待死事件の報道については嫌気を感じてるんです。
同じ内容の報道がほとんどで、毎度毎度「お涙頂戴」的な内容に正直呆れているんです。

という話をしてくれました。

確かにそうなんですよ。
ボクが感じているのと近い感覚です。

ボクが受けた印象を率直に書くと、NHKはこの幼児虐待死事件を何度も何度も同じ内容で報じることで、テレビの視聴率やTwitterなどのSNSでの「いいね」の数を稼ごうとしているようにしか見えないんです。
批判を恐れずにいうと、メディアとしての支持を得るために今回のような悲惨な事件をビジネス利用しているとしか思えません。

そういう印象を受けるとなおさら、NHKのテレビやラジオやTwitterが今回の幼児虐待死事件を全く同じ内容で繰り返し発信する行為に憤りや○意しか抱けなくなります。
何なのこのメディアは?悲惨な事件を利用してマスメディア界での地位を向上させようとしてるんじゃないの、ってな邪推しか生まれません。
そして、何度も流れてくるTwitterのNHKアカウントのツイート内容を見続けると、これは邪推じゃなくて事実なんだろうな、と思えてきます。

ボクと同じように感じる人たちがどれほどいるか分かりませんが、公共放送をうたうNHKのこのような報道姿勢に対して、何か強力な力が正しい報道へと矯正する必要がある気がします。
NHKの存在意義を否定するつもりはありません。
でも、今のNHKは民法のワイドショー番組とほとんど変わらない質の報道をしています。
その事実にすら気づいていないNHKには、強大な力を持ってして改革を迫るしかないと思うんです。

NHK自身が「もうおねがい、ゆるしてください」というその日までね。(笑)
ese_admin at 23:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
最新コメント