2020年10月14日

CATIAをリモートデスクトップ接続で使う

客先で聞いた小ネタです。

リモートワークなどが普及した現在、色々な企業の社内のPC端末を、外部からリモートデスクトップ接続して欲しいという要望が多くなりました。

ま、リモートデスクトップ接続の許可設定をするだけですけどね。
あー、そういえばActive Directoryを導入している会社だと、リモートデスクトップ接続の設定が結構面倒です。
Windowsログインの資格管理をドメインコントローラでやるので、ドメインコントローラ側でチマチマした設定をする必要があります。

関心がある方は、是非調べてみてください。

で、そんな調子でリモートからPCに接続できるように設定したり、新たな拠点間VPN接続を設定したり、外部からPPTPやL2TP接続できるようにしてました。

そのように設定して回っていたうちの1台のPCが3次元CAD用PCでした。

Process_by_catia3次元CADのCATIA(キャティア)がインストールされているPCです。

で、一通りの設定をやって、外部のPCからCATIAのPCにリモートデスクトップ接続をしました。
ちゃんとログインできます。
そして、CATIAを起動しようとしたら、なんとライセンスエラーが出てしまいました。
リモートデスクトップ接続をした状態でCATIAを利用する場合には、別途ライセンスを追加購入する必要があるみたいです。

困ってしまって、それ系に詳しい人にこのライセンスエラーの事を尋ねてみたら、今回のコロナ禍の関係でCATIAのメーカー側が、リモート接続用のライセンスを無償提供しているという話を教えてもらいました。
なんて寛大な対応!
でも、2020年12月までだそうです。
なんて狭量な対応!(笑)

ま、実際、CATIAというソフトはとても処理が重いソフトですし、リモートデスクトップ接続で果たして使い物になるかもわかりません。
だったら、とりあえず無償提供期間にライセンスをインストールしてもらって、お試しで12月まで使ってみて、十分使い物になるという判断が下れば、2021年以降、お金を払ってそのリモート接続ライセンスを購入したらいいんじゃない?いくらか知らんけど。

そんな話をしてました。

それから数日後、ライセンスをインストールしてもらうの?と担当者に尋ねてみたら、なんでもその後、リモート接続ライセンスなしの状態でCATIAを使う方法を発見したそうです。

やり方は簡単。
いつも通りCATIAをローカルPC上で起動して、その起動した状態で他のPCからリモートデスクトップ接続するだけ、というものです。
それだけで、リモートライセンスが無くてもCATIAが使えるようになるそうです。

CATIAユーザーの皆さん、一度試してみてはどう?
ese_admin at 20:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
最新コメント