2022年01月25日

「竹内街道・横大路(大道)すごろく」

難波から飛鳥へ通じる日本最古の官道「竹内街道・横大路」のPRのため、
すごろくが作成されたようです。
ダウンロードはこちら

すごろくは、〇〇Eatesの「小野乃井 もこ」ちゃんが、大阪から飛鳥へ配達する設定。
ネーミングがスゲー・・・(^^;

竹内(たけのうち)街道は、難波宮から堺市、羽曳野市、太子町を経て、
當麻寺までの道のり。

コロナ前に、空き家セミナーで太子町役場へ行ったことがありますが、
風景の良さに感動したことが思い出されます。

暖かくなったら、ちゃんと歩いてみたいですね。


【「最古の国道」すごろく散歩】

竹内街道・横大路PRへ
sugoroku

堺市など実行委作成
 大阪、奈良にまたがる文化庁の日本遺産で、「日本最古の国道」として知られる「竹内街道・横大路」をPRしようと、堺市など沿道自治体でつくる実行委員会は、オリジナルの「すごろく」を作成した。実行委と堺市のホームページからダウンロードできる。

 竹内街道・横大路は613年に難波と飛鳥を結ぶ道の一部として整備され、大陸からの使節団が技術や文化を伝えるルートになったとされる。2017年に日本遺産となった。

 実行委は昨年にイベントを予定していたがコロナ禍で中止となり、今年は1月末までインターネット上で「オンラインまつり」を開催。これに合わせてすごろくも公開し、自宅にいながら散策気分を楽しんでもらうことにした。

 参加者は遣隋使に見立てた「配達員」となり、大阪を出発。サイコロの目で止まったマスの指示に従いながら、堺打刃物や河内鴨、三輪そうめんといった特産品を集めつつゴールの飛鳥を目指す。

 堺市の担当者は「家庭で楽しんでもらい、コロナが落ち着けばぜひ現地に足を運んで」と話している。
(1月25日 読売新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2022年01月21日

「よい謝罪〜仕事の危機を乗り切るための謝る技術」

昨日、大阪府不動産コンサティング協会の研修会を開催しました。

テーマは、「よい謝罪〜仕事の危機を乗り切るための謝る技術」。
講師は、株式会社フェザンレーヴの竹中功氏。
吉本興業の謝罪会見を取り仕切ってこられたご経験をお聞かせいただきました。

大前提にあるのは、謝罪はゴールではなく、
ゴールへ向かうための道具のひとつにすぎないということ。

だから、10回土下座しようが、10万円用意しようが、ダメなものはダメ。
それを受け入れるかどうかは、相手が100%決めます。

被害に遭った方が救済されるのは当然。
でも、その前に精神的・感情的な解決を図る必要があるわけです。

では、謝罪に必要なことは、
・現状把握・・・正確に数字で
・スピーディーな対応
・ゴールを設定した「シナリオ」

つまり、「誰が」「誰に」「何について」謝るのかを明確にすることが大切。
ここで、弁解したり、言い訳したり、噓をついたりしたら炎上しちゃう。

たとえば、某お笑い芸人の焼肉店で食中毒が出た際には、会見で、
・被害に遭った方とそのご家族
・予約キャンセルで迷惑をこうむったお客様
・従業員とそのご家族
に謝罪したわけ。

・・・と、ここまで書いてきましたが、実は、氏が本当に伝えたいのは、
そのテクニックなんかじゃなく、「謝らなくてよい方法」。

想定される業務上のリスクを列記して、その可能性を皆で共有し、
実際に起こった場合にどうするかをシミュレーションしておく。

平時の危機管理が、「よい謝罪」につながるわけですね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2022年01月17日

家の相続で大変だったこと

日本トレンドリサーチと日本クレアス税理士法人が共同で、
家を相続した経験のある方々にアンケートを実施したそうです。

これによると、56%の方々が、大変だったことがあると回答。

大変だった内容は、
 ・名義変更・・・30%
 ・相続の進め方・・・23%
 ・親族間での人間関係・・・21%
 ・相続税・・・15%
と続きます。

個別のコメントを見ると、
 何もかも初めてで何から手を付けてよいのか分からなかった。
 過去の名義変更ができていなくて遡るのが大変だった。
 兄弟げんかになって10年後の今でも絶縁状態。などなど・・・(^^;

もっとも核心を突いたコメントはこれでしょうね。
「司法書士のあてもなく、売却を相談する不動産業者のあてもなかった。」

一般の方々が、相続登記や家の売却に詳しくないのは当たり前。
初めてなんだから。

われわれ専門家としては、「こういう場合は誰に相談すればいいか」の
道しるべをたくさん立ててあげる必要がありますね。


【家の相続で最も大変だったことTOP3、3位親族間の人間関係、2位進め方、1位は?】

家の相続について、大変な経験をした方も少なくないのでは?

今回日本トレンドリサーチは、日本クレアス税理士法人と共同で事前調査で「親族から家を相続したことがある」と回答した全国の男女800人の方々にアンケートを実施した。

まずは、家を相続するときに大変だったことはあるかについて聞いた。

家を相続するときに大変だったことはありますか?

56.4%が家を相続するときに大変だったことが「ある」と回答した。

では、どのようなことがもっとも大変だったのか。「ある」と回答した方に、家を相続するときにもっとも大変だったことは何か聞いた。

もっとも大変だったことは何ですか?


「名義変更」と回答した方が30.8%と、もっとも多い結果になった。

まとめ
今回は「家を相続するときに大変だったこと」についての調査結果を紹介し、56.4%の方が家を相続するときに大変だったことが「ある」と回答した。

その中でも30.8%の方が「名義変更が大変だった」と回答し、もっとも多い結果になった。

相続権利者が複数いたり、以前の名義変更が出来ていなかったりなど、相続をする状況になって初めて分かることも多いので、想像以上に大変になる場合も多いようだ。

次に多かったのは23.7%の方が回答した「相続の進め方」。家の相続というのは一生のうちで何度も経験することではなく、分からないことも多いので、その道のプロである「税理士」などに相談してみるのもいいかもしれない。
(1月16日 @DIME)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2022年01月06日

「在宅医療と精神的ケア」

昨日、SG阪神いきかた研究会の勉強会を開催しました。

テーマは、「在宅医療と精神的ケア」
講師は、おかやま在宅クリニックの岡山容子院長。

死は「敗北」と考える医療人が多い中、
死は「安らかなゴール」と考えて僧侶資格まで取っちゃったお方。
在宅看取りの現場についてお聞かせいただきました。

内閣府の平成24年度「高齢者の健康に関する意識調査」によると
54%の方々が自宅で最期を迎えたい。
病院などで迎えたいのは27%。

しかし、現実は、74%の方が病院でお亡くなりなんだって。

じゃ、病院って何でしょう。
これは、病気を治すための箱。
本来、死ぬまでお世話になるところではないんです。

対して、在宅医療は、「身体の弱り」がある方のための医療。
治す医療というより、生活全体を支える医療なんですね。

でも、在宅医療による看取りのイメージは、
 ・家族に覚悟が必要?
 ・夜に何かあると救急搬送?
 ・何もしてもらえない?
 ・苦しんで死ぬ?

これらに対する、岡山院長の答えは、
はぁ?何で?・・・(^^;

ちゃんと知識を持って、
訪問看護などのチームを結成しておけば、
「患者さん」ではなく「お父さん」のまま大切な人の近くで旅立つことができる。

自分の死に方は、自分で決めておきたいですよね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2022年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になり、ありがとうございました。

私の今年のテーマは、「疾風頸草」です。
逆風の時こそ志操を守りたいと思います。

本年もご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。
             2022年 元旦 


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2021年12月29日

「棟下式(むねおろししき)」

「棟下式(むねおろししき)」というのがあるようです。
これは、取り壊さざるを得ない建物に感謝と別れを告げる式典のこと。

棟下式運営委員会が提唱している取組みで、コンセプトは、
お世話になった建物に感謝を伝え、地域の皆さんと一緒に楽しくお別れする。

「地域の皆さんと一緒に」がポイントですね。

解体をポジティブにとらえるきっかけになりますし、
ひいては空き家を放置しない啓発にもなりますね。

地域を巻き込むひとつの方法ですね。


【建物に感謝と別れを伝える式典「棟下式」は令和の新しい伝統行事になるか?】

総務省「平成30年住宅・土地統計調査」によると、日本の空き家は864万戸(空き家率13.6%)、別荘などの「二次的住宅」を除いた空き家数は808万戸、うち「その他の住宅」(物置、長期不在、取り壊し予定の空き家等)は347万戸にのぼるという。

空き家にしたままにする理由は、下のグラフが示すとおり。様々な理由はあるが、町の景観を損なったり、犯罪の温床になりかねなかったりするなど、問題が多いのが実情だ。

空き家にしておく理由

昨今、こうした問題を解消すべく「アキサポ」をはじめした空き家を活用したビジネスがコロナ禍で人気があるものの、現状の空き家がすべて活用されるとは考えにくい。――となると、著しく老朽化した犲茲蟆さざるを得ない状態瓩侶物はできるだけ放置せず、解体して次なる土地の利活用へ回す必要がある。

そんな中、注目されているのが「棟下式(むねおろししき)」だ。建物の造営が成就した際に執り行われる建築儀礼「上棟式」であれば聞き覚えがあるが、棟下式という言葉は知らないという人がほとんどだろう。

棟下式とは、ポラスグループ 中央グリーン開発株式会社と合同会社パッチワークスが立ち上げた棟下式運営委員会が作った言葉で、取り壊さざるを得ない建物に感謝と別れを告げる式典のこと。

この取り組みは、「建物を新しく建てる際は 『上棟式』を行うが、なぜ取り壊すときにはそのような式がないのか」「リノベーションでリユースできる建物は良いが耐震や老朽化で取り壊さざるを得ない建物に、きちんとお別れをする式典があってもよいのでは」――といった想いに応えようと考えたのがきっかけ。

2017年4月、埼玉県越谷市の旧企業研修施設再開発プロジェクトをきっかけにスタートした棟下式は、「お世話になった建物に感謝を伝え、地域の皆さんと一緒に楽しくお別れする」「使えるものはリユースする」、そうした取り組みが評価され、2019年にグッドデザイン賞を受賞。その後、民家や歴史的建造物、都心ビルや大学校舎、消防署など、家族や地域で想い入れのある建物解体に際し棟下式が執り行われ、2021年9月現在、25事例、約3000名の 人が参列しているという。

小さな取り組みが徐々に浸透していく中で、エリアを問わず誰でも気軽に棟下式を開催できる『棟下式セルフ開催キット』が発売された。キットには 「棟下式開催の手引き」や各種ツールのほか、オンラインによる相談サポートも含まれているので、個人でも安心して棟下式ができるという。

実際に行われた棟下式の様子はこらち。
https://www.muneoroshiki.com/movies

棟下式行った施主からは、
●民家・相続事例
「家族が現実を受け止め、気持ちに区切りをつけるよい機会になった」
●都内ビル解体事例
「オーナーも知り得なかったようなたくさんのビルへの思いを知ることができた」
●築100年超の蔵解体事
「皆さんが一つ一つ古材を外に運び出して行く時には、まるでそれぞれを養子に出したような気になりました。ちょっと寂しい気持ちもありますが、行く先が決まって本当に良かったと思いました。本当に本当にありがとうございました」
といった声が寄せられているという。

棟下式運営委員会では、現在、47都道府県の企業・団体等を対象に『棟下式セルフ開催キット販売協力店』募集を開始したという。これを機に、
棟下式が常識になり、空家問題解決の一助になっていきそうだ。
(12月26日 @DIME)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 10:39|この記事のURLComments(0)空き家 

2021年12月27日

故意に車をぶつけた!・・・_| ̄|○

御殿場市で、故意に他人に車をぶつけた男が逮捕されたようです。

動機は・・・
境界トラブル?・・・_| ̄|○

記事によると、被害者は加害者の隣人の親族。(複雑・・・)
で、被害者の自宅敷地内で車をぶつけたんだとか。

境界確認の途中でキレちゃったんでしょうか?

他人事じゃないですね。
怖いですね〜(^^;


【土地の境界線めぐりトラブルか 隣人の親族に車をぶつけた男を逮捕 静岡・御殿場署】

24日、隣の住人の親族に対して、故意に車を衝突させたとして、御殿場市の男(70)が逮捕されました。

逮捕されたのは御殿場市に住む無職の男(70)で、24日午前9時頃、自宅の敷地内で会社役員の男性(60)に対して故意に車をぶつけ、ケガをさせた疑いが持たれています。
御殿場署によりますと、被害に遭った男性は、男の隣に住む家の住人の親族で、男は隣人との間に土地の境界線をめぐるトラブルを抱えていたということです。
容疑を認めているかは明らかにしていません。
警察は、事件に至った経緯や動機を調べています。
(12月25日 テレビ静岡)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 05:57|この記事のURLComments(0)境界 

2021年12月20日

農地付き空き家の取引

農地付き空き家の取引について、耕作面積の要件を大幅に緩和した市町村が
増えてきているようです。

東北では、登米市、福島市、郡山市、白河市などが
空き家バンクへの登録を条件として「1岼幣紂廚飽き下げ。

郡山市では、4件の取引が成立していて、
農地面積は約140〜690屬世辰燭鵑世箸。

内閣地方創生事務局は動揺しているようですが、
少なくとも、これがなければ140屬稜醒呂藁通しなかったわけでしょ?

市場に任せることの大切さに気付いてほしいですね。


【耕作面積1平方メートルでも売買可 農地付き空き家の取引拡大】

 農地付き空き家を巡り、耕作面積がわずか1平方メートルでも売買を許可する市町村が増えてきた。取引要件を緩和した2020年1月の改正地域再生法の施行を受けた独自施策だ。しかし極端な要件緩和には、法改正を手掛けた当の内閣府地方創生事務局も「想定外」と動揺を隠せずにいる。

法改正で要件緩和
 東北で空き家に付随する農地の面積要件を「1平方メートル以上」に引き下げたのは登米市、福島市、郡山市、白河市など。いずれも「空き家バンクへの登録」といった条件を付した。

 農村環境を保全するため、農地を取得するには原則5000平方メートル以上の耕作面積を確保しなければならなかった。一方で後継者不足に悩む農村地域は、空き家や遊休農地の解消が課題になっていた。

 こうした現状を踏まえて国は、地方移住や新規就農を促す改正地域再生法を施行。農地付き空き家に限って耕作面積の要件を各自治体の農業委員会に委ねた。

 耕作面積の要件を1平方メートル以上とした郡山市農業委員会事務局は「空き家の解消を最優先に考えた。ネコの額ほどであっても農地を確保してもらえば問題ない」としている。既に4件の取引が成立しており、実際に取得された農地面積は約140〜690平方メートルだった。

「想定していなかった」
 地方創生事務局の説明資料は「新規就農を促進するために適当と認められる農地面積」を「10アール(1000平方メートル)未満も可能」と説明し「1アールとしている例もある」と紹介している。

 事務局は「耕作面積を1平方メートルまで下げるとは想定していなかった。空き家を有効活用するにも農地保全が大前提と理解してほしい」と困惑する。

 農地法などで土地売買を規制している農林水産省は「移住を促そうとPRの意味合いを含めて市町村が設定した下限面積と実際の取引面積は別物」(農地政策課)と分析。農地保全の方針に変更はないとしている。
(12月19日 河北新報)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 07:34|この記事のURLComments(0)空き家 

2021年12月18日

令和2年分の相続税の申告事績

国税庁が、令和2年分の相続税の申告事績の概要と、
令和2事務年度における相続税の調査等の状況を発表しました。

死亡者数は137.2万人。
課税対象は12.0万人で8.8%。(前年+0.4ポイント)

1人当たりの課税価格は1.36億円で前年▲75万円。
1人当たりの相続税額は1737万円で+23万円。

財産のうち、不動産の割合は40%で前年+0.4ポイント。
前年と大きくは変わっていませんね。

一方、調査の状況は、
調査件数が5106件で前年の半数以下。コロナの影響ですね。
申告漏れ等が4475件で87.6%。
調査1件当たりの追徴税額が943万円で前年+302万円だって。

⼤⼝や悪質な不正が⾒込まれる事案を優先して調査したので、
調査件数は少なかったけど、1件当たりの追徴税額は過去10年で最⾼。

何度か書いていますが、調査に入られた方のほぼ9割の方が指摘を受けて、
943万円も追徴されているのが実態。

くれぐれも、隠しちゃダメですよ。


【相続税の申告漏れ1785億円 コロナで調査半減、国税庁】

 国税庁は16日、2020事務年度(昨年7月〜今年6月)の調査で、相続税の申告漏れが前年度に比べ41・4%減の1785億円だったと発表した。新型コロナウイルス禍で、調査件数が5106件と前年度から半減したことが影響した。
 一方、申告書の提出件数は12万372件、課税価格の総額は16兆3937億円で、基礎控除額が引き下げられた15年以降で最も多かった。国税庁の担当者は「近年の株高で、申告が必要な人が増えたのではないか」と分析した。
 主な財産別は土地6兆389億円、現金・預貯金5兆8989億円、有価証券2兆5811億円、家屋9302億円。
(12月16日 共同通信)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2021年12月17日

「身の安全を守る気象情報〜記憶に残る情報発信とは〜」

昨日、KRICの北地区・千里地区合同研修会に参加させていただきました。

テーマは、「身の安全を守る気象情報〜記憶に残る情報発信とは〜」。
講師は、NHKおはよう関西でおなじみの塩見泰子さん。
日ごろ、ご自身が気を付けていらっしゃることをお教えいただきました。

「伝える」ことの目的は、
聞き手が理解して、行動に移すこと。

曰く、「伝えた≠伝わった」「聞こえている≠理解した」。
う〜、ごめんなさい・・・(^^;

伝えるためのステップとしては、
 ー分が理解する
 何を伝えればよいかの「軸」を1つ決める
 説明するためのピース(画像、着目点)を用意する

ここで大切なのは、軸を1つに絞ること。

テレビの天気予報コーナーは、だいたい次のような流れ。
どこかの風景→天気図→雨雲レーダー→各地の天気・気温→週間天気予報

たとえば、長雨かつ熱帯夜が続いているような時、
画面が切り替わるたびに「土砂災害に注意」「熱中症に注意」と混ぜちゃうと、
視聴者の頭にはどちらも残らない・・・

土砂災害を訴えたいなら、そのコーナーでは土砂災害1つに絞る。
参考になりました。


土地家屋調査士 大阪 和田清人