2006年03月

2006年03月31日

京都産業大学寄付講座

大阪土地家屋調査士会は、京都産業大学法学部に
「土地家屋の調査と表示の登記」という講座を提供しています。

平成14年から毎年行なっている、社会貢献の一環としての事業です。
今年も4月10日から14週間の講座がスタートします。

今日はその打合せがあり、担当講師の決定と委嘱状の交付が行なわれました。
私も2講と9講を担当させていただくことになりました。

昨年は380名の学生が受講したとのこと。
・・・そんなに沢山?

コトハナの成果は発揮できるのか?
ドキドキです。


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月30日

地図混乱

お隣より、地図訂正の承諾印を求められた方から、
押していいかどうかの相談をいただきました。

法務局で調べてみると、
現況は左図のような土地が、公図では右図のようになっていました。(^^;

ご本人は、戦後からずっとお住まいで、
「まさか自分の土地が・・・」と驚いておられました。

お隣の代理人の調査士さんと話をして、
こちらの土地もついでに測量してもらうことになりました。


土地の欠陥は、きっかけが無いと表面化しません。
これからお買いになる方は、事前調査を十分行なってくださいね。


土地家屋調査士 和田羶
本来あるべき形ところが何と!

2006年03月29日

コトハナ・セミナー第6講

昨日は、第6講「積極性を養う」。

スピーチのテーマは、行動を起こさせる話。
体験→行動→利益に分けてパンチを効かせる。

受講生の方のお話からも、
バランスボールをパソコンチェアーにして腰痛を治したお話や、
口角を上げ、歯を見せて1分保持する笑顔のトレーニングなど、
私自身が行動を起こさせられました。(^^;


このコトハナ・セミナー、5月クラスの日程が決まりました。
5月からは、神戸クラスもスタートします。
オリエンテーションと、第1講、第10講は見学可能です。
神戸の皆様、ぜひおいでください。

コトハナ・セミナー神戸第1クラス
 会場:神戸国際会館(阪急三宮駅徒歩3分)

 オリエンテーション 5月10日(水) 18:30〜20:30
 第1講  5月24日(水) 18:30〜21:00
 第2講  5月31日(水)   〃
 第3講  6月 7日(水)   〃
 第4講  6月14日(水)   〃
 第5講  6月21日(水)   〃
 第6講  6月28日(水)   〃
 第7講  7月 5日(水)   〃
 第8講  7月12日(水)   〃
 第9講  7月19日(水)   〃
 第10講  7月26日(水)   〃


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月27日

欠陥住宅フォーラムin堺

4回目の欠陥住宅フォーラムが無事修了しました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回は、毎日新聞と読売新聞が告知記事を掲載してくれました。
新聞の威力は絶大ですね。
当日の朝刊を見て2名がご参加。
しかも図面をお持ちになってのご相談でした。

いつも思うのは、現実に大変な目に遭ってる人がいるということ。
と同時に、今なお無防備に契約をしてしまう人がいるということ。
みんな、「自分だけは大丈夫」って思ってるんでしょうね。

事後の救済活動では、できることが限られてしまいます。
もっと事前にすべきことがあるということを知ってほしいものです。


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月24日

平成18年公示地価

23日に公示地価が発表されましたね。

大阪府内の商業地が15年ぶりに上昇しました。
でも、大幅に好転したのは、梅田・心斎橋・難波など一等地だけ。
圏域全体では、5割の地点が下落しています。

住宅地では、大阪市の中心6区と、芦屋・西宮・神戸市灘区等の阪神地域が上昇しました。
しかし、圏域全体では7割の地点が下落しています。

さらに二極化が進んでいますね。

      住宅地  商業地
大阪府   -1.9   +1.2(%)
 大阪市  -0.5   +3.4
 中心6区 +1.7   +6.0
 北大阪   -1.8   -1.5
 東大阪   -1.0   -0.6
 南大阪   -3.1   -2.6
兵庫県    -0.8   -0.3
 神戸市   -2.9   -0.6
 阪神地域 +1.2   +0.1
京都府   -1.4   +3.2
 京都市  -0.2   +4.1
 その他  -2.8   -2.3


大阪圏で最も地価の高いところは、
 北区角田町(阪急百貨店やナビオのあたり)・・・600万円/
 北区梅田一丁目(大阪駅前第1〜4ビル)・・・590万円/

ちなみに全国では、
 千代田区丸の内(丸の内ビルディング)・・・なんと!2440万円/

そら、境界でモメるわ・・・


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月23日

あっせん人として心がけたいこと

大阪弁護士会・大阪土地家屋調査士会共催のADR事例研修会に出席しました。

講師は第2東京弁護士会の大川宏先生。
約16年の仲裁人経験から、とても重みのあるお話をお聞かせいただきました。

「心・技・体の中で、最近は調停『技』法のみがクローズアップされている。
 今日は『心』について話したい。」
というオープニング。

紛争解決のために本当に必要なものは何なのか、改めて考えさせられました。


心がけたいこと
 仝従譴鮓る
 ∩瓩瓩棒覆肪紊い討い
 できるだけ同席で手続を進める
 そ駝未砲茲訖款擲示
 ゥープンエンドセッション
 腑に落ちるまで待つ
 打たれ強くなる
 紛争は生き物である
 疲れ切るまで格闘する

私なんか、まだまだですね・・・


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月18日

不動産登記規則第93条調査報告書

昨日、「明日のChosashiを考えよう会」という、
土地家屋調査士有志の勉強会に参加しました。

その中で、不動産登記規則第93条の調査報告書の案を見せてもらいました。
法務省のOKは出ており、近々この調査報告書に統一されることになるようです。

ざっと、300項目の報告書です。
確かに大変ですが、我々専門家が現場の情報を詳細に記録することで、
登記官の実地調査を省略できるということ。
プライドと責任を感じます。


【不動産登記規則第93条】
登記官は、表示に関する登記をする場合には、法第29条の規定により実地調査を行わなければならない。ただし、申請に係る不動産の調査に関する報告(土地家屋調査士又は土地家屋調査士法人が代理人として登記を申請する場合において、当該土地家屋調査士が作成したものに限る。)その他の申請情報と併せて提供された情報又は公知の事実若しくは登記官が職務上知り得た事実により登記官が実地調査をする必要がないと認めたときは、この限りでない。


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月17日

税務ビジネス研究会

昨日、今仲清先生主催の、税務ビジネス研究会に参加させていただきました。

新情報は、据置期間なしの一時払年金。
生命保険に入れないご高齢者の、直前対策に使えそうです。

各社、いろんな商品を開発してきているため、
しっかりアンテナを張っておかないと、ベストな提案ができなくなりますね。


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月15日

コトハナ・セミナー第5講

昨日は、第5講「集中力を発揮する」。

即席スピーチには2通り。
「その場ですぐに」考える話と、
「席に即した」内容をあらかじめ用意しておく話。

後者を常に心がけておけば、
いざという時にあわてなくてすみますね。


※コトハナ・セミナーのHPが完成したようです。
一度覗いてみてくださいね。
http://kotohana.com/


土地家屋調査士 和田羶

2006年03月13日

焼飯セット(チャーハン付)

menu久々に出前を頼もうと思い、こんなメニューを見つけました。

これ、おそらく「探偵!ナイトスクープ」で放映されていたお店です。

早速頼んでみようと、電話をかけました。

「お客様の住所は、配達圏外です。」

・・・なんでウチにメニューを届けたん?


土地家屋調査士 和田羶