2006年08月

2006年08月31日

東京に決定!

2016年夏季オリンピックの立候補都市が
東京都に決まりました。

勝因は、知名度・財政力と・・・

・・・用地取得の問題。


福岡市は、主会場や選手村予定地に多くの地権者がいて、
円滑な用地取得に疑問符がついたようです。

地価上昇トレンドの昨今、
なかなか売ってくれませんよねぇ〜(^^;

ホント、土地が絡むと複雑になりますね。


【東京都に決定 2016年夏季五輪国内候補都市】

 2016年夏季五輪の開催を目指す日本の立候補都市が30日、東京都に決まった。東京都内のホテルで開かれた日本オリンピック委員会(JOC)選定委員会の委員55人の投票で、東京都が33票を獲得して22票の福岡市を抑えた。東京都は前回の日本開催だった1964年以来、アジアで初めてとなる2度目の夏季五輪開催を目指す。16年五輪の開催都市は09年10月2日、コペンハーゲンで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まる。
 東京都は世界的な知名度と豊かな財政力を背景に、首都機能を生かした計画が評価された。主会場や選手村などの用地が都有地で、取得の問題がないことなども好印象を与えた。
 福岡市は地方都市の挑戦を旗印に、競技会場を3地域に集めるコンパクトな大会を目指し、競技団体からは東京都よりも高い評価を受けた。しかし、主会場や選手村の予定地に多くの地権者がおり、用地取得に問題があることや財政力に疑問符がついた。
(08月30日 asahi.comより)


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月30日

微妙・・・

築30年マンションの敷地測量の相談をいただき、
現地に行ってきました。

結果的には、測量不要という判断をしました。_| ̄|○


その後、いろいろ書類を見ながら話をしていると、
今は使われていない地下ピットが、未登記建物として
課税されていることがわかりました。

「正しい課税」という意味では、更正してもらうべき。

でも、区分所有者1人当たり100円、
マンション全体でも10万円くらいのことなんですね。


動くべきかどうか
微妙・・・


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月29日

大阪府地籍フォーラム

24日に大阪府の地籍フォーラムが開催されました。

大阪府立労働センター(エルシアター)がほぼ満席。
各機関の関心の高さが窺えます。


地籍とは、一筆ごとの土地に関する
地目・地番・地積・所有者等の記録のこと。

この土地の実態を正確に把握するために
市町村等が測量を行なうものが地籍調査です。


この地籍調査、大阪府での進捗率は
全国ワースト1の2%。

そこで、大阪府では、平成27年までに全市町村が調査に着手し、
進捗率10%以上を目標にした
「大阪府地籍調査促進戦略」を打ち立てたようです。

地籍調査の効果としては、
・公共事業の円滑化→経済活動の活性
・不適正課税の是正
・災害復旧の迅速化
などが挙げられます。


今回、実例として発表があったのは田尻町。
従来1.96k屬世辰燭里関西国際空港により3.86k屬法
さらに平成21年の第2期空港島で5.6k屬悗搬腓く動きます。

そのため、田尻町では地籍調査が進んでおり、
現在、町内の6割が完了しているようです。


担当者が体験談として語ってらっしゃったのは、

「境界は、声の大きい人が有利になってしまった。」とか
「根回し不足で、現地でモメてしまった。」とか・・・

次回はぜひ、土地家屋調査士にご用命ください!(^^;


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月28日

えらい剣幕で・・・

週末、隣接地所有者のお宅に測量のご挨拶に伺いました。

いきなり・・・
「まだ返事してへんのに、測量って何や!」

えらい剣幕で怒鳴られました。(^^;


よくよくお話を聞いてみると、
別ルートで、土地を売って欲しいとの話があるとか。

誤解が解け、快く立会いに来てくださる
お約束をいただきました。


土地が動く時には、みんなデリケートになりますね。

細心の注意が必要。
改めて痛感しました。


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月25日

『関西分譲マンション事情』

昨日、久しぶりに、SG(スタディ・グループ)お初天神に
出席しました。

今回のテーマは、「関西分譲マンション事情」。
有限会社エム・アール・シーの田中政則さんによるお話です。

10万件を超える新築マンションのデータから、
近畿圏の供給戸数や平均価格、初月契約率などの推移を
お聞かせいただきました。

全体的な流れとしては、
・金利上昇等による駆け込み需要は少ない。
・二極化顕著。郊外は弱含み。
・用地不足。→販売価格アップ

特に大阪の中心4区については、'05年から平均価格が
ハネ上がっています。
販売途中から値上げをした物件もあるようですね。


これからのマンション購入は、3つの「P]、
・Place
・Price
・Plan
のチェックが重要。

やはり、立地が一番ですね。


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月24日

角栄邸跡地に大型運動公園

故田中角栄元首相邸、いわゆる「目白御殿」の跡地が、
大型運動公園として整備されるようです。

この土地は、元首相の約65億円(!)の相続税の
のために物納されたもの。

今回、文京区が、隣接する運動場跡地と共に取得。
'09年春のオープンを予定しているとのことです。

物納コラムパート2でした。(^^;


【目白の角栄邸跡地に大型運動公園】
 相続税として国に物納された故田中角栄元首相の私邸(東京都文京区台1丁目)の土地約2000平方メートルを文京区が取得し、公園として整備する計画が進んでいることが21日、分かった。隣接する国家公務員共済組合連合会の運動場跡地も同時に取得する計画。約3万平方メートルの大型運動公園として09年春にオープンする予定だ。

 文京区の一等地に広がる元首相の私邸は「目白御殿」と呼ばれ、元首相の盛衰を見守ってきた。総面積8230平方メートルのうち、ファミリー企業「長鉄工業」が所有する南側の敷地を除く5830平方メートルが元首相の所有分だった。しかし、93年12月に元首相が死去し、約65億円にも上るばく大な相続税が発生。現金での総額納付が困難だったため、長女の田中真紀子衆院議員ら遺族は97年、私邸の目白通りに面した北側の敷地約3100平方メートル強(約30億円相当)や軽井沢の別荘を物納した。

 物納は原則として“さら地”でないと認められない。そのため、元首相の妻名義で取り壊せない南側の住居部分を除いて、物置などを取り壊した。また、車の出入りのために奥の住居部分までの私道が残された。その後、00年に目白通りを隔てて向かい側の日本女子大が物納された敷地の西側約1200平方メートルを、大蔵省関東財務局から約7億8000万円で取得した。

 今回、区が買い取るのは東側に残っている敷地約2000平方メートル。区は、私邸の東側に隣接する国家公務員共済組合連合会の運動場跡地約2万8000平方メートルも取得する計画。04年12月、土地を管理する関東財務局と、運動場の閉鎖を決定した連合会が区に買い取りを打診していた。

 新たに整備される運動公園は約3万平方メートル。野球場2面がとれる多目的広場のほか、テニスコート6面、子ども広場を整備。09年春のオープンを目指している。事業費は土地の取得額だけでも約140億円で、区の年間予算の4分の1に当たる。運動場跡地にはマンション建設の情報があり、区は建設されれば紛争になりかねないとして土地の取得を決めた。区は「思い切った決断だった。区民にぜひ利用してほしい」と話している。
(2006年08月22日 スポニチより)


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月23日

『争族防止のための遺言書作成のポイント』

TUK会の研修会に行ってきました。

今日のテーマは、山本和義先生による、
「争族防止のための遺言書作成のポイント」。

豊富な事例に裏打ちされたお話は、
いつもながら新たな発見の連続でした。


今、財産を残す側は、旧民法の家長制度で育ってきた人。
まず、「家」の名を汚さないことを優先します。

しかし、財産をもらう側は、新民法で育った人。
均等均分相続により、末子も分け前を主張します。

渡す側ともらう側の考え方の違いが、
相続争いの大きな原因のひとつなんですね。

この、世代間のギャップが無くなるまで、
つまり、あと20〜30年は、どうしてもモメてしまう・・・


モメない対策としては、やはり遺言書が最も効果的です。

特に遺言書が必要と思われるケースは、

 〇劼無く、配偶者と親・兄弟姉妹が相続人となる
 ∪荳覆了劼噺綺覆了劼いる
 子の中で特別に財産を多く与えたい者がいる
 ず盪困鰺燭┐燭ない子がいる
 チ蠡蓋△量気ぢ垢箏残鏤佶紊忘盪困鰺燭┐燭
 子の嫁に財産の一部を与えたい
 内縁の妻や認知した子がいる
 ╂諺粟は辰砲覆辰紳荵絢圓忘盪困琉貮瑤鰺燭┐燭
 財産を公益事業に寄付したい
 賃貸用不動産または自社株が財産の大半を占める

これらのケースに該当する場合は、
今すぐ遺言書をご検討ください。

そうすれば、ドロ沼を回避することができます。


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月22日

共有者が89人!

400坪強の土地の、境界確定の依頼を受けました。

調査すると、隣接地のひとつが89人の共有!
久しぶりに、43ページものブ厚い全部事項証明書を見ました。(^^;


この土地は、古いマンションの敷地の一部を分筆し、
マンションの方だけに敷地権が設定されたものです。

マンションの専有部分と一緒に、土地の共有持分も
売買されているようですが・・・

1人でも移転モレがあると、境界の立会いが大変です。


土地の共有者が、マンション所有者と一致していますように・・・


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月21日

『ネットビジネスにおける著作権』

今日、大阪土地家屋調査士会の委員会で、
標記の講義をお聞かせいただきました。

土地家屋調査士会がビジネスを興すんじゃないですよ。(^^;
調査士の内部コミュニティでの注意点を確認する目的です。

講師は、大阪工業大学知的財産学部の生駒正文先生。

昔、特許法はかじったことがあったのですが、
著作権法は勉強不足で、知らないことが多かったです。

著作物とは、
 〇彖曚泙燭牢蕎陲
 ∩郎酖に
 I集修靴燭發痢

具体例としては、
 小説、音楽、絵画、建築、写真、プログラムなどの他、
 二次的著作物(翻訳、編曲、映画化等)や、
 編集著作物(新聞、辞書、データベース等)
が挙げられます。

著作物を著作権者の許諾無く使用できる場合は、
 〇篥使用のための複製(家庭内等)
 引用
 H鷄塚目的の上演等(企業内は不可。元々営利目的)
 ぅ廛蹈哀薀爐離丱奪アップ等のための複製
などです。

実務的な注意点としては、
・個人HPに画像等を掲載・・・×
 (不特定多数が見るため、私的使用にならない)

・メール添付で他人の著作物を送る・・・×
 (複製を作ることになる。引用の範囲なら○)

・TV番組をビデオに録画・・・○(私的使用)
 これをDVDに焼き直し・・・○(私的使用)
 焼き直しを業者に依頼・・・×(企業が複製するのはダメ)

・セミナーでの資料の利用
 市販教材を全員に配布・・・○
 市販教材のコピーを配布・・・×
 市販教材の一部を資料中に利用・・・引用なら○

なお、判例によると、引用の要件は、
‖梢佑涼作物を引用する必然性が強いこと
△ぎ括弧をつけるなど、自分の著作物と引用部分とが区別されていること
自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること
そ仆衞声┐鮃圓Δ海


過去のブログ・・・
書き直そっと。


土地家屋調査士 和田清人

2006年08月18日

インターンシップ開校式

大阪土地家屋調査士会のインターンシップが始まりました。

9月1日までの2週間、6名の学生が各調査士事務所で実習します。

志望動機を聞いてみると、
・司法書士を目指している
・父親が不動産関係
・寄附講座を聞いて興味を持った
などなど・・・

キッカケは様々ですが、せっかくの2週間。
何かひとつでも掴んでもらえたらいいなぁって思います。

がんばってね。


土地家屋調査士 和田清人