2007年06月

2007年06月29日

ホントにそれでいいの?

今、境界確定申請中の河川について、河川管理者から、
「主張線を教えて欲しい」との電話がありました。

ここは、昭和47年に当該河川管理者から、
代位で分筆登記が申請されている場所です。

つまり、境界に関する資料は、当然に保有しているはず。

それを、一般国民に「境界を教えてくれ」って・・・

土地の管理者として、ホントにそれでいいの?


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月28日

「売れるサービスの仕組み」

昨日、高萩徳宗さんのセミナーに参加してきました。

3冊目の著書である、「売れるサービスの仕組みの出版記念講演です。

高萩さんの講演をお聞かせいただくのは4回目。
毎回、いろいろ新たな気づきがあります。

「おまけや値引きはサービスじゃない」というサブタイトルの通り、
価格競争をせずに購買回数を増やす考え方をお聞かせいただきました。

高萩さんの経営するベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツは、
「自分らしい旅」を提供する旅行会社。

たとえば、家から出られない障害者や、旅行が不安な高齢者などを
側面からサポートし、夢を実現させるお手伝いをなさいます。

7泊8日の旅行だけを売るのではなく、
出発までの気持ちの高まりや、終了後の夢へのステップも共有するから、
価格競争に巻きこまれないんですね。

高萩さん曰く、
何のためにサービスするのか?

お客様に満足して頂くため?  No. 
お客様に喜んで頂くため?   No.

答えは、      
お客様にもう一度、サービスを買っていただくため。

つまり、サービスとは会社の存在意義そのものなんですね。

自社のサービスを通じて、
 お客様にどんな状態になって欲しいのか
 どんな人生を送って欲しいのか

ミッションを明確にすることが大切ですね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月27日

市道なのに・・・

ある市役所に、市道の境界明示の相談に行きました。

当該市道は、市が認定・管理をしていますが、
実体は、地番が付いている個人所有地。

市は、道路の維持管理のみを委託されているため、
境界確認は民間同士で行なって欲しいとのこと。

ところが、
登記名義人もその住所も現存しない・・・_| ̄|○

道路管理課は、「土地所有者の連絡先は知らない」とのこと。

他人様の土地を管理しているんやから、
連絡先ぐらい把握しとけっつーの!

固定資産税課も、個人情報を盾に何も教えてくれません。

本人にしか教えられない?
その本人がわからへんから聞いてんねん!


登記名義人の住所の変遷を手繰っていき、
2度の相続を乗り越え、
ようやく、他県にお住まいのお孫さんと連絡が取れました。

丸々1日半かかった人探しです。

皆さんは、相続登記はちゃんと行なっていらっしゃいますよね?(^^;


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月26日

白浜一良議員との懇談会

本日、大阪土地家屋調査士会館に
参議院議員の白浜一良先生がおいでになりました。

070626shirahamagiin

国会延長中にもかかわらず、
調査士会との懇談の予定を優先いただいたわけです。
頭が下がります。

白浜議員ご自身も、相続の際に境界でモメた経験がおありとのこと。
土地家屋調査士を最もよく理解して下さっている第一人者です。

「土地の問題解決は民間同士では難しい。
 土地家屋調査士の地道な仕事を評価している。
 公ができることはどんどんサポートしていくので、
 何でも相談して欲しい。」

力強いお言葉をいただきました。
がんばります!


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月25日

同姓同名って言ってもねぇ・・・

栃木県が、道路買収の費用を同姓同名の別人側に支払っていたそうです。

当然、受け取ったおカネの返還を命じる判決が出ましたが・・・

紙面を見るに、相続登記がなされているんですよね?
いくら同姓同名って言ってもねぇ・・・

う〜ん。謎です。


【女性に返還命令 土地買収代金誤払い】

 県道拡幅工事で買収対象となった土地の代金を所有者と同姓同名の別人側に誤って払ったとして、県が、金を受け取った大阪市西淀川区内の女性に約420万円の返還を求めた民事訴訟の判決が25日、宇都宮地裁であった。今井攻裁判官は県側の主張を全面的に認め、女性に対して全額の支払いを命じた。
 訴状などによると、土地は那須町の約280平方メートル。2003年4月、県は買収のため所有者の調査をしたうえで、相続登記していた養女に代金を払った。だが04年になって本当の所有者の通報で、所有者と養女の母親が同姓同名だったことが発覚した。
(6/25 下野新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月22日

現況と登記の不一致

某金融機関様から相談をいただきました。
融資を検討している建物が、登記と違うという内容。

早速現地を見に行くと・・・

070622gattai

別々の2棟の建物を、ブチ抜いて一棟に。(^^;

これでは、イザという時に抵当権を実行できません。
建物合体の登記が必要です。

建物の改造について、軽く考えていらっしゃる方が多いのですが、
「売れない」「借りられない」という視点で見ると、
慎重に動くべきですよね。

流動性があってこそ、資産と呼べるのではないでしょうか?


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月21日

マンション管理フェスタ

9月2日(日)に、天六の住まい情報センターにて
マンション管理フェスタが開催されます。

これは、私が出向させていただいている
大阪市マンション管理支援機構主催のイベントです。

このフェスタ、市民参加型を目指しています。

目玉は、「フェスタで発表会」。
マンション内で、歌やダンスのサークル活動があれば、
会場の舞台で発表しませんか?ってやつですね。

ナイショですが・・・
表彰・景品が用意されるかも。(^^;

全国どこのマンション管理組合でも参加できます。
募集要領はこちら

ぜひチャレンジしてくださいね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月20日

36階建てマンションのヘリポート!

今日、建築中の超高層マンションを見学させていただきました。
大阪市マンション管理支援機構による現地調査です。

屋上ヘリポートなんて、初めての経験でした。(^^;

36階の屋上からの眺望は・・・

絶景!

360度のパノラマが展開されていました。
このまま帰りたくないな〜って、思っちゃいますよね。(^^;

070620mankan-2 070620mankan-1


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月19日

日調連の総会その2

総会の審議再開。
さすがに全国規模になると、議事が1日で終わらないんですね。

議案に対する質問が、まぁ〜鋭いこと。(^^;

代議員は、全国の正副会長と常任理事ですから、
当然といえば当然なんでしょうけど・・・

私が気にも留めなかった項目が議論の対象に。

自分の力不足を痛感しました。

もっともっと勉強するで〜


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2007年06月18日

日調連の総会

今日と明日の2日間、日調連の総会に出席するため上京しています。

全国レベルでは、このように動いているのかって、感動を覚えます。
大阪だけを見ていては、完全に取り残されますね。

18年度事業も知らないことばかりでしたが、
一番驚いたのは、「調査士の歌」。(^^;

恥ずかしながら、知らなかった・・・

♪かぎりなき
 国の栄えを担いたつ
 意識は胸の桐の華
  あしたを望み あしたを拓く
  意気高らかに ゆくわれら
 我等調査士 結びはかたし

一般会員の作詞作曲らしいです。

制度にこめる想いが伝わってきますよね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人