2008年07月

2008年07月31日

生コン偽装の打撃

生コン偽装が、多くのディベロッパーに打撃を与えているようです。

特殊な流通形態が引き起こした事件、
では片付けられないくらいの影響が出ているようですね。

販売中物件は販売を休止。
販売済み物件は全契約を解除。
住宅以外にも約300ヵ所の現場で工事がストップ。
などなど。

何をするねん!って感じですね。(^^;

偽装が長続きするほど、お客はバカじゃない。
真っ当な商売をしましょうよ。


【マンション業界にさらなる打撃!生コン偽装で相次ぐ販売休止】

 7月10日、神奈川県藤沢市の生コンクリート業者、六会コンクリートが、JIS(日本工業規格)に適合しない生コンを規格品と偽り、神奈川県内の196ヵ所の現場に納入していたことが発覚した。さらにこれらの現場のうち5ヵ所でポップアウト現象(打設後のコンクリートの表面が剥がれ落ちる現象)が発見された。

 今回の偽装で驚くほど多くの大手ディベロッパー、ゼネコンに甚大な影響が出ている。野村不動産、オリックス不動産、扶桑レクセル、東京建物、日本綜合地所、積水ハウスなどの大手ディベロッパーは現在販売中の物件にこの規格外生コンが使われていた可能性があるとし、安全が確認できるまでの期限で該当物件の販売休止を決めた。なかには500戸以上の大型案件も多く含まれ、ディベロッパーにとっては大打撃である。

 六会コンクリートという一地方企業にすぎない生コン業者の偽装がこれほどまでに大きな影響を及ぼす背景には、生コン業界の特殊な納入形態がある。

 ディベロッパーからの工事を受注したゼネコンは、まず商社経由で生コンの発注を行なう。商社はそれを、各地方の生コンクリート協同組合に発注。最終的にどの業者が生コンを納入するかは、組合が加入企業に振り分ける仕組みとなっているという。さらに、公平を期すため、1つの現場に2〜3社の業者を参加させる。

 こうして中小でも多くの現場への納入が可能になるが、その結果、「最終的な瑕疵担保責任を負う売り主側も、直接工事を担当するゼネコン側も、誰も生コン業者と直接の接点を持っていない」(ゼネコン業界関係者)ことになる。

 建築現場では、打設前に指定の流動性を持つ生コンが納入されたかを調べる試験は行なうものの「製品の成分を現場で調べることなど不可能」(同上)で、偽装生コンの使用を食い止める手段はない。

 事態を受け、国土交通省は学識経験者による技術検討委員会を設置。2ヵ月程度で規格外生コンが使われた建物の強度や継続使用する際の問題点などを検討する。現時点では「構造上深刻な被害をもたらす可能性が出てくるとは考えにくい」(枡田佳寛・宇都宮大学教授)というが、打設後に時間が経過したらどのような状況になるかは不明である。

 検討委員会で具体的な対処の方向性が決まるまでは、住宅以外にもトンネルや学校などの公共施設も含まれる約300ヵ所の現場で工事がストップ。さらに三井不動産などのように、販売ずみの物件を抱えるディベロッパーのなかには「顧客への引き渡しが大幅に遅れることが予想されるため、一度すべての契約を解約する」(三井不動産)措置を余儀なくされるところも出てきている。

 販売不振に悩むマンション業界には、まさに泣きっ面に蜂の生コン偽装。収束の方向性は当面見えそうもない。
(7月31日 ダイヤモンド・オンライン)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000001-dol-bus_all


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月30日

空き駐車場の有効活用

空き駐車場を有効活用するビジネスがあるようです。

都心の駐車場稼働率は、前年比3割減とのこと。
う〜ん、これでは厳しい・・・

土地には、固定資産税と都市計画税で年間1.7%課税されます。
60年でマイナス100%、つまりゼロってことです。

土地自身にしっかり稼いでもらうということは、
とても大切な考え方ですね。


【ガソリン高で苦境の駐車場 レンタルボックスやバイク向けに転用】

 ■アークスペースが新ビジネス

 ガソリン高騰の影響で自動車利用を控える動きが広がる中、逆風にさらされる駐車場を有効活用する新手のビジネスが登場した。土地活用コンサルティングのアークスペース(大阪市淀川区)は、空き駐車場の無料登録制マッチングサイトを開設、「レンタルボックス」や「バイク駐車場」への転用を促進する。駐車場の稼働率低下に悩む駐車場オーナーの問題解決につながると期待されている。

 アークスペースによると、東京、大阪中心部にある駐車場の稼働率は、ガソリン高騰で前年比3割減にまで落ち込み、駐車場経営の収益率が急激に悪化している。06年6月に施行された改正道路交通法による違法駐車取り締まり強化を見越し、都心部では時間貸し駐車場が急増したが、ガソリン高で自動車利用を手控える傾向が強まり、空車率の上昇につながった格好だ。

 新設したのは、空き駐車場に悩むオーナー向けサイト「エコ・パーク」(http://www.eco−park.net)。駐車場契約者や利用者を土地オーナーに代わって探すサービスで、空き駐車場をニーズが高まっている「レンタルボックス」や「バイク駐車場」へ転用させることで稼働率をあげ、幅広く利用者を募集する。

 書類や物品を収納するレンタルボックスは、郊外に多く、従来、都心部には少なかった。都心部の空き駐車場を積極活用することで、ユーザーの利便性の向上につながる。不動産市況の低迷で、オフィス転居の動きも鈍っており、「都心部のレンタルボックス活用をアピールし、新規需要の取り込みたい」(アークスペース)という。

 バイク向け駐車場への転用も提案する。06年11月に二輪車の駐車場確保が義務られたが、二輪車向け駐車場は慢性的に不足している。都心部では、バイク駐車場を求める声が高まっていた。

 駐車場の中でも特に法人向けが激減し、都心部駐車場の採算悪化が深刻になっている。郊外でもマイカーを手放すケースが増え、稼働率が徐々に上がっている。加えて不動産市況の低迷で、売却先もなく、半ば“塩漬け”の駐車場も少なくない。 

 同社では、10月までに60カ所の登録を見込んでいるほか、同事業から得られる収益の一部を証券化し、業態転換する際の費用を負担するビジネスモデルも計画している。
(7月30日 フジサンケイ ビジネスアイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000003-fsi-bus_all


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月29日

耕作放棄地の再開墾

耕作放棄地を再開墾する動きが出ているようです。

耕作放棄地とは、
「1年間以上作物が栽培されておらず、
 今後数年の間に再び耕作する意思のない所」。

1995年から2005年の10年間で、1.5倍に増えているそうです。

四日市市では、NPOがこれを無償で借り受け、
シロートの会員が農作業を楽しんでいるんだとか。

実は、大阪土地家屋調査士会にも、有志の方々が
同様の活動をなさっているケースがあります。

ステキな異業種コラボですね。


【<耕作放棄地>減らそう…農業法人やNPO奮闘 三重】

 国内で耕作されていない農地「耕作放棄地」が増えている。高齢化で農家が減っていることなどが理由だ。専門家は「農家に任せるだけでは放棄地は増える一方」と指摘する。そんな中、農業生産法人やNPOが工夫して放棄地の再開墾に取り組むケースも出てきている。【山口知】

 三重県鈴鹿市の中心部から西に約5キロ。同市国府町の川沿いに約3000平方メートルのヒエ畑がある。

 農業生産法人「ドリームファーム」(鈴鹿市)専務の杉本二良さん(52)と従業員の前田安弘さん(60)は今春、この土地を重機を使って再開墾した。約5年前までは花が栽培されていたが、放棄地となり、竹が生い茂っていた。

 ヒエは乳牛の餌として近くの酪農家に販売する予定だ。杉本さんは「飼料の価格が高騰し、需要はありそう」と話す。法人は他にも近くで4カ所、計約1ヘクタールで放棄地の再生に取り組む。

 法人は耕作放棄地以外でも、約30ヘクタールの田畑で稲、花などを栽培。農業で収益を生もうと飼料用イネなど新品種の栽培に意欲的に取り組む。放棄地を利用しての牧草作りはその一環だ。杉本さんは「需要があれば、もっと放棄地を再生して牧草を作りたい」と意気込む。

 「プロの農家に『あんなひどい所で、よくがんばったね』とほめられることもあります」。そう言って笑うのは同県四日市市のNPO法人「四日市農地活用協議会」代表理事の矢島正浩さん(62)だ。会は04年から四日市市内の耕作放棄地を再生してきた。放棄地の活用に興味を持った矢島さんが地主から無料で土地を借り、会員を募集。約20人の会員と約6000平方メートルの畑で野菜などを栽培している。今後も畑を倍近くに増やす予定だ。

 1人あたりの耕作面積は約70〜330平方メートル。ほとんどの会員が会社員など農業の素人だ。耕す動機は「農作業を楽しみたい」「社会貢献したい」などさまざまという。

 矢島さんも本業はグラフィックデザイナー。「素人でも農作業ができないわけではない。我々のような動きが全国に広がれば」と期待する。

 三重大学生物資源学部の石田正昭教授(農業経済学)は「農家による再開墾だけでは放棄地は減らせない。農家だけでなく地域の住民が、収益を度外視し、まちづくりの一環として耕作放棄地の再生に取り組むべきだ」と話している。

 ◇耕作放棄地

 農林水産省は「人が所有する耕地のうち、1年間以上作物が栽培されておらず、今後数年の間に再び耕作する意思のない所」と定義している。05年には全国に約38万6000ヘクタール(埼玉県と同規模)あり、95年の約1.5倍に増えた。農水省は08年4月、全国の市町村に放棄地の実態調査を要請した。
(7月28日 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080728-00000043-mai-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月28日

レポート採点会議

今日、寄付講座のレポート採点会議を行ないました。

講師を努めていただいた先生方、ありがとうございました。

最初、採点基準を統一するために、
数名のレポートを読み上げて皆で点数を議論しました。

正直、ちょっと厳しすぎませんか?という印象でした。

でも、採点結果が出ると・・・
「この子は救ってやれ。」「この子も通せ。」のオンパレード。

やっぱり、そうなっちゃうのね。(^^;

ま、少なくとも3校合わせて200名近い学生が、
土地家屋調査士のことを一生懸命調べてくれた。
感謝感激です。

みんな、ありがとう。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月25日

公明党政策要望懇談会

今日、公明党の政策要望懇談会に参加してきました。

これは、国会議員・府議会議員・市議会議員の方々に、
各団体が政策提言できる場。

私たち土地家屋調査士会からは、大阪の進捗率がワースト1である
地籍調査に我々の知見を活用するよう提言申し上げました。

080512nikkei

これが進まないことには、橋下知事の言う
府有地の売却もままなりません。

うまく地籍調査が進めばいいですね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月24日

ショーン・コネリーの相続対策?

映画俳優のショーン・コネリーが息子のジェイソンには
資産を相続させないと語ったようです。

俳優として、苦労を知るべきだというお考えですね。

カッコ良すぎ!(^^;


【ショーン・コネリー、息子にはビタ一文やらない!?】

 映画スターとして巨万の富を得たショーン・コネリーだが、同じ俳優の道を選んだ息子には、試練として財産を分け与えないつもりのようだ。これはショーンと1973年に離婚した元妻で女優のダイアン・シレントがタイムズ紙の日曜版で語ったことで、息子ジェイソンとショーンが複雑な関係にあると告白。ある日ショーンがジェイソンに「お前は苗字がコネリーだから、それで役をもらえるんだ」と言うと、ジェイソンは「それなら苗字を変えるさ」と返事。それを聞いたショーンは、「そんなことをしたらぶっ殺してやる」と脅したそう。

 俳優になる前はさまざまな職を体験し苦労の多かったショーンは、息子が同じ俳優の道を歩むのならそれなりに苦労すべきと考えているようで、資産を相続させる気はないらしい。シレントは「ジェイソンは父親を愛しているのに、ショーンはいい関係を築くことができないでいるの。彼の周りの人はみんな、どれほどジェイソンが父親に献身的かよくわかっているのに」と語っている。ジェイソンもショーンも、シレントの発言に関してコメントを出していないが、ショーンは8月に自伝「ビーング・ア・スコット」を出版予定で、苦労した幼少時代のこともつづられているよう。
(7月22日 シネマトゥデイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000027-flix-movi


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月23日

ジュリアナ復活!

ユルネタですみません。
どうしても黙ってられなくて・・・(^^;

9月6日、ジュリアナ東京が1日限定で復活するようです。

ディスコ大好き人間だった私にとって、人生最大の汚点は、
ジュリアナに行ってないこと・・・_| ̄|○

ジュリアナがオープンする直前に、名古屋へ転勤が決まったんですね。
当時、生活スタイルも交友関係も何もかもが変わってしまい、
「ま、そのうちに」と思っていたところが過熱報道の末の閉店・・・_| ̄|○

悔やんでも悔やみきれない出来事でした。

それが、復活!

9月6日は、今のところ大丈夫・・・
ニヤリ・・・


【荒木師匠も!ジュリアナ東京が1日限定復活】

 社会現象にもなったディスコ「ジュリアナ東京」が1日限定で復活することになった。ダンスミュージックブームをけん引してきたエイベックスの創立20周年企画の一環。「お立ち台」「ボディコン」なども再現される。ジュリアナが生んだスター、荒木師匠こと荒木久美子さん(38)は「私は当日、最強の戦闘服で戦場に赴く」と心待ちにしている。

 91年5月から94年8月まで東京・芝浦でディスコブームを支えたジュリアナ。閉場後、跡地はスポーツ用品店となっており、今回の復活イベントは東京・ディファ有明で行われる。開催日は9月6日。3000人を集客予定だ。

 ジュリアナの副支配人だった高野博文氏(42)を総合プロデューサーに迎え、当時を完全再現する。露出の激しいボディコン衣装が会場の入り口で貸し出され、お立ち台も復活。「ジュリ扇」と呼ばれた扇子も販売される。店員は全身黒ずくめの「黒服」で臨む。

 当日は荒木師匠をはじめ、「ジュリアナズ・トキオー」のアナウンスで知れわたったカリスマDJのジョン・ロビンソン氏(43)らも参加予定だ。

 荒木師匠は99年に医師と結婚したが、その後離婚。現在はディスコシーンで培った経験を生かし、クラブイベントの司会者などで活躍中だ。Xデーに向け、美容クリニックでダイエット指導を受けているといい「当時を知る人は、あの時代の自分になって思いっきり楽しんでほしい。若い人にも、クラブ遊びはもっとエキサイティングでさまざまな欲望を満たす場所であったことをリアルに体感してもらいたい」と呼びかけている。

 ジュリアナ以外にも人気ディスコが次々と1夜限定で復活する。東京・六本木のヴェルファーレ(昨年閉場)とマハラジャ(97年閉場)、東京・神楽坂のツインスター(03年閉館)。いずれもエイベックスが23日に発売した創立20周年記念盤「THE LEGEND OF INTERNATIONAL」に入場無料のチケットが封入される。
(7月23日 スポーツニッポン)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000045-spn-ent


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月22日

同志社大学寄付講座終了〜

今日、同志社大学の寄付講座が終了しました。

これで、今年度の3校への寄付講座が全て終了したことになります。
関係者の皆様、いろいろありがとうございましした。

今日は最終日ということで、
ちょっとだけ早く社会に出た者からのメッセージをお伝えしました。

すでに進路が決まった4回生の皆さんからは、
「就職活動中に聞きたかった」とのご意見。(^^;

・・・ごめんなさい。


今回、数ある講義の中から、「土地家屋の調査と表示の登記」なんていう
マニアックな授業を選択してくれてありがとう。

実務家のナマの話を聞きにきてくれた皆さんですから、
その気持ちを忘れなければ、社会でも十分に成功しますよ。

がんばってね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月21日

24時間リレーマラソン

土・日で、24時間リレーマラソンに参加してきました。

と言っても、今年の私は12時間マラソン。(^^;

土曜の朝は境界の立会い、夕方は議員のパーティーに出席。
現地入りは土曜の24時になってしまいました。

到着した時点ですでにクタクタ。

「ちょっとだけ寝かせてください。」のつもりが、4時まで爆睡。(^^;
結局、8時間マラソンになってしまったわけです・・・

それにしても、今年も暑かった〜
朝日が昇ると、体力が吸い取られる音が聞こえてきそうなくらい。

そんな中、ラストランの元気をくれたのは他のチームの方々。
自分の出番が終わった人たちが、沿道に出て応援してくれるんです。

みんなの声援に包まれ、両側からのハイタッチを受けていると、
気づいた時には自己最高タイム!(^^;

毎年、「もうやらない!」と言いながら、
また来年も走るんだろうな〜

皆さん、ありがとうございました。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2008年07月18日

それでいいのか?プライベートバンク

各銀行がプライベートバンク部門に力を入れるそうです。
クレディ・スイスの発表に触発されたんでしょうか?

でもねぇ・・・

会員制の新店舗?
暖かみのあるカーペット?

本当に必要なのは、そんなことじゃないですよね。(^^;

精神的な優越感が欲しいのか、
経済的な安定感が欲しいのか、
お客様側もちゃんと判断しないといけませんね。

本当に経済的安定感をお望みなら、
海外のちゃんとした(!)プライベートバンクをご紹介できますよ。

くれぐれも、「お笑ひプライベートバンク」という本に出てくる
主人公のお婆さんにはならないでくださいね。(^^;


【大手行 金持ち争奪戦 会員制や専用店舗続々】

 数千万円規模の金融資産を持つ個人富裕層の市場をめぐり、大手銀行がしのぎを削っている。資産運用などの相談ニーズに対応した店舗開設や専用サービスを提供する動きが活発化。国内の個人金融資産1500兆円をめぐる争奪戦が熱を帯びてきた。

 最大手の三菱東京UFJ銀行は先月、名古屋市千種区に預金や投資信託といった預かり資産が数千万円以上の顧客を対象にした会員制の店舗を開設した。店内は暖かみのあるカーペットを敷くなど、銀行にありがちな無機質なイメージを排除し、ゆったりと相談できる雰囲気を演出している。

 同様の店舗開設は全国で20カ所目で、さらに平成21年3月末までに30カ所程度にまで増やす計画だ。

 外資系大手銀行も、負けじと日本の富裕層向けビジネスで攻勢に出ている。

 米金融大手シティグループの日本法人であるシティバンク銀行は今年1月に、東京・丸の内に預かり資産5000万円以上の顧客を対象にした専用店舗を国内で初めて開設している。

 英金融大手のHSBCは今月、東京・銀座に金融資産1000万円以上を持つ富裕層を対象にした支店を開設した。同様の店舗は日本で5カ所目で、専任の担当者が資産運用などの相談に応じている。

 大手銀が富裕層向けビジネスを強化するのは、退職年齢を迎えた団塊世代が退職金を手にするほか、少子化の影響に伴い遺産相続が集中するなどで「今後も富裕層の増加が予想されている」(大手銀行関係者)ことが背景にある。とくに「貯蓄から投資へ」の流れで、個人の資産運用ニーズは高まっている。法人向け貸し出しが伸び悩む中、大手銀は収益源として富裕層ビジネスに期待しており、今後も富裕層を囲い込む動きが加速しそうだ。
(7月18日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000058-san-bus_all


【金融大手 超富裕層向け市場開拓 PB事業の競争激化】

 数千万円〜数億円以上の金融資産を持つ超富裕層を対象とした「プライベートバンキング(PB)」と呼ばれる金融サービスで、大手金融機関の競争が激化している。スイスの大手金融グループであるクレディ・スイスが年内をめどに参入するほか、国内のメガバンクグループも相次ぎ同事業を拡充している。団塊世代の大量退職や少子化を背景に遺産相続の集中で、富裕層市場が拡大していることが背景にある。(大柳聡庸)

 ≪欧州勢が続々≫

 PBは、一定以上の金融資産を持つ富裕層を対象に資産の運用や管理を手掛ける金融サービス。株式や債券などへの投資運用だけでなく、相続対策、税金対策、事業継承、資産価値のある高額な絵画や高級外車の売買仲介まで、富裕層のありとあらゆる多様なニーズに応じる特別なサービスだ。15世紀の欧州で王族・貴族や大富豪のために提供されていたサービスが起源とされる。

 PBをめぐっては、クレディ・スイスが年内をめどに参入を計画。対象は金融資産10億円以上の超富裕層で、クレディ・スイス銀行東京支店、クレディ・スイス証券を通じて、顧客ニーズにきめ細かく対応し、日本市場で攻勢をかける。

 外資系の金融機関では、英金融大手のHSBCが傘下の香港上海銀行を通じ、1996年にPB事業に参入している。

 ≪団塊世代に照準≫

 一方、国内のメガバンクグループもPB事業の強化に乗り出している。

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米金融大手メリルリンチと共同出資で「三菱UFJメリルリンチPB証券」を設立し、06年に営業を開始している。金融資産1億円以上が対象で、MUFGの顧客基盤を活用。営業担当者は当初の150人から約30人増やした。

 みずほフィナンシャルグループも、05年に金融資産5億円以上を持つ超富裕層を対象に資産運用や相談を手掛ける子会社「みずほプライベートウェルスマネジメント」を設立。税理士や不動産鑑定士などの資格を持つ専任の担当員が、顧客に応対する。

 国内外の金融機関がPB事業を強化するのは、「貯蓄から投資へ」の流れが加速する中で、市場の拡大が見込まれているからだ。

 国内人口の年齢構成で最多を占める団塊世代の大量退職が昨年から本格化。団塊世代の中には平均2000万円とされる退職金と親からの相続で、新たに金融資産が1億円を超える人が相当数誕生するとみられている。
(7月18日 フジサンケイ ビジネスアイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000009-fsi-bus_all


土地家屋調査士 大阪 和田清人