2013年06月

2013年06月29日

相続税対策は格差? 

日本経済新聞が、相続税対策の「格差」を記事にしています。

富裕層は様々な節税メニューを選べるのに、
今回新たな課税対象となる中流層は打つ手がないという論調。

う〜ん、ちょっと微妙ですね。

たしかに、基礎控除の引き下げによって課税対象者が増えるのは事実。
しかし、ちょっと冷静に考えてみてほしいんです。

たとえば、子2人が7000万円の課税財産を相続した場合、
今までゼロだった相続税が平成27年以降は160万円ずつ。

・・・でも、払えるでしょ?

一方、記事の登場人物の10億円を子2人で相続した場合には、
相続税が2億円ずつ。

そんな現金、どこにもありませんよ・・・(^^;

豊中の資産家姉妹が餓死したのはほんの2年半前。
ありとあらゆる手を打つ必要があるのはどちらなのか、おわかりですよね。


【相続節税はや格差 「影響小さい」「打つ手なし」】
(6月29日 日本経済新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人



2013年06月28日

土地家屋調査士による「境界問題、不動産の相続問題」相談会

阪急・阪神今津駅近くで、知人が不動産屋さんを始めます。

お店の名前は、「ポットラックエステート」。

ポットラックとは、参加者が一品ずつ料理を持ち寄るパーティー。

ポット(鍋)、ラック(幸運)・・・
素敵なネーミングですね。

オープニングイベントとして、今日から3日間、
専門家の個別相談会が開催されます。

不肖、私も、6月30日(日)の11時から14時までお手伝い。

お近くの方、覗きに来てくださいね〜(^^;

130630potluck


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月27日

年収800万円を超えると・・・

「不動産投資の楽待」のファーストロジックが、
最近の市況」についての調査結果を発表しました。

これによると、アベノミクスを実感しているかどうかは
年収800万円がボーダーライン。

800万円未満の人たちの意見は、
「実体経済が動いているようには感じない」。

一方、800万以上の人たちの意見は、
「保有金融資産の値上がりを実感している」
「金融機関の融資姿勢が積極化している」・・・

まさに、マーケティングで言う導入期〜成長期の過程。

アーリーアダプター→アーリーマジョリティが動き出すと、
不動産氷河期にサヨナラですね。(^^;


【アベノミクス、年収800万円未満は"実感なし"・800万円以上は"実感あり"多数】

ファーストロジックは24日、不動産投資家を対象に実施した「最近の市況」に関する調査結果を発表した。同調査は、2013年6月15日〜16日の期間にインターネット上で行われ、収益物件マッチングサイト『不動産投資の楽待』のユーザー344名から有効回答を得た。

まず、アベノミクスを実感しているかと尋ねたところ、年収800万円未満の不動産投資家は、43%が「実感がある」、56%が「実感がない」と回答。それに対して、年収800万円以上の不動産投資家は、55%が「実感がある」、44%が「実感がない」と答え、800万円を境に正反対の結果となった。

「実感がない」理由としては、「期待が過熱しているのは感じるが、実体経済が動いているようには感じない」、「個人レベルでは実態的効果が体感できないから」といったコメントが寄せられた。

一方、「実感がある」理由については、「保有金融資産の値上がりを通じて感じている」、「先月1件物件を購入したが、融資条件が破格であった」「金融機関の融資姿勢が積極化している」など、金融機関を通じて実感しているという回答が多かったという。

今後、ローンを組むなら固定金利と変動金利のどちらにするかと聞くと、63%が「固定金利」、37%が「変動金利」と回答。固定金利派の理由としては、「今後、金利が上昇しそうだから」といった意見が大半を占めた。他方、変動金利派では、「前回のリーマンショック前であっても金利はさほど上がらなかったので、今回も金利がそう上がることはないと思う」など、リーマンショック前と比べるものが目立った。

今、投資物件は買い時だと思うかとの質問に対して、「買い時だと思う」と答えたのは58%、「買い時だと思わない」は42%となった。買い時と答えた投資家にその理由を尋ねると、「金融機関の融資条件が緩和されているので今が買い時だと思う」、「価格上昇や金利上昇による、ローン審査の厳格化前に」など、今後の融資条件を意識した回答が多数寄せられた。
(6月26日 マイナビニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000046-mycomj-life


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月26日

広島私立牛田水族館

広島市の小学生が、庭先に「ミニ水族館」を作ったそうです。

6個の水槽で、太田川河口・瀬戸内海の磯・浜などを再現したんだとか。
本格的ですね。

この子のお父様は、なんと土地家屋調査士!
広島干潟生物研究会の会長もお務めなんだって。

いや〜、すごい。
この多様性が、土地家屋調査士の魅力ですよね。(^^;


【ぼくんちは「ミニ水族館」】

 広島市東区の牛田小5年川端真路君(11)が、庭先の小屋に「ミニ水族館」を作り上げた。水槽6個にそれぞれ太田川河口、瀬戸内海の磯、浜などを再現。魚やカニ、タコなどの生態を記録、研究している。

 水槽1個のサイズは縦30センチ、横60センチ、高さ36センチ。棚の周囲を青い板で囲み、生き物の体長や分布を記した説明書きを貼った。入り口の扉には、川端君が命名した「広島私立牛田水族館」の文字。まるで本物の水族館のような雰囲気に仕上げた。

 水槽ごとに塩分濃度や水温を調整。淡水にすむモクズガニ、海で暮らすカワハギなど18種約50匹を飼育する。生き物は、太田川放水路で捕まえたり、朝市で生きたままを買ったりして増やす。

 「図鑑では調べられない、動きや習性を間近で見られる」と川端君。毎日、写真やビデオで記録する。いまは特に、周りの砂に合わせて体の色を変えるタコの観察に夢中だ。

 父で土地家屋調査士の信之さん(47)は、広島干潟生物研究会の会長を務める。小屋は会員の情報交換の場とミニ水族館のために昨年秋に建てた。川端君は「みんなで身近な環境を守る方法を探りたい」と話している。
(6月22日 中国新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月25日

故人情報

故人の「デジタル遺産」が不本意な形でネット上を漂っています。

更新が止まったブログに、悪質サイトへ誘導するリンクがビッシリ・・・_| ̄|○

あんまりお下劣な書き込みで埋められると、
故人の尊厳にもかかわりますよね。

ブログ等については、遺族らが申し出れば閉鎖してくれますが、
その存在自体を知らされていないケースも多いのが実態。

ちゃんと記録を残して、
ブログも成仏させてもらいましょうね。(^^;


【死後もネットを漂う「故人情報」…トラブルも】

 友人とのメール、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に掲載した文章、写真、動画……。

 私たちが日々、発信している大量のデジタルデータは、ネット上のコンピューター・サーバーに蓄積され、増える一方だが、自分の死後、どう扱われるのだろう。実は、情報技術(IT)サービスの運営会社は利用者の死亡を想定していない場合が多く、故人の「デジタル遺産」が不本意な形でネット上に残り続けたり、相続を求める遺族と運営会社がトラブルになったりするケースが出ている。

死後のデジタルデータを巡る取り扱いの流れ

 ◆亡くなった管理人◆

〈入院して延命するか、自宅で延命するか〉。男性が匿名でネットに公開していた「闘病ブログ」は、そんな言葉を最後に5年前から更新が止まっている。

 ブログ管理人だったこの男性の死亡で放置されているとみられるが、投稿欄は、わいせつな文言など100を超える無関係の書き込みで埋め尽くされている。

 「最強のバイト。笑いが止まりません!」「月収200万超えた!」。悪質サイトなどに誘導するアドレスが掲載され、閲覧者がクリックすれば、コンピューターウイルスに感染する危険もある。削除する管理人がいないため放置され、ブログは閉鎖されないままだ。

 こうしたサイトは相当数あり、故人の中傷が書き込まれるケースもある。各運営会社は、遺族らが管理人の死亡を証明する書類などを提出すれば、「閉鎖の手続きを取る」としている。

 しかし、家族に知らせずに開設されていたブログも多い。遺族らの申し出がない限り、死亡を知るすべがないのが現状だ。

 ◆相続は?◆

 一方、一般には公開されないメールやSNSの記録、データ保存サービスの文書や画像を巡って、運営会社に開示を求める遺族からの相談が増えている。「亡くなった親がお世話になった人の連絡先を知りたい」「思い出の写真が残っていないか」などのほか、「子供が自殺した理由を知りたい」という要望もある。

 パスワードを再発行してアカウント(利用登録)の継続利用を認める運営会社も一部あるが、「電気通信事業法の『通信の秘密』に抵触する」(ヤフー)、「家族に知られたくない可能性もある」(ミクシィ)として応じないのが大半だ。

 「アカウントは本人だけの『一身専属制』のもの」(ニフティ)とみなし、生活保護の受給権などと同様、財産のような相続の対象にならないと解釈している。(中沢直紀)
(6月23日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130622-00000585-yom-sci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月24日

相続税を立て替え?

東急リバブルが、相続税を立て替えるサービスを開始するそうです。

不動産はあるけど現金がない方が対象。
同社が仲介する場合に限って、売却代金の一部を前渡し。

限度は1年間1億円。
1年経っても売れない場合は、同社が買い取るんだって。

ま、ホントは故人が生前に手を打っておくべきことですけどね。

売却しか選択肢がない状況に子どもたちを追い込むんじゃなく、
いいものを残してあげるための作戦はたくさんありますよ。(^^;


【東急リバブル、相続税を立て替え 最大1億円】
(6月22日 日本経済新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月22日

歩いて97階まで・・・_| ̄|○

ドバイの超高層ビルのエレベーターが故障したそうです。

部品はフィンランドから取り寄せ。
数日かかるんだとか。

このビルは97階までが住居。
1階あたり階段が14段あるとして、家へ帰るのに1344段!

毎日がこんぴら詣で。(^^;

3億円のお家なのに・・・
超高層のリスクですね。


【ドバイの超高層ビルがエレベーター故障、97階の自宅まで富豪が歩いて帰宅】

台湾・聨合新聞網の報道によると、世界一高い住宅専用の超高層ビルであるドバイ「プリンセスタワー」で、8台あるエレベーターがすべて故障し、富豪が最上階の97階まで階段をよじ登って帰宅する羽目になった。環球網が伝えた。

2012年9月に完成したプリンセスタワーは高さ414メートル、地上101階、地下6階建て。そのうち97階までが住宅スペースとなっている。763戸の高級住宅と8つの店舗。2LDKの1日の賃貸料は約6500台湾ドル(約2万円)。最上階の販売価格は9400万台湾ドル(約2億9000万円)を超える。

今月10日に火災警報システムが異常を起こして96階の消火設備が作動、エレベーターシャフトが水浸しとなり、すべてのエレベーターが動かなくなってしまった。交換部品はフィンランドから運んでこなければならず、到着まで数日かかる見通しだ。
(6月21日 XINHUA.JP)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130621-00000024-xinhua-int


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月21日

平成24年度査察の概要

国税庁が、平成24年度査察の概要を発表しました。

ちょっとわかりにくいのが、税務調査と査察の違い。

税務調査は、国税局又は税務署がおこなう、申告漏れの任意調査。
対する査察は、国税局査察部による、犯則事件の強制調査。
(脱税と判断されれば、検察庁へ告発されます。)

発表によると、H20〜H24年度の相続税の告発事案の推移は、
4件10億円→6件19億円→9件54億円→6件25億円→10件22億円

右肩上がりに推移しております・・・

脱税の手口は、
・預金を引き出して自宅に隠した
・金地金を自宅床下に隠した
・税理士と共謀して架空の債務を計上した・・・_| ̄|○

わかりやすっ!

バレますから。(^^;
隠しちゃダメですよ。


【12年度の脱税204億円=査察件数は低調―国税庁】

 全国の国税局が2012年度に強制調査(査察)で摘発した脱税事件は前年度比2件増の191件で、加算税を含む脱税総額は約12億円多い約204億7000万円だったことが20日、国税庁のまとめで分かった。このうち検察庁に告発したのは129件で、告発率は67.5%となった。
 12年度中に着手した査察は190件(前年度195件)で、1970年度以降では、2番目に低い数字。国税庁は「経済状況が厳しく、大口の脱税事案が少なかった」としている。
 告発された業種別では、出会い系サイト業者が大半を占める情報提供サービス業と、クラブ・バーがいずれも11件で1位。税目別では、相続税が10件で、55年以降2番目に多かった。脱税で得た資金を海外に隠すケースは10件あった。
 国内の隠し場所では、自宅押し入れ内の金庫とケースに計約2億5000万円が入っていた例や、知人宅の段ボール箱に1億円が隠されていた例があった。 
(6月20日 時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000132-jij-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月20日

元税理士に実刑判決

大牟田市の元税理士が、実刑判決を言い渡されました。

相続税納付のためと偽って、依頼者から8000万円詐取したんだって。

裁判長曰く、「税理士に対する社会の信頼が損なわれた」。
おっしゃる通り!!

国民は、何を信じていいのかわからなくなりますよね。

時間はたっぷりあるんだから、(^^;
バッジの重みを見つめ直してくださいね。


【<詐欺>依頼人から8100万円詐取、元税理士に実刑 福岡】

 相続税納付のために必要とうそを言い、依頼人から8100万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた福岡県大牟田市の元税理士、※※被告(70)に対し、福岡地裁は19日、懲役4年6月(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。高原正良裁判長は「適正な納税をすべき専門家がその知識を利用した悪質な犯行。税理士に対する社会の信頼が損なわれた」と述べた。

 弁護側は「お金を補てんする意思はあり、詐欺は成立しない」と無罪を主張したが、高原裁判長は「約9億円の借り入れなどへの返済に被害者から受領した金をあてており、詐欺の犯意があった」として退けた。

 判決によると、※※被告は2009年8月〜10年11月、同市内の70代女性に相続税を納めるために必要だとうそを言い、7回にわたって現金計8100万円をだまし取った。
(6月19日 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000073-mai-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2013年06月19日

「税制改正の方向性とその対応策」

7月13日(土)に、相続プランナーズ協議会がセミナーを開催します。

本格的な増税時代を迎え、私たち専門家には今まで以上に
相続に関する正しい情報提供と的確なアドバイスが求められます。

今回、税制改正の内容とその対応策について、
税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士が、
それぞれの立場から語る場を設けました。

お時間よければ、ぜひおいでくださいませ。

税制改正の方向性とその対応策


土地家屋調査士 大阪 和田清人