2016年03月

2016年03月31日

「皆が動けば、皆が動けなくなる」・・・

政府が、「首都直下型地震の応急対策活動計画」をまとめたようです。

このサイトにある「 首都直下地震における具体的な応急対策活動に関する計画(概要)」
の最終ページに、国民が心がけるべき事項が列記されています。

平時の備え
 ・安否確認手段の確認
 ・最低3日分(推奨1週間分)の水・食料・生活必需品の備蓄
 ・家庭での地震対策(家具の固定・感電ブレーカーの設置など)

発災時の対応
 ・地震による揺れから身を守る
 ・市街地火災からの避難
  「火を見ず早目の避難」
 ・むやみに移動を開始しない、自動車を利用しない
  「皆が動けば、皆が動けなくなる」
 ・物資の買い占めをしない

「皆が動けば、皆が動けなくなる」・・・
いかにも日本人。(^^;

このあたり、先日のブログで拾わせていただいたお二人の著書、
災害復興法学」と「日本最悪のシナリオ 9つの死角」には、
被災者の生活の実態や、防災訓練のいい加減さなどがリアルに描かれています。

自分の安全は自分で確保しないといけませんね。


【<首都直下地震>70万人が行き場失う恐れ】

首都直下型地震の被害想定

 政府が29日にまとめた首都直下地震の応急対策活動計画は、東京、埼玉、千葉、神奈川4都県外から警察など応援部隊計約14万人を派遣することや、備蓄の枯渇が見込まれる発生4日目以降は要請を待たず物資輸送を行うことを盛り込んだ。一方、住民は地震発生時にどんな行動をとるべきかを知り、家庭でも対策を進める必要がある。今後30年間で70%の発生確率とされる首都直下地震。備えるべきことは多い。

 想定では帰宅困難者は最大800万人。計画は一斉帰宅の抑制を図るが、一時的な滞在場所の確保は進んでおらず、都内だけでも約70万人が行き場を失う恐れがあるという。

 また、被害想定によると、木造住宅など密集市街地の火災で焼失する建物は最大41万棟。火災による死者は、全体の犠牲者2万3000人の7割にあたる1万6000人と想定される。延焼火災が救援活動を妨げる懸念もあり、国は強い揺れを感知すると自動的に電気の流れを止める「感震ブレーカー」の設置を各家庭に呼びかけるが、「自宅だけ設置してもほかの家から出火すれば意味がない」(内閣府)などの理由から、ほとんど普及していないのが実情だ。
(3月30日 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000133-mai-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月30日

県境に観光施設が

県境を観光スポットとしてPRする自治体が増えているようです。

トップで紹介されているのは、「越前加賀県境の館」。
県境に施設が整備されるのは全国でも珍しいんだって。

それにしても、ええ感じに入り組んでますね。
知ってたら、相続トータルサポートサミットの時に寄り道したのに・・・(^^;
越前加賀県境の館

他に挙げられている施設としては、
能越県境パーキングエリア、イオンモール高の原、群馬・栃木・埼玉の3県境など。

ぜひ、境界に関心を持ってくださいませ。


【「県境」めぐり、新たな観光に…自治体もPR】

生活文化の境界も
 地図上に引かれた「境界」への関心が高まっている。ここ数年、ユニークな境界スポットを観光する人が目立っているという。自治体もPRに乗り出した。

 福井県あわら市と石川県加賀市は昨年4月、県境上の集落に「越前加賀県境の館」を整備した。木造平屋の小さな観光情報館だが、ユニークなのがそのデザイン。玄関前の石畳の階段や建物内の床が県境で色わけされている。

 2月、さいたま市から観光で訪れた会社員、安部明さん(50)は県境をまたいで記念撮影した。地元の吉崎集落は、街の中を県境が通っており、住民は買い物や通学のため、日常的に県境を行き来している。安部さんは「非日常の世界を堪能できた」と満足げ。早速、フェイスブックで発信した。

 同館事務局長の田嶋直和さん(53)は「これまでに全国から6600人以上が訪れた。観光の目玉になれば」と話す。

 国土交通省も昨年11月、能越自動車道の石川、富山県境上に「能越県境PA(パーキングエリア)」を完成させた。県境を示す青いラインやプレートを、車で訪れた人が動画投稿サイトなどで紹介している。

 県境は意外な場所にも。商業施設「イオンモール高の原」は京都府と奈良県をまたぐ。イオンモール(千葉)によると、全国の店舗の中で県境が通るのはここだけ。県境で床のタイルの色を変えていたが、来店者が写真に撮るなど反響が大きかった。このため、5年前から紫の細長いシートで県境を表示。装飾パネルでもPRするようになった。

「県境」めぐり、新たな観光に…自治体もPR
 ほかにもユニークなスポットがある。

 三つの県が接する「3県境」は全国に40か所以上あり、多くが山や川の中。群馬、栃木、埼玉の3県境は、田んぼの用水路の中だ。以前は川にあったが、改修工事で埋め立てられたという。「簡単に行き来できる」と話題となり、県境で接する3市町は観光資源として活用しようと2月、現地で測量して境界点を確定し、くいを打ち込んだ。若者や家族連れが訪れるようになり、3市町の一つ群馬県板倉町の担当者は「観光客向けにチラシやプレートを作成中です。旅行会社にツアーの企画を呼びかけています」と話す。31日には、3市町による境界確定の調印式を行う。

 「境界散歩」と呼ばれる街歩きも人気だ。任意団体「境界協会」(東京)は、主に都内の区境をたどるイベントを隔月で開く。参加者は古地図を手に住宅街や河川跡などを巡り、境界線が引かれた謎を解き明かす。毎回好評という。

 生活文化の境界もある。

 関ヶ原の戦いで知られる岐阜県関ヶ原町では、1月から誘客キャンペーン「味の境界も関ヶ原!」を実施している。「東西の食文化の違いを町で体験してもらおう」(町地域振興課)と、うどんとそばのカップ麺「どん兵衛」の食べ比べの企画を始めた。

 「どん兵衛」にはかつおだし主体の色が濃いつゆの「東日本仕様」、昆布だし主体の色が薄い「西日本仕様」がある。関ヶ原駅前観光交流館では観光客がその場で食べ比べたり、お土産に購入したりしている。町がパッケージに東軍、西軍のシールを配した。

 町の調査では、「いなりずしの形が俵形か、三角形か」「角餅か、丸餅か」「地蔵盆の風習があるか」などの面で、東と西の文化が混在し、境界にあるという。

 都道府県境は、明治政府が旧藩の境界を目安に引いた。山や川など地形に沿っており、複雑に入り組む。境界協会主宰で、日本地図センター主幹研究員の小林政能さんは、「境界はふだんの生活ではあまり意識しないが、人の暮らしや文化の違いを生んでいる。行政組織が分かれ、住民に不便さを強いることもあるが、外部の人にとっては新鮮に映るのだろう」と指摘する。

知らない世界を知る
各地の境界スポットを訪ね歩き、「県境マニア!」の著書がある会社員、石井裕さんの話

 県境などのユニークな境界スポットがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで発信され、旅の目的地として注目されている。境界には様々な目印があり、探し歩くだけでも楽しい。ちょっとした高揚感や非日常感を味わえる。以前は鉄道好きの中高年男性がひっそり楽しむイメージもあったが、ここ数年、高齢者や若者らにも裾野が広がっている。県境上で反復横跳びしたりして、いろいろな楽しみ方を味わってほしい。生活文化が変わる境界を越えることで、自分の知らない世界を知る意味もある。

ユニークな交流イベント
 県境を越えたユニークな交流イベントも盛んだ。昨年、長野県飯田市・静岡県浜松市が、県境をかけて綱引きで対決した。負けた浜松市側に立て札を1メートル動かした。福井県あわら市・石川県加賀市、秋田県横手市・岩手県西和賀町でも同様のイベントが行われている。

 山口県下関市と福岡県北九州市を結ぶ関門トンネル人道では昨年、両市民が海底の県境上でハイタッチした。生活圏が重なる宮城県栗原、登米両市と岩手県一関市では県境を越えた合同婚活イベントが開かれている。

語り部いれば楽しさ倍増
 ◎取材を終えて 群馬、栃木、埼玉の3県境を眺めていた時、地元の住民(73)がやってきて土地の歴史などを教えてくれた。「地元は過疎化で悩んでいる。多くの人が訪れ、活性化につながればいい」と、行政の取り組みに期待を寄せていた。郷土の歴史や文化にも触れられる境界巡り。男性のような語り部がいれば、訪れる楽しさが倍増するのではないかと思った。
(3月29日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00010002-yomonline-life


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月29日

4億2000万円!(^^;

サザエさんに登場する、グランド代わりの空き地の査定価格は、
なんと4億2000万円だそうです。

サザエさんの「花沢不動産」はなぜ潰れないのか?』という本の中で、
不動産業者である著者が査定。

想定は、東急田園都市線「桜新町駅」から徒歩7分程度の第一種低層住居専用地域。
間口30m×奥行20mの600屬箸靴董近隣相場の70万円/屬魍櫃韻4億2000万円。

「あれだけの空き地を放っておくのは不動産屋としてはもったいない。」
ごもっともです。(^^;


【『サザエさん』、磯野家の自宅の土地は1億5千万円?カツオが野球する空き地は4億円?】

 かつては『磯野家の謎』(東京サザエさん学会/飛鳥新社)、最近では、『磯野家の相続』(長谷川裕雅/すばる舎)と、『サザエさん』(フジテレビ系)関係のネタは出版界での定番モノになっているが、そのなかでも不動産関係者の話題になっているのが『サザエさんの「花沢不動産」はなぜ潰れないのか?』(齋藤智明/宝島社)だ。なぜ潰れないのかは同書を読んでもらうとして、興味深いのはコンサルティング型不動産業者である著者が、磯野家の不動産に査定を入れるというテーマ設定だ。

「まず、不動産の査定にあたり、必要になるのが物件の特定です。サザエさん家族が住んでいるのは『あさひが丘駅』から徒歩圏内の閑静な住宅街といえる場所にあります。(略)波平やマスオが朝バスに乗ることもあるため、およそ駅から徒歩10分以上20分以内の場所ではないでしょうか」(同書より)

 ただし、査定するには場所の特定が必要なため、作者にちなんだ長谷川町子美術館(東京都世田谷区桜新町1丁目)があるあたりと仮定する。東急田園都市線「桜新町駅」から徒歩7分程度の第一種低層住居専用地域(建ぺい率50%、容積率100%)だ。

 土地面積はアニメの間取りから推測して、「床面積は約105平米とし、磯野家は平屋造りになり」必要な敷地面積は210平米と逆算する。この地域の路線価は46万円/平米となっているので、210平米×46万円/平米=9660万円となる。

 路線価を市場価値に合わせて1.25倍して、およそ1億2000万円。

「このあたりですと、やはり人気があるので、更地で70万円/平米で取り引きされているようなので、210平米×70万円=1億4700万円くらいになります」(同書より)

●空き地は4億2000万円?

 また、ノリスケが住むマンションを査定する。「公団の抽選に関するエピソードがあることから、賃貸であることが考えられます。ノリスケが住むマンションは、カツオやワカメがひとりでも歩いて行ける距離であることから推測して、磯野家とはさほど離れたところではない」と判断。間取りは2DK(だいたい40平米から45平米程度)だろう。ちなみに、桜新町の相場は3000円/平米だ。

「45平米とした場合の価格は45平米×3000円とすると13万5000円くらいになると考えられます。築年数にもよりますが、それよりも若干高いかもしれません」(同書より)

 なお、分譲の場合は、相場が平米単価80万円のため、45平米×80万円で3600万円くらいではないかという。

 さらに興味深いのは、カツオや中島君が野球をしているグランド代わりの空き地の査定だ。

「ホームランを打つと隣地の窓ガラスを割ってしまうような広さであることから間口30m×奥行20mの600平米の土地と仮定してみましょう。考えられるのが磯野邸の土地は70万円/平米ですから、600平米×70万円/平米の4億2000万円で売れると考えます」(同書より)

 日曜日の夜、『サザエさん』を観ると週末の終わりを感じ、憂鬱になる“サザエさんシンドローム”“サザエさんブルー”になる子供やサラリーマンも多いといわれるが、不動産業者の中には「都内でも地価が高い場所にあれだけの空き地を放っておくのは不動産屋としてはもったいないなと心底思う」という視点もあるようだ。
(3月29日 Business Journal)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160329-00010001-bjournal-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月28日

「流れ橋」

ゆるネタですみません。
八幡市と久御山町を結ぶ「流れ橋」が、復旧したそうです。

2014年の台風で橋脚が倒壊。
一時は廃止も検討されたんだとか。

実は、その直後に偶然立ち寄ったことがあるんです。
見るも無残な写真がこちら。
流れ橋(2014.9.23撮影)

今回、1年7ヵ月ぶりにめでたく開通。
雄姿を見に行かないといけませんね。(^^;


【「流れ橋」流れにくく…橋脚にコンクリ】

 ◇1年7か月ぶり復旧

 国内最長級の木造橋で、時代劇のロケ地としても知られる木津川の「上津屋こうづや橋」(通称・流れ橋、全長356・5メートル)が27日、2014年8月に台風で流されて以来、1年7か月ぶりに開通した。同橋は近年、川の増水で何度も流されており、府は今回、初めて全ての橋脚にコンクリートを採用。“流れにくい流れ橋”として復旧した。(上野将平)

 八幡市と久御山町を結ぶ同橋は1953年に架設。橋げたや橋板は固定せずに橋脚に載せているだけで、増水すると浮いて流れる。流れてもワイヤロープでつないでいるため、水位が下がった後に回収してきた。珍しい構造で、年間3万人が訪れる観光名所でもあった。

 しかし、2011年以降は相次ぐ豪雨で毎年流失。府は復旧の度に3000万〜5000万円を負担しているが、14年には台風11号で橋脚8基も倒壊か流失した。

 府は復旧費がかさむため、一時は橋の廃止も検討。しかし、存続を願う声が全国から寄せられ、府は流失回数を減らすため、全ての橋脚を高くし、コンクリートで強化することにした。

 復旧した橋は、以前の橋より75センチ高くして、橋げたなどに水が届かないようにした。水の抵抗を減らし、漂着物の衝突を避けるため、橋脚数も73基から40基に減らした。それぞれの橋脚はコンクリート製の柱3本と木製の支柱2本で補強して頑丈にした。

 一方で、橋脚のコンクリートは茶色に塗り、木製に見えるよう景観に配慮。総工費は約3億7000万円で、府の担当者は「今後の流失は5年に1度に減る想定」と自信を見せている。

 27日は開通式があり、地元住民や工事関係者ら約200人が出席。「壊れにくい」との験担ぎで、地元の3世代同居の世帯が先導役を務め、出席者が八幡市側から渡り初めをした。

 久御山町側で見守った城陽市寺田の伊部紀美子さん(73)は「復旧が待ち遠しかった。最近は大雨の度に流されて気がかりだったが、その心配も減りますね」と笑顔で話していた。
(3月28日 読売新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月25日

住民票と印鑑証明書を偽造

豊見城市の職員が、親族の住民票と印鑑証明書を偽造したようです。

父親の遺産相続でモメていた様子。
で、偽造した書類を相続手続きに使っちゃった・・・_| ̄|○

その気になればやれる立場にある人こそ、
職業倫理を見失っちゃいけませんよね。


【住民票偽造し遺産相続=職員を懲戒免職、告発―沖縄・豊見城市】

 沖縄県豊見城市は25日、父親の遺産相続をめぐり争いがあった親族の住民票と印鑑登録証明書を偽造し、相続手続きに使用したとして、同市市民課の男性主幹(44)を懲戒免職処分とし、有印公文書偽造・同行使の疑いで県警豊見城署に告発状を提出したと発表した。
 
 また、昨年4月に同署から偽造に関して照会を受けたのに、今年2月まで上司に報告しなかったとして、市民課長を減給の懲戒処分と降任の分限処分とし、市民健康部長を戒告の懲戒処分とした。市長と副市長の減給措置も決めた。 
(3月25日 時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000169-jij-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月24日

平成28年地価公示

1日遅れですが、
平成28年公示地価が発表されました。

全用途の全国平均が、前年比0.1%のアップで8年ぶりの上昇だって。

最高額は、銀座四丁目の山野楽器銀座本店。
なんと4010万円/屬覗闇比18.6%もの大幅アップ!
坪1億3000万円ですぜ、ダンナ。(^^;

2位は銀座五丁目のソニービル。
3470万円/屬18.0%アップ。

3位は丸の内二丁目の丸の内ビルディング。
3280万円/屬7.2%アップ。

商業地の勢いが群を抜いています。

大阪では、
 1位:北区(大深町)の1180万円/
 2位:中央区(宗右衛門町)の955万円/
 3位:北区(梅田一丁目)の941万円/
 4位:北区(角田町)の871万円/
 5位:中央区(心斎橋筋二丁目)の827万円/
となっています。

こちらも、爆買い効果でミナミの勢いがすごいですね。


【公示地価8年ぶり上昇 0.1% 訪日客増、商業地に需要】

 国土交通省が22日発表した公示地価(平成28年1月1日時点)は、住宅地や商業地などを合わせた全用途の全国平均が前年比0・1%上昇(前年は0・3%下落)で8年ぶりに上昇した。商業地が前年の横ばいから0・9%上昇で全体を押し上げた。改善傾向は各地に広がり、「地方中枢都市」(札幌、仙台、広島、福岡の4市)の伸び率が東京、名古屋、大阪の三大都市圏を上回った。

 商業地の上昇は訪日客向けの店舗やホテルの用地需要が高まったため。主要都市ではオフィスビルの空室率が下がり、東京都心では好不調の境とされる5%を割り込んでいる。雇用情勢の改善や住宅ローン減税効果で住宅地も0・2%下落となり6年連続で下落幅を縮めた。47都道府県別で商業地が上昇となったのは前年の12都府県から16都道府県に増え、2%以上の下落は22県から9県に減った。

 全国で最も上昇率が高かった地点は、商業地が大阪市中央区心斎橋筋(45・1%)、住宅地はスノーリゾートを抱える北海道倶知安町(19・7%)で、訪日客などの人気が高い地域となった。全用途での地方中枢都市の上昇率は前年の1・8%から3・2%に拡大。三大都市圏(1・1%、前年0・7%)との差を前年より広げた。ただ、三大都市圏以外の地方圏は、下落地点が全体の63・9%を占め、さらに地方中枢都市を除くと69・8%が下落するなど、回復が遅れている。
(3月23日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160323-00000063-san-bus_all


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月23日

「相続人が相続前に知っておくべき安心できる相続後の手続きのポイント」

昨日、相続トータルサポート関西のプロ向け勉強会を開催しました。

テーマは、「相続人が相続前に知っておくべき安心できる相続後の手続きのポイント」。
講師は、川村常雄司法書士です。

長年、数多くの相続事案に向き合っていらっしゃる人ならでは。
多岐にわたるお話がテンコ盛りでした。

中でも、普段はめったに遭遇しないのが、相続人が海外に居住しているケース。

住民登録が抹消されると、印鑑登録も抹消されてしまいます。
そのため、相続手続きのためには、次の2つの書類を取得してもらう必要があります。

.汽ぅ鷯斂製
 印鑑証明に代わるもので、領事の面前で申請者が署名したことを証明するものです。
 署名すべき書類(事前に署名せずに)を持参します。

∈瀘云斂製
 外国在住の日本人が、どこに住所を有しているかを証明するものです。
 その国の中での転居歴も証明してもらえます。

私も過去に1度だけ、サイン証明をもらって明示申請をしたことがあります。
その時はお客様の方が詳しかったので、全てお任せしちゃいましたが・・・(^^;

相続手続きをお手伝いするにあたっては、
十分に理解しておく必要がありますね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月22日

道路の登記名義人

京都市道の一部が、市に所有権移転されていなかったようです。

戦争末期に、空襲による延焼を防ぐために実施された「建物強制疎開」。
戦後、その土地を市が買収して幹線道路にした経緯があります。

ところが、御池通や堀川通など127ヶ所の所有権が市に移ってなかったことが判明。

このうち、63ヶ所が民間所有。
うち22ヶ所では、用地買収や賃借契約の書類も存在しないんだって。

今後、市は整備に向けて動いていくようですが、
登記名義人がお亡くなりになっているケースもあり、道のりは険しいですね。

専門家を活用しながら、早い解決を目指してほしいですね。


【京都市が未契約占有22カ所 戦中の建物疎開から70年超】

 京都市はこのほど、太平洋戦争末期に実施された「建物強制疎開」跡地に造られた道路、公園で進めている所有権調査の中間結果を公表した。市の所有ではない地点が127カ所あり、このうち22カ所は買収や賃借契約がされないまま、長年に渡って市が占有していたことが判明した。市は今後、所有者と買収交渉に入る見通し。
 建物疎開は、空襲による延焼を防ぐために行われ、戦後、跡地の多くを市が買収し、幹線道路に活用した。下京区の壬生川通で賃借契約していない民間名義の土地のあることが所有者の申告で分かり、2015年3月に市が買収。これを受けて同様のケースがないか、市は昨年6月から不動産登記や用地買収の契約書類などの確認を進めた。
 調査対象は87万平方メートルで、建物疎開で拡幅された御池通や堀川通など55万平方メートル(63%)、3716カ所の現状を今回報告した。調査の結果、3・4%に当たる127カ所は、市以外の所有となっていた。このうち民間の個人・法人による所有は63カ所あり、22カ所では所有者と市の間で用地買収や賃借契約を結んだ書類が存在しないまま、市が占有している。総面積は境界確定後に判明するが、最大で3千平方メートルになる、という。
 残る41カ所は買収契約書類が残っていたが、市に所有権移転されていなかった。国や府の所有も64カ所あり、市に無償譲渡される予定。今後、京都市は民間の所有者と買収や占有期間の賃借料支払い、所有権移転などの交渉に入る。ただ所有者には明治時代に登記した人物もおり、市建設局は「相続した親族を探し出すのは困難を極める」としている。市は8月までに全域の調査を終える。
(3月21日 京都新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160321-00000021-kyt-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月18日

今日はひき逃げ・・・_| ̄|○

今日は名古屋の弁護士。
続きますね。

自動車でミニバイクに追突して、そのまま逃げた・・・_| ̄|○
飲酒運転の疑いもあるんだとか。

これ以上、バッジを汚す人が出てきてほしくないですね。


【弁護士、ひき逃げ容疑で逮捕…飲酒運転の疑いも】

 愛知県警東署は17日、同県弁護士会所属の弁護士※※容疑者(32)(名古屋市東区筒井)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 「何かにぶつかったが、バイクとは思わなかった」と容疑を一部否認しているという。

 発表によると、※※容疑者は16日午後11時45分頃、名古屋市東区赤塚町の国道19号交差点で、乗用車を運転中、信号待ちをしていた同県小牧市の自営業男性(46)のミニバイクに追突、左足骨折などの大けがを負わせて、そのまま逃げた疑い。

 目撃情報から※※容疑者が浮上し、17日未明に同署員が自宅を訪ねた。その際、呼気から基準値を超えるアルコール分を検出、飲酒運転の疑いでも調べる。
(3月17日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00050084-yom-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2016年03月17日

「恋愛感情があった」・・・_| ̄|○

横浜の弁護士が、2ヶ月の業務停止処分を食らったそうです。

2013年11月から14年4月にかけて、依頼者の女性の身体を触ったんだって。
別の媒体によれば、「恋愛感情があった」・・・_| ̄|○

ググってみると、14年2月ごろには「あの人」の弁護を引き受け、ソッコーで辞任・・・
どこで歯車が狂っちゃったんでしょうね。


【依頼女性に性的行為 横浜弁護士会、会員を懲戒】

 依頼者の女性の体を触るなど性的行為を繰り返したとして、横浜弁護士会は14日、会員の男性弁護士(60)を業務停止2月の懲戒処分とした。

 同弁護士会などによると、同弁護士は2013年11月から14年4月にかけ、30代の女性と8度にわたり外出し、胸をもんだり、下半身を触ったりする性的行為を繰り返したとされる。このうち2度は女性に謝罪し、節度をもって接すると誓った後にもかかわらず行為に及んだという。

 同弁護士は08年1月、医療過誤に関する損害賠償請求訴訟を受任し、女性の代理人を務めていた。13年10月ごろには訴訟の中で起きた傷害事件で女性の弁護人にも選任され、取り調べを受けた女性を元気づけようと外出を提案。水族館に行った際、車内で突然抱きしめてキスをしたのが最初の性的行為だったという。女性が14年8月に弁護士会に被害を申し立てていた。

 同弁護士は1989年に同弁護士会に入会。横浜市中区内の事務所に所属している。

 竹森裕子会長は会見を開き、「訴訟に支障が生じることを案じる心理に乗じ、優越的な立場を利用した行為であると言わざるを得ない。被害を受けた女性や市民の皆さまに対し、会を代表して深くおわび申し上げます」と謝罪した。
(3月14日 神奈川新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人