2020年08月

2020年08月28日

湯沢町と十日町市 第1回口頭弁論

新潟県湯沢町と十日町市との境界未定問題、
昨日、第1回口頭弁論が開かれたようです。

湯沢

第1回は真っ向対立。
次回期日は9月5日だって。

双方の主張の根拠に興味がありますね。


【湯沢町と十日町市 30年続く境界線問題(新潟県)】

 新潟県の湯沢町と十日町市の間で30年続く境界線問題。協議が続けられてきたが、決着がつかず今回、裁判となった。争われている境界線の場所は…そして住民たちの受け止めを取材した。

 「ガーラ湯沢スキー場」のゲレンデが広がる高津倉山。
 この山頂を起点にした境界線をめぐって湯沢町が十日町市を相手取り提訴する事態になった。
 湯沢町の田村正幸町長「今回の裁判によって30年なかなか決まらなかったことをここで成し遂げたいと思っている」と述べた。
 問題となっているのは2つの境界線だ。
 高津倉山から北東にのびる約1.5キロ。もうひとつがその反対、南西にのびる約5キロの区間だ。
 湯沢町は明治時代の資料などから1.5キロについて「誤っている」と主張。湯沢町が広くなるよう西側に修正するよう求めている。
 修正されれば、「ガーラ湯沢スキー場」の一部リフトや駅舎の所在地が十日町市から湯沢町となる。そのため固定資産税の課税権が湯沢町にあることの確認も求めている。
 関係者によると固定資産税は年間約100万円だという。
 もう一つの境界線、高津倉山から南西にのびる5キロ。この境界線が十日町市との間でまだ未定のため確定するよう求めている。
 境界線をめぐって湯沢町と十日町市は30年以上にわたって協議してきたがまとまらず、湯沢町がことし4月に提訴に踏み切った。
 湯沢町の田村町長「30年なかなかお互いの意見あるいは主張が食い違って決定をしてこなかった。この後に禍根を残さないためにも、司法の手によって決めていただくことが一番いいと思っています」と提訴理由を述べた。
 境界線をめぐる異例の訴訟に双方の住民は…
 湯沢町の住民は「境界線あるなしで私たちの生活が直接変わるわけではないので。“ああ、そうなんですね”と受け止めるしかない」と話した。
 十日町市の住民は「街中のこういうところだったら境界線というのはけっこう大きいと思うんですけど山とか森とかそういうところで境界線を争ってるんでしょ。そこはなかなか難しいところがあると思います」と話した。
 27日に開かれた第1回口頭弁論。十日町市は請求棄却を求めて争う姿勢を示した。
 市の担当者は取材に対し「長年の課題に適正な判断が下ることを望みます。境界が確定することによりお互いの連携を深めていきたい」とコメントしている。
 境界線をめぐって法廷の場で争うことになった湯沢町と十日町市。どのように決着するのか…次の裁判は9月5日に予定されている。
(8月27日 テレビ新潟)
https://news.yahoo.co.jp/articles/87bbc133a560913b1b1a28e8a876bf25b75528ba


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 08:11|この記事のURLComments(0)境界 

2020年08月27日

「逆参勤交代」

逆参勤交代」なる言葉があるんですね。知らないことだらけ・・・

京丹後市が、「ふるさと創生職員」を募集しているそうです。

正職員として週3、4日の勤務。
残りは市内でフリーランス、農業、そして「逆参勤交代」を想定してるんだとか。

三菱総研によると、逆参勤交代とは、
・都市圏の大企業社員が、地方で期間限定型リモートワーク
・週に数日は本業、週に数日は地域のために働く

そのメリットは、
・地域にとっては、人口流入
・社員を出す企業にとっては、地方創生ビジネスへの参入や働き方改革

「お江戸が偉い」という前提が気にはなりますが、
人の流動性が高まるのはいいことですね。


【ふるさと創生職員、京都・京丹後市が募集 副業可能な就労、定住促進へ初の試み】

 京都府京丹後市は、11月から3年の任期付きで正職員として週3、4日働く「ふるさと創生職員」を募集している。副業可能な就労と任期後の定住につなげる初めての試み。市は「京丹後に帰りたい、地方での暮らしと仕事を考える人への受け皿になれば」と期待する。

 地方創生や新型コロナウイルスの感染拡大などで、社会の働き方への意識が変化しつつあることを受け、市は受け皿を作り、I・Uターンを活性化させる狙いで募集する。

 対象は45歳程度までで民間企業の職務経験がおおむね5年以上。直近3年は京丹後市に住んでおらず、定住する意思のある人。募集は5人で、市のPRやふるさと納税の推進など▽ICTや企業間連携▽観光資源の調査や市内農産物の販路開拓▽高齢者が才能を生かす方策などの推進▽空き家再生や移住促進-をそれぞれ担当する。

 市は、週3〜4日を職員として働き、残りを市内でフリーランス、農業、都市圏の企業の仕事をリモートで実施する「逆参勤交代型」などのスタイルを想定。給与は週4日(週31時間)勤務の場合で、大卒後10〜15年の職務経験者は年収320万円前後という。

 「逆参勤交代」を提唱する三菱総合研究所主席研究員チーフプロデューサーで、市の戦略アドバイザーを務める松田智生さんは「都市部の企業の働き方改革で兼業・副業が進む中で、彼らの強みを生かした新しい働き方を地方で展開できる。人材循環で本格的な交流につながってほしい」とコメントした。

 募集受け付けは10月2日まで。市人事課0772(69)0150。
(8月26日 京都新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0de05be01d77bd9b7c000cdc6d93a322fce1aefe


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2020年08月26日

人口動態統計

厚労省が、人口動態調査の結果を発表しました。

これによると、2020年上半期の出生数は、43万人。
過去最少を更新した19年をさらに下回る可能性があるみたい・・・_| ̄|○

毎日新聞の別の記事では、生涯未婚率の増加にも触れていますね。
出生数は減少する一方、生涯未婚率は右肩上がり 政府の主な少子化対策


人口は、最も正確だと言われる未来予測。
ここを何とかしないと、先細りになっちゃいますね。


【20年上半期の出生数43万709人に 00年以降最少、少子化加速か】

 厚生労働省が25日公表した人口動態統計(速報値)によると、2020年上半期(1〜6月)の出生数は43万709人と、前年同期比で8824人減少した。上半期の速報値でみると、00年以降では最も少ない。19年の出生数は86万5234人(概数)と過去最少を更新したが、同省担当者は「さらに減少する可能性がある」と話す。

政府の少子化政策は

 今年6月に公表された19年の出生数は1899年の統計開始以降、最も少なく、初めて90万人を割り込んだ。政府が7月31日に閣議決定した20年版少子化社会対策白書では「『86万ショック』とも呼ぶべき状況」と警鐘を鳴らしている。

 速報によると、20年上半期の出生数(43万709人)は19年上半期(43万9533人)と比べて2%減少。1〜4月の出生数は19年と比べて同程度で推移したが、5月の出生数が7万1940人(前年同月比7754人減)と落ち込んだのが全体を押し下げた。6月の出生数は、7万3037人(同157人減)。
(8月25日 毎日新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/79d55cc7bf6bdc11d51080f07157aeb741d2422e


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2020年08月23日

天守閣に泊まる!

NIPPONIA HOTELさんが、天守閣に宿泊するプランを作ったようです。

日本100名城の大洲城
再建とは言え、木造の立派な天守閣です。

ここに、貸し切りで宿泊できるってんだから!

初年度は30組限定。
いろんな大名体験が付いて、1泊 100万円。

町ごとホテルが、時代まで超えちゃった・・・(^^;


【日本初、木造天守がホテルに 地方都市に新たな息吹き】

 愛媛県大洲(おおず)市の大洲城に新ホテルがオープンし、観光客にかつてない体験を提供している。本物の天守で大名さながらの生活を味わえるという趣向だ。

観光客が宿泊できる天守は日本初にして唯一。日本に残る数少ない木造建築の城のひとつでもある。

大洲城をホテルに生まれ変わらせたこと自体、大変な偉業だが、実はこれは大きな構想の一部に過ぎない。目標は縮小しつつある地方都市を再生させることにある。

小京都

大洲は「伊予の小京都」とも呼ばれ、風光明媚な肱(ひじ)川や歴史的建造物、そして4階建ての優美な大洲城で知られる。

江戸時代に政治的な拠点となった後、明治・大正時代には蝋(ろう)や絹の生産および交易で栄えた。

しかし、日本にある他の多くの地方都市と同様、ここ数十年は斜陽が著しい。

1950年代以降、大洲は大幅な人口減に見舞われ、1955年に7万9000人を数えた住民は2020年には約4万2000人にまで減った。

「人口減に伴い、企業の閉鎖や家屋の放棄が起こり、より良い将来を求めて若者が街を離れるケースが増えた」。そう指摘するのは、一般社団法人「キタ・マネジメント」で建築文化研究部門の責任者を務めるディエゴ・コサ・フェルナンデスさんだ。

「若いカップルがいなくなった結果、子どもの出生数も減り、ますます悪循環にはまっている」

こうした厳しい状況を受け、多くの地主は、経済的価値を失ったとみられる古い家屋の解体を決めた。

フェルナンデス氏は「大半の場合、家屋だった場所は空き地になるか、駐車場として使われている」「現状を続けるわけにはいかない、何か対策を打たなければ、という思いが地元住民の間に広がった」と語る。

そんな中で解決策の一端を担ったのがキタ・マネジメントだ。

同組織は「急速に姿を消していた」古い家屋の保存に奔走。持続可能で地域社会に配慮した再利用の取り組みを進める。

スペイン出身のフェルナンデスさんは、2000年代初めに建築学の学位を取得した後、京都に1年間留学した。「水と建築、歴史」をテーマに博士論文を執筆していた12年、再び来日。大洲に出会ったのはこの時だ。

「この地域は私の研究の柱になった」「少しずつ現地の人脈が広がっていった」(フェルナンデスさん)

大洲城に宿泊する

現在の大洲城は再建された建物で、ホテルにしつらえる許可が当局から下りたのもそのためだ。日本の文化財保護法では、天守の多くを含む有形文化財の改修に厳しい制限を設けている。

大洲城の場合、元の建物は1888年に取り壊されたが、地域のシンボルを惜しむ声が高まり、1990年代に入って市が復元を決定。再建に当たってはコンクリートではなく木材を使用した。

「木造だと何倍も費用がかかるうえ、戦後の建築基準法では高さ13メートルを超える木造建築を許可していなかった」とフェルナンデスさんは指摘する。大洲城天守は高さ19メートルだ。

長年にわたる国への働きかけの結果、大洲市はついに木造による天守の建造を認められ、2004年に復元を完了した。

大洲城は今年7月からホテル宿泊客の受け入れを開始。一般向けの見学時間が午後5時に終わった後、宿泊客は天守を独り占めできる。

オープン初年の利用は年間30泊のみで、一度に宿泊可能なのは最大6人までとなる。

料金は2人で1泊100万円。追加の宿泊客については1人10万円かかる。

天守には売店やトイレ、空調施設がないため、敷地内の目立たない場所に宿泊客用の豪華浴室とラウンジを設けた。

宿泊客は城に到着すると、ホラ貝の音やはためく旗、鉄砲隊に迎えられる。伝統的な着物や武士の甲胄(かっちゅう)を身につけることも可能だ。

その後は、無形民俗文化財に指定されている地元の神楽でもてなしを受ける。

夕食は敷地内にある4棟の櫓(やぐら)のひとつで取り、食後は酒を飲みながらの月見や詩歌の朗唱も行われる。

城で夜を過ごした翌朝、朝食は崖にたたずむ古色豊かな別荘「臥龍山荘(がりゅうさんそう)」で頂く。肱川を見下ろす茶屋も付設されている。

城下町ホテル

ただ、市内で宿泊先の選択肢となるのは大洲城ホテルだけではない。「NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町」と銘打ったプロジェクトでは、大洲市のあちこちに宿泊地を設けている。

市全体でみると、復元された古民家3棟に合わせて11室が点在する。3棟は大洲藩の藩主にちなんで「SADA」「OKI」「TSUNE」と名付けられ、いずれも興味深いエピソードを秘めている。

SADAは20世紀初頭に医師が所有していた家で、診療所として使われていた可能性がある。現在ではホテル群全体のフロントの役割を果たし、宿泊客と一般客の両方に開かれたレストランも備える。

TSUNEにはかつて、400年の歴史を持つ料亭が入居していたものの、1980年代初頭に空き家となった。現在は2室と宴会場を完備している。

最後のOKIは「これらの古民家の中で宝石のような存在」(フェルナンデスさん)だ。

「OKIは蝋の生産で富を築いた豪商、村上氏が所有していたものだ。彼らはOKIを主な住まいとしていたため、地位を誇示する目的で趣向を凝らした。大洲市内に残る最古の住宅のひとつでもある」

城下町の民家は1泊1万7000円から利用できる。
(8月22日 CNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/35fd810934421ced2759dcad498050044e00f06b


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2020年08月19日

所有者と連絡取れない・・・

豪雨被災の人吉市で、泥まみれの家具等が散乱したままの家があるようです。

そう、所有者と連絡が取れないから・・・_| ̄|○

空き家も家具も私有財産だから、市も腰が引けますよね。
「慎重に対応する必要がある」。

でも、迷惑しているのは地域住民。

「公共の福祉」を再定義する必要があるのかもしれませんね。


【所有者と連絡取れない…豪雨被災の空き家が問題化 片付け進まず】

 7月の豪雨で甚大な被害が出た熊本県南部で、被災した空き家が問題化している。所有者が遠方にいたり、連絡が取れなかったりして片付けが進まず、危険な状態で放置される恐れがあるからだ。周辺住民らは「勝手に入って片付けるわけにもいかず…」と悩ましげだ。

 広範囲にわたって浸水被害に見舞われた人吉市街地。その一角の下新町で20年以上空いている2階建ての民家を、町内会長の家城正信さん(69)が心配そうにのぞき込む。壊れた扉の間からは、泥まみれの家具などが散乱したままの屋内が見えた。「放っておくわけにもいかないが、何せ連絡が取れない」

 50世帯弱の下新町でも、10軒ほどが空き家だ。家城さんが知り合いを通じて何とか連絡を取り、「任せる」と言われた建物はボランティアの助けを借りて中を片付けた。ただ、全く連絡が取れない家が1軒残る。近く市に相談するつもりだ。

 総務省の2018年調査によると、人吉市の空き家率は19・3%で、全国の13・6%や熊本県全体の13・8%を上回る。市が空き家対策の計画策定のため、17、18年に実施した独自調査でも、800軒近い空き家を確認しており、市街地にも多数存在する。

 市には、別の町内会長からも「空き家が手付かずのまま残っている」といった相談が寄せられている。市は現状を確認し、所有者を調べて電話やメールで片付けを促しているが、被災したとはいえ、空き家も家具も私有財産。井上敬明環境課長は「慎重に対応する必要がある」と話す。

 球磨村でも少なくとも約70軒の空き家を確認しており、同様の懸念が生じている。ただ「実態把握までは手が回らない」(災害ごみ対策班)のが実情だ。

 八代市と芦北町は、罹災[りさい]証明書が本来発行されない空き家についても、市や町で被害認定調査を行い、半壊相当以上なら公費による解体・撤去の対象にする方針という。ただ、あくまでも所有者からの申請が大前提。2市町の担当者は「申請がなければ対応できない」と困り顔だ。
(8月18 熊本日日新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 11:18|この記事のURLComments(0)空き家 

2020年08月17日

空き家バンクのオンライン内覧

大垣市の空き家バンク登録物件が、オンライン内覧できるようです。

自宅のパソコンで、現地を訪れた職員から物件を案内してもらえるんだって。
また、希望があれば、移住相談の担当者等も加わって質問に答えてくれるみたい。

この件、すごいと思ったことが2点。
あ、ちょっと毒吐いちゃいます。

〔唄屬すでにやっていることでも、行政がやると新聞に載る・・・(^^;

現地に向かうのは、住宅課職員だけでなく、
 希望に応じて移住相談担当の職員や、子育てなど福祉分野の職員も。

某「き」社で、「最小の資本と人で最大の経済効果を」と
叩き込まれてきた私には、3人チームで内覧対応って違和感MAX・・・

こんなに特典があるんだったら、民間移行なんて夢のまた夢。
結局、空き家問題の解消も・・・

スイッチボード」の担い手は、民間に任せるべきだと思いますけどねぇ。
ザ・プロフィット


【オンラインで空き家内覧 市職員が現地案内、質問対応】

 岐阜県大垣市は17日、空き家バンクの登録物件をオンラインで内覧できる事業を始める。ビデオ会議システムのアプリを使い、内覧希望者は自宅のパソコンを通して、現地を訪れた職員から物件を案内してもらえる。希望があれば移住相談の担当者も加わり、質問に対応する。同様の内覧は県内初という。

 市の空き家バンク事業は県宅地建物取引業協会西濃支部の協力で2017年から行っている。新型コロナウイルスの影響で内覧希望者の移動が制限されたり、相談会を開けなかったりする中、情報通信技術を生かして移住や内覧希望者の要望に応える。

 オンライン内覧は、住宅課職員が空き家に赴き、ネットでつながった希望者の求めに応じて映像と声で家屋を紹介する。希望に応じて移住相談担当の都市プロモーション室職員や、子育てといった福祉分野の職員も内覧に加わる。家屋だけでなく生活環境の疑問も気軽に相談できる。

 内覧は予約が必要。市役所への電話のほか、市の移住・定住ポータルサイト「大垣暮らしのすすめ」から申し込める。12日に会見した小川敏市長は「コロナ禍で外出できない状況でも、コミュニケーションを取りながら物件を見てもらえる。地方での暮らしの良さが見直される中、事業を活用して移住してもらえれば」と話した。
(8月13日 岐阜新聞Web)
https://www.gifu-np.co.jp/news/20200813/20200813-264576.html


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 08:17|この記事のURLComments(0)空き家 

2020年08月14日

歴史的建造物の3次元計測

熊本県土地家屋調査士会が、歴史的建造物の3次元計測に取り組んでいます。
測量機器メーカーのライカさんのご協力を得てのプロジェクト。

今回は、明治43年建築の八千代座

客席は言うに及ばず、屋根裏から奈落に至るまで、
寸法や材質・形状や色を記録します。

データは、VRへの応用や、修復・復元に利用されます。

素晴らしい!
ノベルティ配って満足してる場合じゃない・・・(^^;

大阪で、データを残しておきたい建造物はありますか?


【八千代座を3Dで測量するプロジェクト始まる(熊本)】

貴重な歴史的建造物の構造を最新鋭の3Dスキャナーで測量するプロジェクトが12日、山鹿市の八千代座で始まりました。熊本県土地家屋調査士会と光学機器の世界大手ライカが共同で行うもので、歴史的建造物の構造を3次元=3Dで計測したデータを後世に残すのが狙いです。明治43年・1910年に建設された山鹿市の八千代座で行われた作業では、最新鋭の3Dレーザースキャナーで客席や屋根裏、舞台の奈落など建物全体を測量。色や材質の質感まで記録するデータはVRの制作にも生かされるほか、万が一自然災害や火災で建物が破損したり焼失した場合、修復や復元に役立てられます。3Dデータは年内に完成し県や山鹿市に寄贈されます。
(8月12日 テレビ熊本)
https://www.fnn.jp/articles/-/73246


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2020年08月11日

家を挟む橋

中国の広州市で、橋が家を挟む形で建設されたようです。

どうやらこの家、立ち退きを拒んだみたい。
で、ここを迂回した結果の姿。

ただ、かの国がスゴいのは、ここが観光地になっちゃったこと。
空から見ると目の形に似ているから?

人だかりが半端ない。
欄干部分に花まで植えちゃって・・・(^^;

いやいや、スケールが違いますね。


【橋の真ん中に家? 立ち退き応じず…観光地に】

 立ち退きを拒んだ家を挟むように建設された橋が観光地になっています。

 中国南部の広州市。先週に開通したばかりの橋ですが、よく見るとぽっかり隙間が開いています。中にあったのは1軒の家。橋の建設に伴う立ち退き要請に応じず、結局、橋はこの家を迂回(うかい)する形で建設されました。空から見ると目の形に似ていることが話題となり、次々と見物客が訪れて観光地と化しています。この家に住む女性は「見物しに来た人々がうるさくて困っている」「でもこの状況にすでに慣れてしまった」と話しています。
(8月10日 テレビ朝日)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2a768b3cbd3e92b57a36f92a61649a6c0b2e4df


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2020年08月07日

令和元年度租税滞納状況

国税庁が、令和元年度租税滞納状況を発表しました。
って言うか、こんなの発表されてたんだ・・・

こうして見ると、顕著ですね。

路線価と土地の実勢価格との逆転現象が起きたのが平成4年。
つまり、相続財産を全て売っても相続税が払えなかった年。

相続税の新規滞納がハネ上がってる・・・_| ̄|○
新規発生滞納額の推移

この年に相続を迎えたご遺族の方々、本当に大変でしたね。

死ぬタイミングは選べないので、
ある意味理不尽な話ですね。


【国税滞納額、21年連続減 コロナの納税猶予影響】

 国税庁は7日、2019年度末の国税滞納残高が前年度比6.9%減の7554億円と発表した。21年連続で減少し、ピーク時の1998年度末(2兆8149億円)の26.8%になった。

 新型コロナウイルスの影響で納税が難しくなった場合の特例猶予制度が多く適用され、滞納の新規発生が抑制されたためとしている。制度適用は4月30日から約2カ月間で9万5903件、2617億7700万円に上ったという。

 19年度末の滞納残高の内訳は所得税が3328億円で最も多く、消費税2668億円、法人税946億円、相続税572億円と続いた。
(8月7日 共同通信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/76d90ef82175d6a2faec850f6ab1dd29d9b957b9


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2020年08月06日

「自筆証書遺言書保管制度」

昨日、SG阪神いきかた研究会を開催しました。

テーマは、自筆証書遺言書保管制度。
講師は平田祐子司法書士です。

遺言の意義とその種類について、実務面からお話しいただきました。

そもそも、なぜ遺言が必要なのか?
それは、遺産の分割にあります。

一人っ子が親の全財産を継承する場合には、遺言は必要ありません。
しかし、相続人が複数人いる場合には、遺産を分ける必要がありますよね。

この分け前については、民法900条で法定相続分が定められています。
第一順位は妻1/2、子1/2というやつですね。

さらに、民法907条にはこういう規定もあります。
「共同相続人は、協議で、遺産の分割ができる。」

これがまとまらない・・・(^^;

典型的な例として挙げられるのが、
 ・子がいない → 奥様は、ご主人のきょうだいと協議しないといけない
 ・先妻の子がいる → 連絡先も知らないし・・・
 ・事業を長男に継承させたい → 法定相続分で分散すると経営できない

そこで、遺言書の登場です。

民法902条にはこうあります。
「前条の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定めることができる。」

つまり、遺言があれば、法定相続分なんて気にしなくていいし、
小姑と協議する必要もないわけ。

めちゃめちゃメリット大きいですよね。

以前も書きましたが、平成30年の死亡者数は136万人。
同年の公正証書遺言作成件数は11万件、自筆証書遺言書の検認件数は1.7万件。

単純に合算できないけど、1割の方々しか手を打っていないというのが実態。

しかも、同年に家庭裁判所に申し立てられた遺産分割調停は1.3万件。
この75%が5000万円未満、33%は1000万円未満ですから。

「モメるほどの財産はない」なんて妄想ですよ。

ま、数字の上では、検認件数=自筆証書遺言書作成件数が2倍になれば、
遺産分割調停はゼロになるわけでしょ?

たしかに、自筆証書遺言書では不備があることも指摘されます。
でも、モメる要素がある場合は、ちゃんと司法書士等に相談すればいいだけ。

まずは書くことが先決ですよ。


土地家屋調査士 大阪 和田清人