2012年07月30日

地図訂正完了♪

およそ1年がかりで、地図訂正が1件完了しました。

今回は、資料が全然残っておらず、
確証が無いままに消去法で公図の地番を変えた事件。

逃げずに対応くださった登記官には、足を向けて寝れません。(^^;

コトは、数年前に棚田が崩れたことで発覚。

土地所有者が、補修のための助成金を申請したところ、
「その土地は市の所有地になってる」と却下されたとのこと。

公図を見ると、自分の土地が見知らぬ地番になってて、
その地番の登記名義が20年前に市に移転されていた・・・

厄介な事に、この地域は公図が乱れていて、重複地番のオンパレード。

現公図からひとつ前のマイラー公図、明治の和紙公図まで取り寄せたら、
書かれている地番が全て違う・・・_| ̄|○

おまけに、旧土地台帳が全然残ってなくて、
旧の地番も所有者も証明できない状態。

「いつ」「誰が」「どうやって」公図を変えたのかがわからないまま、
まさに八方ふさがりでスタートしました。

そこで、
・市の用地部署に行って、
 20年前の買収地は「ここじゃない」ことを確認し、

・地番が重複している府道管理事務所へ行って、
 40年前の道路拡幅時の測量図面と周辺地番の一覧表をもらい、

・地元の長老のお宅にお邪魔して、
 周辺の土地利用の変遷をインタビューし、

・登記官と、「もし、ここの地番が○○番だとしたら」という仮説で
 ありとあらゆる矛盾を消去しながら、唯一残った地番を復活させた次第。

それにしても、キョーレツに手間とヒマがかかった業務でした。

ハッキリ言って完全に赤字だけど、
ご家族の心の底からの笑顔をもらったから、まぁいいか。(^^;


土地家屋調査士 大阪 和田清人

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔