2013年09月19日

リニア中央新幹線のルート

JR東海が、リニア中央新幹線のルートを発表しました。

リニア中央新幹線のルート(写真:産経新聞)

残念ながら名古屋〜大阪間のルートは未定。
奈良と京都が誘致合戦を繰り広げているようです。(^^;

品川〜名古屋間が2027年開業。
名古屋〜大阪間は2045年・・・_| ̄|○

過去の東名高速道路の時のように、
この20年のブランクが大阪のハンデにならなければいいのですが・・・

早くルートを確定させて、
計画の前倒しに期待したいですね。


【リニア、名古屋以西はルート未定 奈良と京都 綱引き過熱】

 リニア中央新幹線の名古屋以西ルートについては、昭和48年の基本計画、平成23年の整備計画に「奈良市付近」を通ると明記されている。しかし具体的な経由地は決まっておらず、中間駅の誘致合戦など、近畿圏では地元に引き込みたい自治体が激しい綱引きを繰り広げている。

 名古屋を出て「奈良市付近」を通り、大阪に至るには、三重県、奈良県を通過すると考えるのが現実的だ。このため両県は、このルート上の中間駅を早期に確定するよう国などに求めている。

 これに対し、京都府や京都市、地元経済界などはこのルートを変更し、「京都経由」とするよう主張している。駅の設置費用が地元負担からJR東海側の負担に変更された後の表明だったため、奈良県側は猛反発した。ただ、国やJR東海が「奈良市付近」を支持するなどしており、実現は困難とみられる。

 一方、終点となる大阪などでは、57年に予定される大阪−名古屋間の開通を前倒しして、東京−名古屋間と同時に開業させることを求める声も上がっている。だが、JR東海は約9兆円にも上る莫大な建設費を自己負担する計画を表明しており、一気に工事を進めて大阪と名古屋で同時に開業させることは物理的に困難な情勢だ。

 山田佳臣社長は、大阪−名古屋間について「経営体力次第で予定の繰り上げはある」として、開業前倒しには意欲的な姿勢をみせている。
(9月18日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130918-00000123-san-soci


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 07:03│Comments(0)TrackBack(0)相続専門FP 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔