2015年01月27日

困った弁護士・・・_| ̄|○

東京の弁護士が、業務停止2ヶ月の処分を食らったそうです。
依頼人に解決金を融資したんだって。

コイツは、2013年にも業務停止処分をくらったみたい。
成年後見人の財産管理がずさんだったとのこと・・・_| ̄|○

天下の明治大学名誉教授も、
ちょっと脇が甘すぎたんじゃない?(^^;


【困った弁護士…2度目の業務停止処分 依頼人に不適切融資】

 第二東京弁護士会は26日、トラブル解決を依頼した知人に不適切な融資をしたとして、明治大名誉教授の※※弁護士(80)を業務停止2カ月の懲戒処分にしたと発表した。※※氏は刑事法学者で、死刑廃止論者として知られる。

 同会によると、平成22年、マンションの売買契約をめぐり金融業者とトラブルとなった知人の男性の相談を受け、解決のために現金750万円を融資するなどした。

 同会は「依頼人に対する金銭融資などが弁護士職務規程に反する」と処分理由を説明。※※氏は同会に対し「問題解決に向け努力をしただけだ」と話している。

 ※※氏は死刑囚の実父の成年後見人を務めた際に財産管理の不備があったとして、25年にも業務停止処分を受けている。
(1月26日 産経ニュース)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 08:28│Comments(0)TrackBack(0)相続専門FP 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔