2017年03月17日

「なにわ筋線」

2030年開通を目指す「なにわ筋線」に、阪急が乗り入れるようです。
十三に地下新駅を建設して、「うめきた」新駅へつなげるんだとか。

13年後か・・・
利便性を享受できるかなぁ?(^^;


【阪急も「なにわ筋線」乗り入れ…関空へ時間短縮】

なにわ筋線の概要図

 大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道、阪急電鉄の5者は、大阪都心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」に阪急電車が乗り入れる新たな事業計画で大筋合意した。

 2030年の開通を目指す。建設構想の浮上から約30年を経て、なにわ筋線計画が新たな形で決着する。関西国際空港と大阪都心の所要時間が大幅に短縮できるだけでなく、各社の乗り入れで乗客の利便性が高まると期待される。

 なにわ筋線は、JR大阪駅近くの再開発地区「うめきた」でJR西が建設中の地下新駅から、難波付近までを結ぶ。その後、それぞれの路線に接続し、関空に至る計画だ。梅田―関空の所要時間は現在の約1時間から最速40分以下に短縮する。

 大筋合意した新計画は、うめきた新駅までの鉄道免許を南海が取得し、JR西、南海の両社は、新大阪―関空間を共同運行する。阪急は十三に地下新駅を建設し、うめきた新駅との間に新路線を敷いてなにわ筋線に乗り入れる。
(3月16日 読売新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00050111-yom-bus_all


土地家屋調査士 大阪 和田清人

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔