2017年12月07日

「不動産金融のいろいろ 〜リバースモーゲージ、不動産担保融資、リースバック〜」

昨日、SGお初天神の勉強会を開催しました。

テーマは、「不動産金融のいろいろ
 〜リバースモーゲージ、不動産担保融資、リースバック〜」。
講師は、株式会社フィナンシャルドゥの小川晋吾さん。

個人が、不動産から資金調達する手法についてお聞かせいただきました。

同社の最大の強みは、母体が不動産会社(株式会社ハウスドゥ)であること。
出口で流通経路をお持ちですので、積極的に貸せるし買い取れる。

そのため、金融機関が主体の同様のサービスに比べて、
審査も早いし査定もいいというわけですね。

高齢者がまとまったお金を必要とした場合、
銀行は、通常貸してくれません。

ノンバンクも、総量規制で年収の3割しか貸してくれません。
(年金生活者なら必要な額に届かない)

で、やむなく、スジの悪い街金などから借りているのが実情・・・

でも、自宅をお持ちなら、それを元にお金を調達できるってのが今回のお話。

大きく分けて2つの方法。
1つは、「リースバック」。

自宅を売却して一括資金を手に入れます。
その後、家賃を払ってそのまま住み続けるという仕組み。
引越さなくていい、つまり生活は変わらないのがメリットですね。

もう1つは、「リバースモーゲージ」。

自宅を担保にお金を借ります。
月々の返済は金利のみ。
元本は、お亡くなりになった後で自宅を売却して清算します。

これ、どちらも「空き家を次の代に残さない」という側面もあるんですよ。
ぜひ、頭の片隅に置いておいてくださいね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 10:35│Comments(0)相続専門FP 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔