2018年02月09日

空き家オーナーリスト

ナビットという会社が、「空き家オーナーリスト」サービスを開始したそうです。

希望エリアに調査員を派遣して、空き家をリスト化するというもの。
写真とレポートで1件1700円、登記事項(所有者情報)はプラス500円だって。

同社は、全国5.8万人の主婦ネットワークを擁して、
地域密着型情報収集→データ提供を行ってらっしゃる会社。

現地調査という最も手間ひまのかかる部分を動員できるのが強い。
既存商品×新市場の典型例ですね。


【ナビット、「空き家オーナーリスト」をリリース】

 ナビット(東京都千代田区)は2月8日、「空き家オーナーリスト」の提供を開始したと発表した。

 「空き家オーナーリスト」は、全国5万8100人の地域特派員が空き家情報や物件の持ち主の情報などを収集したものをリスト化して販売するサービス。

 希望のエリアに調査員を派遣して空き家を捜索してリスト化したり、「〇〇年以降の新しい物件だけ」と言った個別の要望にも対応可能。公開されている空き家の建物登記情報(所有者事項)を取得し、所有者名と所有者住所のデータ化まで一括で行う。また、自治体ごとの「空き家」に関する助成金情報も提供する。
(2月8日 新建ハウジング)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 08:23│Comments(0)空き家 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔