2018年03月07日

「住宅リフォーム実例調査」

住宅リフォーム推進協議会が、
平成29年度 第15回 住宅リフォーム実例調査」の結果を公表しました。

リフォーム金額の平均値は、759万円でほぼ横ばい。
借入の利用率は、戸建で18%。1000万円超の工事では、戸建の約4割が利用。

このへんのことについて、中古住宅なら、新耐震基準に適合している証明書か
既存住宅売買瑕疵保険の加入があれば、住宅ローン控除が受けられます。

FPなら必須の知識ですよね? ねっ?(^^;

ウチのスタディ・グループでお話しいただけないかと悪巧み中です。
実現の暁には、ぜひご参加くださいね。


【リフォーム契約金額、平均値は759.6万円】

(一社)住宅リフォーム推進協議会はこのたび、「平成29年度 第15回 住宅リフォーム実例調査」の結果を公表した。

対象は平成28年9月〜平成29年8月に住宅リフォーム工事の施工が完了した物件。調査期間は平成29年10月〜11月。調査方法は同協議会会員団体を通じて、各団体所属事業者等にアンケート票を配布。集計数は1,470。

それによると、リフォーム工事の契約金額平均値は、全体で759.6万円と前年度に比べてやや上昇した(前年度平均値738.7万円)。また、戸建ての契約金額平均値は758.8万円、マンションの契約金額平均値は720.2万円となり、ともに前年度に比べてやや上昇した。一方、中央値をみると全体で432万円、戸建てで413万円となり、前年度と比べてやや下降、マンションは555万円でやや上昇した。

借入の利用率は、戸建てでは18.2%(前年度14.6%)、マンションでは13.9%(同11.8%)となり、戸建て、マンションともに前年度に比べて上昇した。契約金額別に見ると、戸建て、マンションとも1,000万円超の工事での借入金の利用率が高く、戸建ては約4割、マンションは約3割が借入を利用している。住宅の取得方法別に見ると、戸建て、マンションとも中古住宅購入が最も借入利用率が高い。

リフォームの目的では、30代以下では「中古住宅の購入に合わせて」「世帯人員の変更」「相続等による所有者の入れ替え」の割合が他の年代と比較して高く、60代以上は「高齢化対応」の割合が高い。特に戸建ての30代以下では「中古住宅の購入に合わせて」が前年の23.0%より上昇しており、「空き家の活用」も他の年代と比較して高くなっている。
(3月5日 SUUMOジャーナル)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00150608-suumoj-life


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 09:17│Comments(0)不動産よもやま話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔