2018年07月10日

災害に係る住家の被害認定研修

昨日、大阪市役所で、被害認定調査の研修がありました。

これは、大阪土地家屋調査士会と大阪市との間で締結された
災害時における支援協力に関する協定に基づくもの。

先日の茨木市の分は第1次調査(外観のみ)。

今回の要請は、第2次調査(建物内部)。
間取り図を描いて、天井・壁・床・建具を全部チェックします。

1棟1.5〜2時間で1日5棟のイメージでしょうか。

責任重大ですね。
がんばります。


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 07:45│Comments(0)土地家屋調査士 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔