2018年08月01日

「今も現役? 明治の地図」

福井県立図書館で、地租改正時代の和紙公図が展示されているそうです。

幕末明治福井150年博」の一環で、福井県土地家屋調査士会が主催するもの。
8月4日には、「福井県の地籍絵図の特色」という公開講座もあるようです。

いいな〜
福井県立図書館の方とはご縁もあったし、めちゃめちゃ行きたいんですが、
4日は約束が・・・_| ̄|○

お時間の許す方は、ぜひ覗いてくださいね。

180727今も現役?明示の地図


【明治の福井の地図を紹介 福井県立図書館で資料展】

 明治時代に作られた福井の地図などを紹介する資料展「今も現役? 明治の地図」が7月27日、福井県福井市の県立図書館で始まった。今も重要資料として扱われる正確な地図や、古墳や城を測量したユニークな地図のパネル42枚を展示している。8月5日まで。

 県土地家屋調査士会が明治維新150周年記念事業として企画し、「幕末明治福井150年博」の一環で県文書館と開いた。

 明治政府が行った地租改正により各地で作られた古地図では、細かく土地が区切られた状態が分かる。法務局は「地図に準ずる図面」としており、今も土地の境界を判断する重要な資料として活用。特に福井で作られた地図は正確という。

 若狭町の古墳を測量した地図は、前方後円墳の形に土地が区切られているのがくっきりと分かる。敦賀市の地図からは、城が建てられていた痕跡がうかがえる。

 4日には明治の測量法、地図の特色などについて無料公開講座が開かれる。問い合わせは県土地家屋調査士会=電話0776(33)2770(平日のみ)。
(7月31日 北陸・信越観光ナビ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000007-hokuriku-l18


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 05:58│Comments(1)土地家屋調査士 

この記事へのコメント

1. Posted by 福井県民   2018年08月01日 15:29
ご紹介ありがとうございます。
福井県文書館も同時開催で面白い展示をしてますよー。
http://www.library-archives.pref.fukui.jp/?page_id=137

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔