2019年05月07日

元号の取扱い

今日が実質、令和最初の登記申請日。
「平成31年5月7日申請」とやらかしちゃいそうですよね。(^^;

これに関して、大阪法務局での取扱いは・・・

日付が「令和」なのに、「平成」表示でも補正対象になりません。
西暦表示でも登記申請は受理されます。

ただ、法務局としては、できるだけ「令和」でお願いしたいとのこと。

この対応を認める期間は、 特に定められていません。
あとは常識の範囲で、ねっ。

なお、法務局から発行される書類の表記は、
・登記事項証明書などの証明日付は「令和元年」
・それ以外(受付年月日、原因日付、登記年月日など)は「令和1年」
の予定とのこと。
         
ご参考まで。


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 07:47│Comments(0)土地家屋調査士 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔