2019年07月29日

新潟県湯沢町と十日町市との境界未定問題

新潟県湯沢町と十日町市との境界について、
調停が不調に終わったようです。

湯沢町は、境界確定訴訟を提訴する方針なんだとか。

未定区間は、高石山と高津倉山を結ぶ約5km。
さらに北側1.5kmの修正も求めるんだって。

調停にどんな人たちが関与したのかわかりませんが、
少なくとも訴訟になれば土地家屋調査士が関与しますよね?

合理性のある線が、早期に引かれればいいですね。


【湯沢町、十日町市を提訴へ
 境界未定問題 県の「調停不適」通知受け】

 新潟県湯沢町は24日、県に調停を申請した十日町市(旧中里村)との境界未定問題で、県から「調停には適さない」との通知を受けたと明らかにした。町議会全員協議会で報告された。通知を受けて町は同市を相手取り、境界画定を求めて新潟地裁に提訴する方針を示した。

 提訴する時期は未定。県などによると、訴訟に持ち込まれるケースは全国でも異例とみられる。

 境界未定区間は、高石山と高津倉山を結ぶ直線距離で約5キロ。さらに湯沢町は北側に引かれている約1・5キロについて「過去の資料に照らすと、既存の境界線は誤っている」として、修正を主張している。

 これまでの両市町の協議では、境界未定区間の線引きについては一致している。十日町市側は、修正を求められた区間は「既に湯沢町などと合意がなされている」とし、議論は平行線をたどっていた。

 湯沢町は5月に調停を申請し、県は現地確認や両市町に対する聞き取りをした。だが「双方の主張が強硬で、調停で妥結する見込みはない。いずれは司法的手段に持ち込まれることが予想される」(県市町村課)とし、湯沢町に5日付で「調停には適さない」と通知した。

 湯沢町は訴訟で、境界未定区間の画定と既存境界線の修正を求める方針。町総務部は「自治体の基礎となる境界が定まっていない点を課題と考えている。画定に向けて残る手段は裁判しかない」と話した。

 十日町市総務課は「これまでと同様に、地形や水系といった条件や、既存の境界線を確認した経過などを裁判で主張する」としている。
(7月25日 新潟日報)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 08:04│Comments(0)境界 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔