2019年08月26日

「銀行等では対応が難しい融資を成立させた事例等について」

金曜日、SGお初天神の勉強会を開催しました。

テーマは、「銀行等では対応が難しい融資を成立させた事例等について」。
講師は、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの清野孝男さん。

ノンバンクならではの、自由度の高い融資事例をお話しいただきました。

銀行は、確率論による形式審査。
今の金利水準ではとても手間をかけていられない。

あれはダメ、これはダメ、というチェックリスト方式だから、
絶対に落ちる典型例が、自営・赤字・外国人・・・

一方、同社はノンバンク。
じっくり人物と内容を見て、融資をすることができるんです。

たとえば、永住権のない自営の外国人への住宅ローン。
面談で定住性と返済能力を判断して貸すんだって。

すると、この外国人は家持ちになるわけです。
2〜3年経てば与信が付いて、金利の安い銀行ローンへご卒業・・・(^^;

本来あるべき金融道を真っ当に歩いていらっしゃるという印象を受けました。

実力はあるのに、形式面だけで審査に落ちてしまう方には、
有効な選択肢になり得ますね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 06:40│Comments(0)相続専門FP 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔