2019年08月30日

西脇市の古民家を無償譲渡

西脇市の築100年の古民家を無償譲渡する企画があるようです。

かやぶきで和室4室の農家住宅。電気、水道、ガスあり。増改築可能。
宅地約220屬隼┝鐫鰐190屐

条件は、所有権移転登記後半年以内に事業を開始すること。
不動産売買や賃貸業はダメ。

現地説明会は9/8の10:00〜。
ご興味ある方は、ぜひ。


【古民家を無償で譲ります コンペで活用法募る 9月8日説明会】

 兵庫県西脇市住吉町の主要県道沿いにある古民家を舞台に、地域のにぎわい創出を目的としたコンペティションがある。最優秀者には、敷地面積約410平方メートルと築100年程度の木造平屋(約100平方メートル)を無償譲渡するという企画。現地説明会は9月8日午前10時〜正午に開かれる。

 比延地区自治協議会の主催。古民家は20年ほど空き家だったが、保存状態が良かった。このため、市が所有者に、賃貸や売却を促す「空き家バンク」への登録を依頼したところ、「若い人たちに使ってもらえれば」と無償提供の申し出があった。同協議会はカフェや雑貨販売、オフィス利用など幅広くアイデアを募る。

 敷地は宅地約220平方メートル、雑種地約190平方メートルと駐車場も広く確保できる。建物はかやぶきの農家住宅で、田の字型に和室が4室、台所や納戸、付属倉庫のほか電気、水道、ガス設備もある。都市計画区域外のため、増改築など利用の変更も可能という。

 応募は市内外を問わないが、所有権移転登記完了後、半年以内に事業を開始▽不動産売買や賃貸を主たる業としない−などが条件。登記費用は必要。応募書類は説明会で入手するか、別途問い合わせる。

 1次選考書類の受け付けは9月9日〜10月11日、プレゼンテーションを伴う2次選考は11月17日にある。

 説明会の日の午後は、陶芸体験(1500円)もできる。比延地区自治協議会事務局TEL0795・24・0120
(8月27日 神戸新聞NEXT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000013-kobenext-l28

esouzoku at 07:35│Comments(0)空き家 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔