2019年09月27日

「もしもの時の孤独死対応」

昨日、フレックス少額短期保険様のセミナーに参加してきました。
内容は、ズバリ孤独死。

株式会社リスクベネフィットの惟村徹氏による「孤独死現場の実状と対応」、
そして株式会社FISの池田栄司氏による「保険の重要性」。

今、孤独死は年間3万人。
一方、火災は年2万件で、それによる死亡が1100人。
つまり、本当に必要なのは火災保険よりも孤独死保険・・・(^^;

人が死亡すると、酵素による自家融解を起こして、体液が流れ出ます。

これがキョーレツに臭うんです。
そりゃそうでしょ。「口に入れるな」というDNAからの指令なんだから。

だから、近隣からの異臭騒ぎで発見されることが多いんですよね。

ここで登場するのが特殊清掃。
次のような流れで作業なさいます。

まず、臭いのもとである体液を除去。
次に、腐乱臭が付いた遺品を処分。ここで半分くらい臭いが消えるんだとか。
その後、状況に応じて、体液が染みた床やクロスを解体・リフォーム。

やっぱり、それなりにお金はかかっちゃうんですよね。

でも、惟村氏曰く、「ちゃんとやれば完全消臭は可能!」
逆に、「臭いは主観ですから・・・」などと逃げる業者は疑った方がいいとも。

当然、孤独死させない対策は重要ですが、
起こってしまった時は時間との戦い。

あらかじめ、特殊清掃業者に心当たりを付けておくことが必要ですね。


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 08:23│Comments(0)相続専門FP 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔