2020年09月28日

江戸時代の測量を再現

福島県土地家屋調査士会が、10月2日にイベントを開催するようです。

江戸時代の測量機器「地経象限儀」を再現したものを使って、
地面に地上絵を描きます。

伊能忠敬も再現するために、和服姿でやるんだって・・・(^^;

誰でも見学可能です。
10月2日13:30、福島市の信夫ケ丘緑地公園へぜひ!


【江戸の測量で地上絵 2日に無料公開 福島県土地家屋調査士会】

 県土地家屋調査士会は十月二日午後一時半から、福島市の信夫ケ丘緑地公園で、江戸時代の測量方法を用いて大きな地上絵を描くイベントを開催する。作業は会員のみで行うが、測量の様子を無料で公開する。

 土地家屋調査士制度の制定七十周年記念事業。測量技術の重要性をアピールしようと企画した。昔の測量機器「地経象限儀」を再現したものを使い、地面に半径約十メートルの星形を描く。当時の雰囲気を楽しんでもらおうと、和服姿で取り組む。雨天時は延期する。

 佐藤聡之助副会長と渡部宏広報部長は二十五日、PRのため福島民報社を訪れた。
(9月27日 福島民報)


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 06:30│Comments(0)土地家屋調査士 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔