2021年10月05日

年間管理費1億6千万円の空き家?

歴代首相が、公邸に住んでいないそうです。

公邸に住んだのは、野田佳彦元首相まで。
安倍元首相は渋谷区の自宅から、菅前首相も赤坂宿舎から官邸へ通ったんだとか。

別の媒体によると、国家公務員宿舎法で公邸は「無料で貸与」。
でも、首相に入居の義務はないんだって。

ただ、住まなくても維持費は生じますよね。
20年度予算で約1億6千万円を計上・・・_| ̄|○

住まない理由として、これも別媒体で挙げられているのが、
 仝邸に入居すると短命政権になるというジンクス
 五・一五事件、二・二六事件の幽霊が出る・・・(^^;

ん〜、気持ちはわからなくもないけど・・・
維持費捻出のために、別の活用を考える方がよさそうですね。


【現在空き家で1億6000万円の管理費、岸田首相の公邸居住は「協議中」】

4日の臨時国会で第100代の総理大臣に指名された岸田文雄首相(64)は、首相官邸に隣接する公邸に住むかどうかはまだ決まっていないようだ。岸田事務所は4日、取材に「協議中です」と答えた。

公邸に住んだ首相は2011年9月から482日在職した野田佳彦元首相(64)までさかのぼる。7年8カ月の長期政権だった安倍晋三元首相(67)は官邸まで車で15分の渋谷区内の自宅から通っていた。菅義偉前首相(72)も赤坂宿舎から通っていて、官邸までは車で5分の距離だった。

今年2月、衆院予算委員会の集中審議で立憲民主党から野田元首相が質問に立ち「公邸に住まない問題」について「(公邸なら官邸まで)歩いて0分だ。なぜ入らないのか。今は空き家だけど、1億6000万円の維持管理費がかかっている。総合的に考えても、公邸に入らない理由が分からない」とただしていた。
(10月4日 日刊スポーツ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f1a383704ef59664ac9a0d819a4db386130c854


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 13:04│Comments(0)空き家 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔