2021年10月20日

山形県土地家屋調査士会の出前授業

山形県土地家屋調査士会のみなさんが、天童南部小学校に伺ったそうです。
平板を使って、グラウンドに校章の拡大図を描いたんだって。

子どもたちにとっては、平板の方がイメージしやすくていいですね。
さすがッス!

「(土地家屋調査士の仕事は)かっこいいと思った」
ありがと。大きくなっても忘れないでね。(^^;


【小学生 測量体験 校庭に大きな校章を描く】

 山形県天童市の小学生が測量に挑戦し、校庭に大きな校章を描きました。

(小坂深和アナウンサー)
「子どもたちは平板測量器を使って、グラウンドに大きな校章を描きます。専門家の指導を受け、みんな真剣に取り組んでいます」

 この出前授業は、県 土地家屋調査士会が児童に算数が将来の仕事に役立つことや測量の面白さを知ってほしいと毎年行っています。19日は、天童市立天童南部小学校の6年生107人が挑戦。土地家屋調査士から地面に校章の拡大図を描くには、角度と距離を正確に計測することが重要だということを学びました。そして、児童は現在デジタル化されていて、ほとんど使われないという平板測量の道具を使い、目標の場所にそれぞれ鋲を打ち込み、線でつなげることで大きな校章を描いていきました。

(児童)
「たぶん合ってると思う。分からない」
「みんなで協力してポールの位置を測るのが楽しかった」
「どうやって測っているのかも知らなかったから、知ることができたのが発見。(土地家屋調査士の仕事は)かっこいいと思った」

 そして、約1時間かけて、縦50メートル、横50メートルの校章が完成しました。

(山形県 土地家屋調査士会 岩井和彦 副会長) 
「子どもたちは拡大・縮小を勉強しているが教室の中だけなので、勉強したことが実施社会で使えるんだということで測量をしている。我々の職業を知ってもらえれば、それだけで うれしい」
(10月19日 YTS山形テレビ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/375a5b8d2dfa2a93b2d3e60d9fc59cff8d49aef8


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 06:17│Comments(0)土地家屋調査士 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔